CHURCH OF MISERY [Houses Of The Unholy]


Let There Be Doomed!!

結成13年。日本の最高峰ドゥーム・バンドChurch Of Miseryは、いつの間にか世界最強のキング・オブ・ドゥームになっていました。
f0045842_15361767.jpg
彼らのライヴを初めて観たのは確か2007年のElectric Wizardの前座の時でした。メインのElectric Wizardも凄かったですが、Church Of Miseryにもマジでブッ飛ばされましたね。70年代から時代が止まっているような出で立ちのメンバーが繰り出すBlack Sabbathを10倍くらい増強させたような超強力なドゥーム。そこに邪悪なシャーマンのように観客をドゥーム曼荼羅へと誘導するVo.のHideki Fukasawaのパフォーマンスに瞬時にフロアは暴動状態に陥ったのは今での鮮明に覚えています。

それ以降何度か彼らのライヴを観ましたが、どんどんヤバくなる彼らのパフォーマンスに完璧にブチのめされましたね。特にVo.の存在感は、15年くらい前に観たCathedralのフロントマン、リー・ドリアン並みのカリスマ性がありますね。

f0045842_15404680.jpgそんなChurch Of Miseryの5年振りとなる新作「Houses Of The Unholy」。前作「The Second Coming」以降もEPやスプリットなどアナログ盤でのリリースが続出で久しぶりな感覚はありませんが、意外にも5年振りのフル・アルバム。これが全てのドゥーム・ファンを完膚なきまでに叩きのめす超強力盤。現存のロック・バンドの中では現時点で最高峰のドゥーム・アルバムです。遂にChurch Of Miseryは、TroubleCandlemassSaint VitusThe Obsessedなどの偉大なる伝説の先達と並ぶドゥーム・バンドになったと言えるでしょう。失禁しそうなくらいカッコイイです!

今回は何とRise Aboveレーベルからのリリース。Rise Aboveと言えばCathedralリー・ドリアンが主宰するドゥーム・レーベル(実は20年も前から運営されている!)。最近でf0045842_15485648.jpgOrange GoblinWitchcraftFirebirdなどの若手ドゥーム・バンドから、Electric Wizardといったレジェンドや、さらにはあのMossまでもリリースしており、ドゥーム・ファンにとっては現在最も信頼の置けるレーベル。そんなRise Aboveからのリリースというだけでも期待が高まるが、今回のこの「Houses Of The Unholy」Rise Aboveのカタログの中でも最高峰の一枚になるでしょう。

まずはもうお馴染みの殺人鬼ジャケットですが、今回のジャケットも強烈。何と1920年代~30年代にかけてアメリカを震撼させた連続殺人鬼アルバート・フィッシュの写真なのです。しかもその写真がジャズのBlue Noteレーベルの名盤ジャケットを模倣したアートワークになっています(ご丁寧にもRise AboveのロゴまでBlue Note風!)。アルバムの中にはアルバート・フィッシュの別名を冠したThe Gray Manという曲まであります。筋金入りです。
f0045842_15425883.jpg
さて、アルバムの方はもう1曲目El Padrinoのヘヴィなギターと歪みきった重低音ベースから繰り出されるリフからもう既に神の領域に達しています。そこに憎悪を放出しまくる凶悪なヴォーカルが乗り禍々しいグルーヴを生み出します。最近観たライヴでもこの曲を必ずオープニングに持ってきているだけあって、自信漲る強烈な一撃です。9分近い長さがあっという間ですね。

全曲を通してこの禍々しいグルーヴの連続。特にギターのリフのカッコ良さに関しては最近では随一。さらには全ての曲と歌詞を作っているのがベーシストなのでベースの目立ちっぷりもハンパないです。そして叫ぶだけでなくブルージーさも兼ね備えたヴォーカルの圧倒的存在感も凄いです(Corrosion Of Conformityペッパー・キーナンの声をもう少し凶悪にしたカンジですね)。
f0045842_15522415.jpg
そして今回も曲ごとに人類史上最も残忍な凶悪殺人鬼達の歌が歌われていきます。

ショットガン乱射殺人鬼ジェイムズ・オリヴァー・ヒュバーティを歌ったShotgun Boogie、更には猟奇殺人鬼リチャード・トレントン・チェイスを歌ったBlood Sucking Freak、そして連続強姦殺人鬼リチャード・スペックの腕のタトゥーの文字を冠したBorn To Raise Hell、そしてネブラスカの連続強盗殺人カップル、チャールズ・スタークウェザーキャリル・フューゲイトを歌ったBadlandsブルース・スプリングスティーンも自身の曲Neblaskaで彼らの事を歌っている)など、凶悪なオーラを放つ禍々しくも危険なサウンドです。聴いていると精神のタガが外れてくるんじゃないかと思ってしまいますよ。
f0045842_15532070.jpg
現時点では間違いなく最凶のドゥーム・アルバム。覚悟して聴いてみて下さい!

しかし、こんな凄いアルバムを創っていながら何とアルバム完成直後にヴォーカルが脱退!現在ヴォーカルを探しているみたいです。果たしてあんなカリスマ性のある人物が見つかるんでしょうかね?

 
[PR]
by Blacksmoker | 2009-07-16 00:13 | ROCK
<< ANTHONY HAMILTO... BRUTAL TRUTH [E... >>