FLYING LOTUS [Los Angeles]


新たなる才能。

f0045842_22261044.jpgこれは次世代エレクトロニカか?ヒップホップのNextレベルか?その両方をも内包する孤高のサウンド・クリエイター、Flying Lotus。LA出身の25歳、スティーヴン・エリソンによるソロ・ユニットであるFlying Lotusの新作「Los Angeles」がイギリスのテクノ・レーベルの名門「Warp」からのリリース。個人的には2007年に、同じ「Warp」からリリースされたBattlesの1stアルバム「Mirrored」以来の衝撃です。

ビート・ジャンキー達は挙ってFlying Lotusを「ポスト・Jディラ」的存在として捉えているようだが、Flying Lotusのビートはサンプリング主体ではなくあくまでデジタル主体。
f0045842_22281798.jpg
たしかにドラムのビートの強度はヒップホップ的だが、Flying Lotusの場合はどちらかと言うとエレクトロニカからヒップホップへ接近したサウンドで、個人的にはJ・ディラというよりスコット・ヘレンPrefuse 73に近い存在だ。(Prefuse 73の2005年のアルバム「Surrounded By Silence」も多数のラッパーを迎えたヒップホップ・アルバムでしたね。)

しかしPrefuse 73と違って、Flying Lotusのサウンドはもっとダークでありサイケデリックであり、もっと近未来的。

近未来的」というと誰もが「ブレードランナー」の世界観を思い浮かべると思いますが、確かにそういう世界観も十分にありますが、それ以外にも個人的には「バットマン」のゴッサム・シティのようなダークな雰囲気や、「マトリックス」のザイオンのようなフューチャリスティックでありながらも退廃的な雰囲気も感じます。いずれも映像を喚起させるサウンドです。
f0045842_22291249.jpg
CamelMelt!といったトライバル・ビートを採り入れたダークでサイケデリックなインストゥルメンタル曲などはかなりクセになります。その他に注目なのはアリス・コルトレーンのハープをサンプリングしたAuntie's Harp。実はアリス・コルトレーンは彼の叔母にあたるようで、この曲は2007年1月に亡くなったその叔母であるアリス・コルトレーンに捧げられている。
f0045842_22311187.jpg
そしてビートの面白さも革新的ですが、Flying Lotusが今後ヒップホップやR&B界でJ・ディラSa-Ra Creative Partnersのような存在がなりうるかは彼の作るビートとボーカルの相性の良さが問われるでしょう。その意味において3曲のボーカル曲はより注目。

Dollyという女性ボーカルを迎えたRobertaflackや、Laura Dalingtonという女性シンガーを迎えたAuntie’s Lock / Infinitumでは浮遊感のある幽玄なサイケデリックなエレクトロ・フォークがとても美しく、ボーカルとの相性も良いように思えます(ヒップホップやソウルっぽい曲ではないですが・・・)。ただJ・ディf0045842_22322834.jpgSa-Ra Creative Partnersのようなネタ感のあるサンプリングの黒いソウル度はほとんどないので、その点が今後R&Bシンガーとの仕事が増えるかどうかの課題でしょう(余計なお世話か・・・)。The Gaslamp Killerとのコラボレーションでも知られるシンガーGonja Sufi(左写真)のスモーキーな歌声をフィーチャリングした唯一黒いフィーリングを聴かせるナンバーTestamentのダーク・ソウル感はかなり痺れますよ。

全17曲。ジャンルを拒否する新たな刺激的サウンドの詰まったFlying Lotus「Los ngeles」。日本人の想像するLAのイメージではなく、LAに住むスティーヴン・エリソンなりのLA感を具現化したサウンド・オマージュ。LAという街の裏側を見事に捉えた作品です。
f0045842_22333316.jpg
実に映像的であり、フューチャリスティックなビートが素晴らしい2008年度要注目作。ダークでサイケデリックなサウンドに是非耽溺して頂きたい。
 
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-06-23 00:13 | ELECTRONICA
<< 告知●●「チューバイカ vol... OM @ 十三Fandango... >>