カテゴリ:金の亡者( 2 )

Bjork @ 大阪城ホール 2/25(月) 2008 


ビョークのライヴは毎回知覚の扉を新たに広げるアイディアが満載だ。
f0045842_22115392.jpg
毎回アルバム発表後に行うツアーには同じものが一つもなく、お金とアイディアを注ぎ込んだそのスペクタクルなライヴは未体験の人は一見の価値があります。

さて今回は昨年にリリースされたアルバム「Volta」に伴うツアー。ティンバランドなどの先鋭的ビートや、Konono No.1トゥマニ・ジャパディなどのアフリカ大陸からの刺激的なサウンドなどを導入しまさしく時代の最先端を行きながらも、Lightning Boltの超絶ドラマーのブライアン・チッペンデイル、そしてこちらも超絶なNYのドラマー、クリス・コンサーノといったアンダーグラウンドのクセモノ達も抜かりなく押さえたこの「Volta」において相変わらずの先見性を見せ付けています。(ちなみに先鋭的なサウンドをいち早く導入し世界に提示するのがビョークで、そのサウンドがある程度浸透して全く先鋭的でなくなった頃に世界に提示してくるのがマドンナです。)
f0045842_2234173.jpg
そんな「Volta」ツアーをサポートするのは、もはやビョークのライブには欠かせない存在のマーク・ベルLFO)。個人的には初めてビョークのライブを観たのが98年のフジ・ロックで、そのステージにもマーク・ベルはいましたね。そのマーク・ベルが今回もエレクトロニクス全般の機器を操っていました。そしてもう1人のエレクトロニクスを担当するメンバーとドラマー、そしてキーボーディストが参加。ドラマーはアルバムにも参加していたクリス・コンサーノジム・オルーク恐山にも参加していた鬼才)。そして地元アイスランドからはド派手な衣装に身を包んだ10人の女性ブラス・セクション隊を従えた布陣です。ステージ後方には旗が掲げられステージ全体が一種の祝祭的ムードです。
f0045842_22142613.jpg
ブラス隊のマーチングと共に登場したビョーク。こちらもド派手な衣装(おそらく有名デザイナーが手掛けたと思われる)に身を包み、額にはカラフルなペイントを施しています。

1曲目のEarth Intrudersから民族音楽と最新エレクトロニクスが渾然一体となったサウンド。今までのどのツアーよりもカオス度が高い。「Volta」からの曲が多いと思いきや、意外にも過去の代表曲満載のセット。
f0045842_2215287.jpg
しかしビョークのライブというのは過去の曲でもオリジナル音源とは全く違った姿で披露されるので面白い。2曲目となるHunterも同様で、オリジナル音源とは違った音になっています。

聴覚的にも十分に面白いのですが、おそらくビョークが最もこだわっているのが視覚効果でしょう。最新エレクトロニクス器材を駆使しまくっています。特に目をf0045842_22284724.jpg引いたのはReactable(右写真)。次世代シンセサイザーのインターフェイスとして登場してド肝を抜いたこのReactable。発光する大きな円テーブルの上にハコ状の物を置くだけでパルス音が鳴り、そのハコを回転させたり移動させたりするだけでパルスの音が変わる特殊なシンセサイザー。音そのものよりやはり見た目がカッコイイのがこのReactableの特徴です。スクリーンに大写しされるこのReactableの映像はかなり視覚効果抜群です。

1.jpg2.jpg3.jpg


そしてもう一つ目を引いた最新テクノロジーが、今超f0045842_22293539.jpg話題のTenori-On(左写真)。日本人クリエイター岩井俊雄とYAMAHAが開発した(なのに日本ではまだ発売されていない・・・)次世代インターフェイス。30センチ角パネル盤にLEDライトが埋め込まれていて、その盤に触れると音が鳴り、音色が変わっていく電子楽器でこれも視覚効果は絶大。他にもKaoss PadやLemurを使っていたりと、時代の先端を行くビョークならではのライヴ風景です(してやったり顔が目に浮かびます)。

ちなみにこれらの電子楽器は、「楽譜など読めなくても直感的に演奏する事ができる」というのがコンセプトにある楽器であり、それを駆使しているのがビョークというのが、とても象徴的ですね。後世に、楽器演奏の歴史を振り返った時にこのビョークのライヴは一つの演奏概念の転換期となったものとして記憶されるものになるんじゃないでしょうかね。

そしてライティングもかなり凄い。会場の後方まで緑のレーザー光線が四方八方に飛ぶその壮大なライティングもかなり視覚効果抜群。
f0045842_22413913.jpg
最近はよくこのライティングは目にする機会が多くなりましたが、日本において初めてこのレーザーのライティング・システムを導入したのは2005年のフジロックでヘッドライナーを務めた時のFoo Fightersだそうです。あの霧のかかった遥か遠くの山々まで照らし出した凄いライティングを憶えている人も多いでしょう(下がそのフジロックの時の写真)。
f0045842_22425423.jpg
今回はそのライティングがホールの天井を照らし出し大きな会場が小さなホールのような感覚になりましたね。

さて本編に戻ると、後半にかけての名曲のオンパレードに会場中が熱狂していたと言っても良いでしょう。全く姿を変えたArmy Of MeI Miss You、そしてアルバム「Medulla」の中で最もキャッチーだったWho Is It、そしてイントロだけで鳥肌の立つHyperballad(途中でLFOFreakが挿入されてました!)、そして不穏極まりない機械的なビートとライティングがまさしくカオスなPlutoなど強力過ぎるラインナップ。会場総立ちのスペクタクル・ショーでしたね。
f0045842_22455922.jpg
アンコールはOceaniaDeclare IndependenceDeclare Independenceではビョークがパンク・バンドのボーカルのように「Raise Your Flag!!!」と連呼してアジテーションしまくり、ストロボ・ライトのハレーションや紙吹雪が乱れ飛ぶそれはそれはカオスな状態での大団円でした。

ビョークの過去のどのツアーと比べても、最もド派手でクリエイティヴさが前面に出たライヴでしたね。使用する電子楽器、ライティングなどかなり刺激的で、知覚・聴覚共に新たな扉を開くには十分過ぎる程のショーでした。
f0045842_22485632.jpg
また次のツアーでは常人の想像の上を行く刺激的なステージで魅了してくれることでしょう。
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-03-07 00:53 | 金の亡者

Bjork [Medulla DVD]

f0045842_23562997.jpgビョークが人間の「」だけで作ったアルバム「メダラ」 (まあ厳密には声だけではないんですが)の制作過程を収めたDVD。これは非常に面白い。あのアルバムがどうやって作られていったのかが分かるのです。今までこのようにビョークのレコーディングの光景が観れる事なんてなかったのでこれは貴重な映像です(まあどんなミュージシャンでもあまりないが、ビョークなんて特に見れるもんじゃないと思うので)。

もちろん「メダラ」はビョークが1人で作ったわけじゃなく、様々なミュージシャンとのコラボレートで作られた作品です。その参加ミュージシャン達がぞくぞく出てくるレコーディング映像がとても楽しい。

f0045842_239529.jpgまずは元ザ・ルーツのラゼール(左写真)。このラゼールのウルトラ神業のヒューマン・ビート・ボックスが観れる!!もう有り得ない技の連続。横でビョークが子供のような顔で喜んでいるのが新鮮だ。この人のソロ・アルバム「Make The Music 2000」 はとてつもない出来なので機会があれば聴いてみて欲しい。こちらで彼のライブ音源が聴けますので、チェックしてぶっ飛んでください。


f0045842_23132830.jpgそして次はマイク・パットン師匠(右写真)!この狂気を孕んだイタリア系の伊達男の登場。アルバム収録曲の「Where Is The Line」 のコーラス・パートを録音して「どうだ?」 とニヤリと笑う姿がもう既に狂気。昨年の奇跡の来日公演を行ったFANTOMASでの一本ネジの外れたアブナさは抑え気味だが、十分にそのアブナさは画面からも感じ取れます。独特の存在感でビョークも弱冠押され気味なのが面白いです。

そして注目なのは日本人ヒューマン・ビート・ボクサーのドカカ(下写真)。昔、大学の後輩に「口だけでスレイヤーやキング・クリムゾンをカヴァーしているバカなヤツがいる!」 と教えてもらってHPをf0045842_2322221.jpgチェックしてみたら、前述のバンド以外にもツェッペリンメタリカハロウィンなどもカヴァーしてて爆笑したのだが、どうやらビョークもこのHPを見て興味を持ってこのドカカに参加のオファーをしたらしいです。ちなみにここでチェック出来ます(ベスト・トラックはキング・クリムゾン「Larks’ Tongues In Aspic -Part 2」 ですね!) 。どうみても冴えないこの男がなかなかいい味出してました。

さて、インタヴューでは「歌詞には全くこだわっていない。歌詞は4日で仕上げた。」 とか言っていて、現にその場で即興的に歌詞をノートに書き上げるシーンも収録されている。そうなんだぁ…。日本盤買って損したわ。

そして一番笑えたのは、ビョークが突然「ブラジリアン・ドラムを入れたい」 と言い出して、わざわざサルバドルまで行って、現地のミュージシャンとレコーディングするシーンなんですが、ビョークとレコーディング出来るので気合い入れたのか裸になって熱演しているのだが、お前らアルバムに入ってないぜ!!!(泣) しっかりカットされています!その昔レッド・ツェッペリンのトリビュート・アルバム「Encomium :A Tribute to Led Zeppelin」 のレコーディング風景を収録したビデオ盤でManaというバンドが、ツェッペリンに自分達がどれだけ影響を受けたか、そしてこのアルバムに参加できたのをどれだけ光栄に思ってるかをとても嬉しそうに語っていたのに、CDでは見事にそいつらだけカットされていたのと同じ悲しさがあります。

あと「2人目の子供を産んでから、より肉体的な音楽を求めるようになった。血なまぐさい音楽が聴きたくなって、スワンズばっかり聴いていた」とか言っていたので、私も無性に聴きたくなりましたよ。
f0045842_23521110.jpg
さてこのDVDですが、このドキュメンタリーの他にアルバム「メダラ」の全編が5.1chサラウンドのDVDオーディオで収録されているのですが、これがとてつもなく素晴らしい音響!はっきり言ってこのアルバムはこの音響で聴かないと意味がないと思わせる素晴らしさです。四方八方から様々な声が飛び込んでくる驚愕の音響に圧倒されまくり。あまりこのアルバムは聴いてなかったんですが、断然見違えましたよ。ほんと凄い。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-05-02 00:23 | 金の亡者