MATISYAHU @ Zepp Osaka 8/13(日) 2006

マティスヤフは個人的には今年最もBreak Throughなアーティストでした。
f0045842_0591946.jpg
アルバムも超カッコ良かったし、ジャムバンド・シーン出身でライブが凄いらしいし、おまけにアルバムはビルボード初登場4位という大ヒットで押しも押されぬ存在となったマティスヤフが生で観れるなんて期待するなという方が無理ですね。後方で「Creeping Death」とか「For Whom The Bell Tolls」といったヘッドバンガーズ・メタル・クラシックスを炸裂するメタリカのステージを後にして行って参りましたマティスヤフに!(マイメン、ロディ aka なおちんにBig Up!)

f0045842_181236.jpgドラム、ギター、ベースという超シンプルなセットでマティスヤフのバックを務めるのはお馴染みRoot Tonic。マティスヤフのブレイクを受けて最近リリースされたビル・ラズウェルとのアルバム(右写真)ではヘヴィでディープなダブ・サウンドを聴かせてくれていた叩き上げのライブ・バンドだ。見た目は冴えない(ギターの人なんて特に…)が演奏は鉄壁。

さてマティスヤフ登場。この暑さにも関わらず、いつものあの「ハシディム」の黒ずくめの衣装で登場。この人かなりデカいです。そして実際観るとやはり若いですねぇ(まだ20代だもんな…)。
f0045842_163072.jpg
1曲目は何とナイヤビンギ(レゲエ以前のジャマイカの民族音楽)の伝統歌「Rastaman Chant」!完全にヤラれました。この曲はRAS MICHAEL & THE SONS OF NEGUSの古典「Nyahbinghi」にも収録されているし、有名なところではBOB MARLEY & THE WAILERSのあの歴史的名盤「Burnin’」の最後を飾るスピリチュアルなナイヤビンギだ(オリジナル・ウェイラーであるボブ・マーリィピーター・トッシュバニー・ウェイラーの3人の崇高なコーラスが泣けます)。「そうだそうだ、マティスヤフはラスタマンなんだ」と改めてその風貌とのギャップに驚く。超スローにゆったりと「Fly Away Home To Zion~♪ 」と歌い上げていく声が非常に伸びやかで歌詞も聴き取りやすく感心させられる。

もうオープニングだけでもJah Rastafariな私f0045842_1175253.jpgは大満足ですが、ここからが本番です。アルバム「Youth」からのナンバーを立て続けに披露。待ってましたとばかりにフロアはお祭り状態。客もピースな連中が多い。ジャム・バンドのライブではお馴染みのデカいバルーンも登場です。マティスヤフの声がとにかくタフでストロング。使命を持っているというか、芯があるというかストイックな声なんですね。それにフロウがメロディアス。シズラにも似たシングジェイな所も良いです。

そしてバックを務めるRoots Tonicの音が強力。このバンドの要はベースです。「あんたメンバーに黙って1人だけヴォリューム上げてるだろ!」と思えるほどブリブリの低音を利かせています。彼らは3人とも白人のニューヨーカーなので、音はジャマイカ人が持って生まれたルーディなリズムの濃いレゲエではない。Jack Johnsonのバック・メンバーとかSublimeとかもそうだが白人によるレゲエ・サウンド(個人的にはホワイト・レゲエと呼んでいる)は非常にベースを強調しているのが特徴だ。ジャマイカン・レゲエの要はドラムなんだよね。しかしこれこそがマティスヤフが支持される理由だろう。アングロサクソンにはこのリズムが心地いいんだと思う。もちろん日本人にも。(ジャマイカンにマティスヤフを聴いた感想を教えて欲しいですね。)

そしてギターがこれまた面白い。グレイトフル・デッドジェリー・ガルシアに影響を受けまくってます。あの天を駆ける様なギター・ソロなんてジェリーのギターに音までそっくりでニヤリ。即興演奏もガンガンこなして徐々にエンジンがかかって盛り上がっていく演奏もジャム・バンドならでは。
f0045842_1254093.jpg
その強力なバックに負けずマティスヤフも盛り上げる。横ノリの演奏に縦ノリの歌という対比が面白い。途中披露した得意のヒューマン・ビートボックスもむちゃくちゃ上手い。ほんとライブ慣れしてますね。流れを作るのが上手いです。後半ではアンプに上って熱唱してました。個人的に一番好きな曲「Jerusalem」も聴けました。

圧巻は「King Without A Crown」。ラジオでもガンガンに流れてたこのヒット曲でフロアも最高潮の盛り上がり。後半のRoots Tonicによるジャムも圧巻。基礎体力の高さを見せつける演奏でした。脱帽。予想以上にストイックでストロングでタフでありながら、楽しさ満載のGood Vibes溢れたピースフルな空間が最高でしたね。アーティストも客も一体となって盛り上がった素晴らしいライブでした。ただ90分にも満たない短さだったのが非常に残念!

もし可能なら次回はもっとロング・セットなライブを観てみたいですね。深夜スタートで3時間くらいやってくれるのがベストですけど。誰か企画して!

ちなみにライブが終わって外に出たらまだメタリカやってました!!Seek & Destoy!!
[PR]
by Blacksmoker | 2006-08-21 01:59 | ライブレポート
<< JURASSIC 5 [Fee... TOOL @ Intex Os... >>