2013年の11枚

2013年は昨年にも増していろんなことが実現出来た年になりました。ラジオ番組を始めたり、イベントやったりと思い起こせば楽しい一年でしたね。子供が2人もいるとなかなか音楽を聴く時間がなくなるのですが、音楽に関してはCDよりもアナログ盤で聴くことが多くなった2013年でした。聴く音楽も60~70年代の音楽中心になってしまいました。Dust-to-Digitalレーベルなどが出すSP盤音源集にも心躍らされましたね。まだまだ私の知らない音楽が眠っていることを実感しています。

2014年も「昔の音楽の掘り起こし」と「新しい音楽との出会い」、この2つを同時に体験出来るという嬉しい状況を楽しんでいこうと思います。

それでは、2013年に出た新譜の中で私のベストアルバム発表。今年は11枚です!


<2013年の11枚>


■第1位
WAREIKA HILL SOUNDS [No More War EP]
f0045842_1174026.jpg


10インチのアナログ盤。70年代後半から活動するジャマイカのナイアビンギ・グループ[Light Of Saba]のトロンボーン奏者Caivin Cameron率いるWAREIKA HILL SOUNDSの新作EP。

f0045842_1117672.jpg

土着的で呪術的な強烈なグルーヴ、そして反戦という音のメッセージが2013年という時代に最も私の心に響きました。


■第2位
Ballake Sissoko [At Peace]

f0045842_11301538.jpg

マリ共和国のコラ奏者のソロアルバム。
f0045842_11332739.jpg

コラの伝統とコラを世界に届かせようという気概の同居した素晴らしい音の世界です。


■第3位
VOLCANO CHOIR [Repave]
f0045842_11393380.jpg

Bon IverとCollections Of Colonies Of Beesの合体プロジェクト、まさかの2ndアルバム。
f0045842_11403084.jpg

お互いのバンドの最良の部分が詰まった壮大なアルバムです。


■第4位
PRESERVATION HALL JAZZ BAND [That's It]
f0045842_1146677.jpg

古きニューオーリンズと現代ニューオーリンズを繋ぐ最後のバンド。渾身の全曲新曲のアルバム。


■第5位
BILLY BRAGG [Tooth & Nail]
f0045842_11581757.jpg

ジョー・ヘンリーのプロデュースでアメリカーナ的な音に寄ったアルバムで、人生訓のような歌詞との相性が素晴らしい。


■第6位
ALTAR OF PLAGUES [Teethed Glory and Injury]

f0045842_1149523.jpg

アイルランドのブラックメタル・バンドの大化けの1枚。この手のバンドの曲はどんどん長くなるのが一般的ですが、4~5分台の曲で勝負してきたところもイイ。



■第7位
RAS G & THE AFRIKAN SPACE PROGRAM [Back On The Planet]
f0045842_1234562.jpg

土星からの使者Sun Raの精神を受け継ぐ男のアフロ・フーチャリズム全開の完全な宇宙絵巻。アフリカン・パーカッション、サンプリング、低周波の重低音ノイズなどが乱れ飛ぶ驚愕の作品。


■第8位
なのるなもない [アカシャの唇]
f0045842_11595164.jpg

8年振りの2nd。前作を軽々超えたスケールの難解だが優しい言葉の詰まった作品。



■第9位
OKKERVIL RIVER [The Silver Gymnasium]
f0045842_1224723.jpg

奇才ウィル・シェフ率いるテキサスの6人組フォーク・ロックバンドの7枚目。いつもながら絶対に1度聴いただけでは分からないこのバンド。3度4度聴いていくとどんどん深みにハマっていく豊潤で深いアルバム。Arcade Fireよりこっちの方に軍配です。



■第10位
TIM HECKER [Virgins]
f0045842_12451866.jpg

カナダの音響アーティストによるアンビエント・ドローン/エクスペリメンタル・ノイズの極北。今作はピアノや木管楽器など生楽器も取り入れますます孤高の存在に。



■第11位
PHOSPHORESCENT [Muchacho]
f0045842_1323246.jpg
ブルックリンのインディロックバンドの6作目。フォーク/ゴスペルの要素を含んだアメリカーナな音にシンセを導入した大化けの傑作。このバンド、まちがいなくデカくなります。
[PR]
by Blacksmoker | 2013-12-30 13:03 | 2013年総括
<< 2013年の10曲 2013年10月19(土)LI... >>