2016年の11曲。

相次ぐテロに、大物ミュージシャンの訃報の連続、イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選挙など激動の2016年。他にもアメリカで起こったBlack Lives Matter運動など、アーティストの曲に直接影響を与える社会情勢が印象的でした。やはり歌詞は重要です。今年もほとんどがアナログで聴いてて、シングル単位で聴くことは少なかったですが、やはりPVが印象的な曲は何度も観てしまいますね。それでは2016年のベストソング。今年は11曲!


<2016年の11曲>

■第1位
Michael Kiwanuka [Black Man In A White World]
f0045842_1739261.jpg

アメリカで起こったBlack Lives Matter運動を象徴するような1曲。しかもイギリスのノース・ロンドンから。フォーキーで穏やかな歌が特徴だった男の怒りのメッセージ「俺は白人社会の中の黒人だった」。
f0045842_17391982.jpg
LA在住の日本人監督Hiro MuraiのPVも秀逸。



■第2位
Nevermen [Mr. Mistake]
f0045842_1739592.jpg

Faith No Moreのマイク・パットンと、TV On The Radioのトゥンデ・アデビンペ、AnticonのラッパーDoseoneという変態3人の合体したバンドで、3者の変態的個性が絶妙に混ざり合ってポップに昇華した奇跡的な曲。歌詞も面白い。アルバム全編こんな曲ばかりだったら絶対にベストアルバムでしたが、この曲が一番際立ったました泣。
f0045842_17402434.jpg
日本人学生の二瓶紗理奈の制作したPVがかなり変で面白い。Boards of CanadaがRemixしたヴァージョンも素敵です。



■第3位
KA [Just]
f0045842_17413015.jpg

NYブルックリンのベテランMCの超ドープでダークな渾身の一曲。
f0045842_17414477.jpg
ストリート・ハスリングのカルマを、封建社会の侍の精神を通して描いた文学のような重厚な歌詞に唸らされるばかりです。




■第4位
Black Mountain [Mother of The Sun]
f0045842_17441923.jpg

カナダのサイケデリック・ロックバンドの6年振りの新作からの1stシングル。8分34秒。時代性など無視した60年代後半のようなスペーシーなヘヴィ・サイケ。HawkwindとBlack SabbathとPink FloydとLed Zeppelinの精神を受け継ぐサイケデリック曼荼羅。
f0045842_17443347.jpg
PVも怪しさ満点。男女2人のヴォーカルもシャーマニック。これくらいの長さは早送りせずに聴ける忍耐を身に付けましょう。しかし、このバンドが世界的に人気というのはロックの希望だ!


■第5位
Diva [Divinity in Thee]
f0045842_17444989.jpg

LAのオリエンタルなシンセポップ・アーティスト(Leaving RecordsのMatthewdavidの奥さんでもある)Divaの新作から。
f0045842_1745579.png
今は猫も杓子も80’sサウンドですが、この人は元からそういう音だったというのも評価できます。



■第6位
UA [JAPONESIA]
f0045842_17452588.jpg

2016年のUAが辿り着いたのがヤポネシアというのが面白い。もはやインドネシアやタイとかの東南アジアの音楽と並列で聴かれるべき。



■第7位
Jamila Woods feat. NoName [VRY BLK]
f0045842_17463335.jpg

これもBlack Lives Matter運動を象徴する1曲。シカゴの女性詩人/シンガー/ラッパーのフリーダウンロード・アルバム[HEAVN]からの1曲で、女性ラッパーNoNameを迎えて黒人として生きるハードな現状を訴えるメッセージソング。
f0045842_1747324.jpg
f0045842_1746717.jpg
アルバム全体もおそろしく素晴らしいので、今すぐダウンロードして聴いてください。




■第8位
DJ Shadow feat. Run The Jewels [Nobody Speak]
f0045842_17515718.jpg

DJ Shadowの新作から。バリバリのサンプリングに、過激すぎる2人のラップが畳み掛けるフロアバンガーな必殺の1曲。でもサビでは大合唱にならないで、いきなりブレイクに入るところがニクい!分かってらっしゃる。
f0045842_17522815.jpg
乱闘PVが最高に笑えます。



■第9位
Psychic Temple [When I Know]
f0045842_1752591.jpg

どこぞの教祖のような風貌のChris SchlarbのプロジェクトPsychic Templeの3枚目の新作から。容姿や名前からしてどんなサイケなんだと思ったら、優しく穏やかなフォークロック。
f0045842_17531312.jpg
Sufjan StevensのレーベルAsthmatic Kittyからのリリース。



■第10位
Brain Eno [The Ship]
f0045842_17532438.jpg

2016年の”Ambient 1: Music for Airports”とも言えるアンビエント21分。アナログ盤の音が凄くてお薦め。途中で入ってくるイーノのエフェクトされたヴォーカルも気持ちよい。



■第11位
Mary Chapin Carpenter [The Things That We Are Made Of]
f0045842_1755187.jpg

13作目の新作からラストを飾る曲。この人は簡素な言葉を羅列してもの凄い綺麗な文を作る人で、この曲は夫や子供や自分が作り上げてきた物への感謝の歌。
f0045842_17551472.jpg
夜に一人で聴いてたら涙が出てきます。
[PR]
by Blacksmoker | 2016-12-31 17:55 | 2016年総括
2016年の12枚。 >>