カテゴリ:TECHNO( 6 )

RECOMPOSED BY CARL CRAIG & MORITZ VON OSWALD


世界で最も長い歴史を持つクラシック・レーベル「ドイツ・グラモフォン」。

1898年に創設された由緒正しきこのレーベル。クラシックに疎い人でもこの「黄色いラベル」は目にしたことはあるでしょう。ソウルで言うところの「モータウン」、ジャズで言うところの「ブルー・ノート」、テクノで言うところの「ワープ」、ヒップホップで言うところの「デフ・ジャム」みたいなものでしょうか。

そんな由緒正しき「ドイツ・グラモフォン」が贈る「ReComposed」シリーf0045842_956798.jpgズ。グラモフォンの所有するクラシック音源をエレクトロニック系のミュージシャンが再構築(Remix)するというこのシリーズは、2005年にドイツのMatthias Arfmann、そして2006年にはフィンランドのJimi Tenorがそれぞれ担当しましたが、今回の第3弾に選ばれたのは何とデトロイト・テクノの革新者カール・クレイグ。そしてもう1人はミニマル・ダブのパイオニアであり、Basic Channnelの創設者モーリッツ・フォン・オズワルド。この2人によるクラシック音楽の究極のエレクトロニック再構築版が今回紹介する「RecComposed by Carl Craig & Moritz Von Oswald」。これは同時にエレクトロ・ミュージックを新たな次元まで高めた革新的な作品だ。
f0045842_1024538.jpg
この2人がグラモフォンから選んだ素材はあの「指揮者の帝王」ヘルベルト・フォン・カラヤン(下写真)が指揮するベルリン・フィルハーモニーの演奏するラヴェルボレロスペイン狂詩曲、そしてムソルグスキー/ラヴェル展覧会の絵など。
f0045842_10041100.jpg
所謂クラシック門外漢でも一度は耳にしたことのある超有名曲をズタズタに分解して新たに構築し全く新しいテクノとして提示しています。

ジャケット写真に映るのはおそらく今回使用した音源のオリジナル・マスターテープでしょう。こんな超貴重な写真を見るとさぞやクラシック・マニアのオジサン達は興奮するでしょうが、そんなオジサン達を地獄の底に叩き落すかのような容赦ない再構築ぶりが凄い。 カール・クレイグと同郷のRichie HawtinによるMix CDの新境地「DE9シリーズ」と同じ方法論で作られた「踊るだけではないテクノ」の提示とも言えるでしょう。ただクラシック・マニアはこれを聴いたら多分激怒するんじゃないかな。
f0045842_10131786.jpg
クラシック音源を使用しているからと言ってここにはおなじみのメロディも使われてないし、ボレロのクライマックスへ向かうカタルシスも全く存在していません。主旋律よりもオーケストラの中の楽器の一部を抜き出し、ひたすらストイックに余分な贅肉を削ぎ落としたかのようなミニマル・テクノが延々と反復を繰り返されます。テクノ・ファンでさえ前半部分のキックの無いノンビートなリズムが延々と繰り返される様には「これからどうなってしまうんだ?」という不安と期待に襲われるでしょう。

しかしそうしているうちにいつの間にか我々はこのレコードの深い音の迷宮の中に知らずに取り込まれてしまっています。気が付くと完全にミニマルなビートの中にいるのです。「あれ?いつのまにこんなビートになってたんだっけ?」と気が付いた頃にはもうこの音世界からは抜け出せないでしょう。緻密に計算されたカール・クレイグの作る音世界ですが、この抜け出せないズブズブ感は完全にモーリッツ・フォン・オズワルドの成せる技でしょう。
f0045842_1014677.jpg
1~6楽章から構成されており、1~4章までが第一部。インタールードを挟み5~6章が第二部といった分類がなされている。約30分に及ぶ第一部でミニマル・ダブを突き詰め、第二部はカール・クレイグのRemixした5章と、モーリッツ・フォン・オズワルドのRemixした6章。それぞれの構築の方法の違いを聴いてもらうという意図だろうか。

第一部でクラシック音楽のカタルシスを究極的に一切排除したミニマル・ダブを展開させましたが、このカール・クレイグによる5章ではオーケストラの迫力を組み入れた展開をみせる。逆に最後のモーリッツ・フォン・オズワルドの6章はBPMをぐっと落とし、パーカッションをも組み込むディープなダウンビート。この2人の性質の違いが明確に分かって面白い。
f0045842_10303683.jpg
企画物という体裁でありながら、全く他者を寄せ付けない程の圧倒的なクオリティ。何でも1年以上掛けてじっくり作りこまれたというからこの2人の気合いを感じます。中ジャケの写真ではクールにキメて写っている2人ですが、その写っている場所が誰もいないオーケストラ・ホールで、その中でキメキメな2人というのが結構笑えます。2人のこの作品の出来に対する自信の表れのようでもありますね。

芸術性」を冷酷なまでに排除した「素材」としてのクラシック音楽の再構築には、クラシック音楽のファンの拒絶反応が目に見えるかのようですが、エレクトロニック・ミュージックとしては、新たな可能性を追求しそれを見事に結実させた画期的な作品とも言えるでしょう。是非ともチェックしてみて下さい。Ricardo VillalobosによるRemixを収録した12インチ盤(下写真)も超ヤバイのでコレもチェックです!
f0045842_10311483.jpg
しかしカール・クレイグはどこまで進化していくんでしょう!
f0045842_1032137.jpg


 
[PR]
by Blacksmoker | 2009-03-04 08:59 | TECHNO

RAPHAEL SEBBAG [El Fantasma De La Libertad]


f0045842_1151516.jpg艶やかなラテンのリズムの上に乗る、キューバ録音による現地ミュージシャンの情熱的な演奏。そして生演奏とプログラミングの絶妙なブレンド。ラテン・ジャズやキューバ音楽、そしてハウスやダブ・ステップまでも通過したサウンド。そして25年もの間、DJの現場で活躍するキャリアの中で培った説得力のある豊潤な音楽性。これぞ2008年、ラテン・ブレイクビーツの最高傑作です。

90年代にクラブ・ジャズ・シーンを牽引したUnited Future OrganizationのDJ、ラファエル・セバーグ
f0045842_12285.jpg
1990年にUnited Future Organizationを結成し2002年までに5枚のアルバムをリリースし、日本だけでなく世界に認められる存在となったわけですが、それから6年。遂に初のソロ・アルバム「El Fantasma De La Libertad」をリリース。これはホントに素晴らしいアルバムです。

実はこのアルバムに先駆けること2年前の2006年、アルバムの顔見せ的ミニ・アルバム「from “El Fantasma De La Libertad”」(右写f0045842_1324447.jpg真)がリリースされており、本作にも収録されているBesosEl Fantasma De La Libertadがいち早くお披露目され、その曲の素晴らしさが更にアルバムへの期待を高めていたわけですが(ちなみにRemixも収録されていて、そこには何とThink TankKiller Bongなんかも参加していました)、それから2年という長い年月を掛けこのアルバムは完成したわけです。

「from “El Fantasma De La Libertad”」で垣間見れたラテン・ミュ-ジックへの傾倒はより深くなり全編に渡ってラテン・ミュージックへの愛に溢れている。
f0045842_1352850.jpg
タイトルになった「El Fantasma De La Libertad」とは「自由の幻想」という意味らしく、ルイス・ブニュエルの映画からそのタイトルは取られている。「本当の意味での自由とは?」をテーマにしたアルバムだそうだ。

そのテーマを受けてオープニング曲Alegria Africanaに登場するのは、キューバ人女性ラッパーのテルマリー(左写真)。キf0045842_126739.jpgューバ新世代ミュージシャンを代表するこのテルマリーの歌うこの曲がもうホントに素晴らしい!前述のミニ・アルバム「from “El Fantasma De La Libertad”」にも既に参加していた彼女だが、本作にも再び登場して「アフリカの自由」を訴えかける。ソリッドな切り口で弾丸のように詰め込んだポエットリー・リーディング調のラップを披露しているのだが、コレが鳥肌の立つほどカッコイイ。全編に歌うように流れる情熱的なピアノ、そして日本が誇るサルサ・バンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスGenta氏によるアフロ・キューバンなパーカッションも加わってその素晴らしさは感動的です。しかしこの後にも何曲かで登場するテルマリーはほんと素晴らしい働きをしています。

そして次に登場するのは待望の新作がリリース間近のジューサ(Yusa)。こちらもテルマリーと同じくキューバ新世代ミュージシャンの1人で、ブエナ・ビスタ地区出身の天才シンガーソングライター(下写真)。シンガーソングライターでありながら、ブラジルの才人レニーニのワールド・ツアーに「ベーシスト」として参加するマルチ・インストゥルメンタリストでもあります。
f0045842_1275937.jpg
そんな実力派ジューサをボーカルを据えて、チューチョ・バルデスYemayaを哀愁たっぷりにカヴァー。情熱的なジューサの歌声も素晴らしいですが、この曲でバックを務めるのが、キューバのピアニストのロベルト・カルカセス率いる14人編成の大所帯ラテン・ファンク・バンド、インタラクティボ(Interactivo)。このキューバ最先端バンドのホーン・セクションが俄然盛り上げてくるラテン・ナンバーはかなりアツイ。特に中盤のトランペット・ソロからなだれ込む後半の展開はコーラスも被さって凄いです。しかしこの現代のキューバ新世代の筆頭とも言えるテルマリージューサインタラクティボ(下写真)という3者が揃って登場するなんて凄いですね。
f0045842_130118.jpg
次はラテン・パーカッションが乱れ飛ぶダブ・ステップ的ダンス・ナンバーAndalu。ここでもピアノが効果的な演出でラテン的ムードを盛り上げます。そして、再びテルマリー登場のダブ・ステップ的なナンバーWindows And Mirrorsでは不穏な旋律にわざと感情を抑えたテルマリーのクールな高速ラッピングがむちゃくちゃカッコ良いです。

キューバ録音による「サルソウル」の大御所ヴィンセント・モンタナのカヴァーLos Bravos。これはホントに痺れますよ。インタラクティボジューサ、そしてオルケスタ・デ・ラ・ルスの3者が渾然一体となって奏でるファニアオールスターズばりの素晴らしいサルサ・ナンバー。トランペット、サックス、トロンボーンのファンキーなブラスに、ヴァイオリンの旋律が絡んでくる瞬間は何度聴いても痺れます。ロベルト・カルカセスの跳ねるようなピアノ、そしてファンキーに唸るベース、リズムチェンジして展開される後半のジャムっぽい演奏もカッコ良すぎますね。必聴です
f0045842_1364471.jpg
人的パーカッションがハウス的な高揚感を感じさせるViento Misterio、ダビィなベースラインがウネリまくるダブ・ステップ246‐20El Fantasma De La Libertadテルマリーの超高速ラップが炸裂)は古き良き伝統音楽とは一味違った近未来感を出しています。

哀愁漂うナンバーBesosもオススメ。これは前述の「from “El Fantasma De La Libertad”」に収録されていたのもですが、テルマリーが他の曲で見せていた攻撃的なラップを封印し、歌う様な知的なポエットリー・リーディングで聴かせます。しかしテルマリーという人は、色んな側面を見せてくれますね。ちょっと只者ではないですね。
f0045842_137321.jpg
最後を飾るのは、ラファエル・セバーグ自身もヴォーカルで参加した実に落ち着いたラテン・ジャズ・ナンバーTout Oublie。サウダーヂ感のあるムーディなスロー・ジャズでしっとりと幕を下ろします。

とにかく徹頭徹尾ラテンへの愛情に溢れた一枚。そして世界的にも注目を集めるキューバ新世代ミュージシャンの起用も素晴らしい効果を生み出しています。特にテルマリーの働きは想像以上の素晴らしさです。彼女がいなければこのアルバムの印象も大きく変わっていたでしょう。そしてラテンへの郷愁だけでなく、未来も見据えた豊潤で刺激的なサウンド。何度も言うがこれはラテン・ブレイクビーツの最高傑作。
f0045842_1375563.jpg
個人的には2008年度ベスト・アルバム候補の1枚!是非チェックして下さい。
[PR]
by Blacksmoker | 2008-05-25 00:47 | TECHNO

M.A.N.D.Y. [Fabric 38]


f0045842_237222.jpgロンドンのクラブ、Fabricによる人気MIX CDシリーズ「Fabric」(ちなみにドラムン・ベース系アーティストによるMIX CDシリーズ「Fabriclive」もあります)。さてその「Fabric」シリーズの第38弾はM.A.N.D.Y.が登場です。

ドイツのベルリンを拠点とするミニマル/エレクトロ・ハウスの先鋭レーベル「Get Physical」を主宰するPatrick BodmerPhilipp JungからなるユニットM.A.N.D.Y.。

この2人は90年代初頭から活動しているベテランで、2001年よりM.A.N.D.Y.名義で活動。
f0045842_23111814.jpg
その後DJ TBooka Shadeと共同で「Get Physical」(下写真)を立ち上げてからは先鋭的なエレクトロ・ハウスのトラックを次々とリリースし、その後もRoyksoppLindstromなどのリミックスも手掛け、一躍トップ・クリエイターの仲間入りを果たしています。2005年にはBooka Shadeと共同でリリースしたトラックBody Languageが世界中で大ヒット。まさしくドイツを代表するエレクトロ・ハウス界の旗手として絶大なる存在感を放っています。
f0045842_23363274.jpg
そんなM.A.N.D.Y.によるこのMIX CD「Fabric 38」。ミニマル/ディープ・エレクトロ・ハウスやテック・ハウス、プログレッシヴ・ハウスのアーティストによる最新の先鋭なトラックをバッチリ収録した素晴らしいMIXです!盟友のDJ TBooka Shade、そしてDubfireやスイスのQuarionの曲以外は正直言ってほとんど知らないアーティスト達ばっかりなんですが、個人的にかなりどっぷりハマってしまいました。

中途半端なポップさとは無縁のディープでプログレッシヴな方向に振り切ったトラックの連打にヤラれます。とにかくヤバいトラックばかりなんで、いろいろ収録曲を調べてみたんですが、その全てがミニマル/ディープ・エレクトロ・ハウス系のアーティストばかり。

序盤はアフリカっぽいポリリズミックなトラックを配し、Quarionの名曲Karasu(Crowdpleaser Remix)と、ブラジルの注目アーティストGui Boratto(左写真)のTipologia(Lucy Remix)で早くもピークを演出しf0045842_23412898.jpg、その後はその熱さをキープしたままストイックなディープ・ハウスの連打。DJ Yellow & Astrid SuryantoTo The Top (Guy J Remix)DubfireI Feel Speed (Audion Remix)、そしてテック・ソウルともいうべきBasic Soul UnitTunnels (Sebo K & Metro Remix)などヤバすぎます。静かに徐々に熱を帯びていく様はM.A.N.D.Y.のDJパーティの様子が目に浮かぶようです。

現在最もブッキングの困難なDJとも言われるこのM.A.N.D.Y.のプレイを擬似体験出来る便利なMIX CD。
f0045842_23385695.jpg
                      大音量で聴け!
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-02-18 00:07 | TECHNO

RICARDO VILLALOBOS [Fizheuer Zieheuer]

実に中毒性の高い1枚。

2006年という時代を象徴する音楽と言っていい。一度耳にすると完全に抜けられなくなる禁断の音

リカルド・ヴィラロボスは、リッチー・ホウティンスヴェン・ヴァスらと並ぶミニマル・テクノを代表するDJ。「クリック・ハウス」とも呼ばれる。
f0045842_3412197.jpg
クリック・ハウスというのはラップトップで作るハウス・ミュージックの総称なので、その定義は非常に曖昧なものだが、個人的には緻密に作りこまれた密室的なテクノとして捉えている。特にリズム・トラックが無機質で感情を排除したようなヒンヤリ感が逆に心地良い。

f0045842_3433332.jpgリカルド・ヴィラロボスは南米チリ生まれ。当時の独裁政権下から3歳で家族とドイツに移住したという過去を持っている。ご覧の通りのかなりの男前でもあります。もはやトップDJとしての貫禄も漂いますね。彼のプレイは即効性重視ではなく、長時間掛けてジリジリ盛り上げていくタイプなのでロングセットのプレイが特徴ですが、今回紹介するこの「Fizheuer Zieheuer」は彼のそのライブセットで使われている人気トラックの初音源化です。

実に1曲37分9秒

まず何たっていきなり飛び出すのがバルカン・ホーン!この「2006年を象徴する音」といっても過言ではないバルカン・ホーンのマーチング的というか、少しコミカルというか管楽器ブラス隊の威風堂々とした雄大なホーンが実にハマります。ひたすらミニマルに刻まれる無機質なリズムにダブ処理のなされたエフェクトが入ってきます。はっきり言って、もうそれだけなんです!ひたすら延々とストイックなクリック・ハウス。
f0045842_3454693.jpg
しかし聴いているとこれが不気味なくらい段々と盛り上がってくるんです、コレが。そしてマーチング的なホーンとは別に突如入ってくるホーンの突飛のなさがかなり面白いです。「何でココでこんなリズムを無視したホーンが入って来るんだ!?」というような疑問もひたすら無機質な4つ打ちのリズムが無言で押し潰していきます。気が付けば37分9秒が一気に終わってしまい、また延々とリピートして聴いてしまうという無限のミニマル地獄に突入。抜けられません。

ミニマル系の革新化にバルカン・ホーンを採用したのは実に面白いアイディアです。リカルド・ヴィラロボスしかり、リッチー・ホウティンしかり、彼らの実験精神こそがテクノ・シーンの未来だ。このアルバムはダンス・ミュージックの即効性と実験性が同居した革命的な曲と言っていいでしょう。是非ともこの無限のミニマル・グルーヴに身を委ねて下さい。
f0045842_3485584.jpg
さて、ちょっと聴いてみたいという人にはコチラを。リカルド・ヴィラロボスのDJ Setの一部がココでダウンロード出来ます(左上に出てくるボックスにアルファベットを入力して下さい)。前半の15分くらいまでが今回紹介した「Fizheuer Zieheuer」です。是非一聴を!
[PR]
by Blacksmoker | 2007-01-28 03:54 | TECHNO

JEFF MILLS [One Man Spaceship]

ジェフ・ミルズはテクノの現状に非常に怒っている。

インタビューではエレクトロニック・ミュージック・シーンの発展の無さに怒り、また現在のDJ達の向上心の無さも嘆いている。「現状に甘えているDJが多すぎる。客の要求に応えてばかりではいけない」―ジェフ・ミルズの言いたい事はそういう事だ。
f0045842_22392362.jpg
ジェフ・ミルズはテクノの先駆者としてその発展の使命を追っている。よって非常にチャレンジングな作品で我々をいつも驚かせてくれる。バスター・キートンの無声映画にサウンドトラックを付けたり、オーケストラと共演したり、アナログ7インチのみでのリリースを続けてシリーズ化したり、その活動は非常にオリジナルであり未だ誰もやったことの無い道を進んでいく。ゆえに彼の行動は常に孤独だ。怒りを抑えながら独りきりで前進する姿はまるで侍のようです。

その彼の新作「One Man Spaceship」は今のジェフ・ミルズの心情を描いたような作品です。

f0045842_2246571.jpg前作の「Contact Special」は、「外界との接触」というコンセプトに基づいたリリースされた9枚のアナログ盤7インチ・シングルの曲を集めて作られたもので、久々に充実した(ある意味開放的な)突き抜けた作品だった。

対してこの新作「One Man Spaceship」は非常に内省的。タイトルからして「一人乗りの宇宙船」。まさしく今のジェフ・ミルズの立場を端的に表す言葉としては最適だ。インナーの写真はモノクロームで大きな建築物の中で独り佇むジェフ・ミルズ。中には彼の次のような言葉が掲載されている。

One」-妥協なく結果を気にせず存在するひとつの考え。
Man」-方法論に従って計算された思考回路。冒険家。
Spaceship」-全てのフューチャリスティックなアイディア。つまりビジョンや夢を実現するという事。

時に我々はコミュニケートしようとしているその人達から完璧に孤立した状態で世界を一人で歩かなければいけない。切り離されることを選択し個人のヴィジョンによって位置づけられた目標に焦点をあてることで、創造の他の方向性を発見したり打破するための道しるべに従う幸運に恵まれる人もいるかもしれない
f0045842_2257172.jpg
まさしくこれは現在のジェフ・ミルズが見据えているヴィジョンであり、もはや留まることを美徳とは考えないアーティスティックな行動理論に基づく声明だ。そして前作とは打って変わったSFでアンビエントで、ジェフ・ミルズにしてはシンプルなサウンドは孤独と内面の力強さを見事に表現している。

人類の進歩はいつも危険を冒すことを恐れない幾ばくかの人に頼ってきた。生涯を進む道は多くの荒れ果て未完成の側面に依存している。我々は新しい道を明らかにしてもらう為に、いつもかれらを必要としている。

エレクトロ・ミュージックのパイオニアたらんとするジェフ・ミルズの気概が伝わるストイックなサウンドは最近の所謂80年代リヴァイヴァルやハウスなどとは無縁だ。一見退行しているように思えるがシンプルになった分、音の説得力が増している。
f0045842_22541940.jpg
こういうリッチー・ホウティンジェフ・ミルズのような独創的なアーティストの後をしっかり受け継ぐ人がいなければテクノ・シーンの今後の継続的発展はないのではないだろうか。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-11-13 00:01 | TECHNO

RICHIE HAWTIN [DE9: TRANSITIONS]

f0045842_16272979.jpg遂にBlogデビューです。

ここでは最近のオススメCDなどを紹介していきます。よろしくです。

さて記念すべき第1回目は年末にリリースされた画期的なレコードを紹介します。

リッチー・ホウティンの最新Mixアルバム[DE9: TRANSITIONS](CD+DVDの2枚組)。「Mixアルバム」といってもこの人の場合、世間一般でいう「Mixアルバム」とは一線を画します。曲を繋げていくMix CD的なものとは違うのです。彼の場合は100以上もの曲をそれぞれパーツに分解しそれをループさせて何層にも重ねていき全く新しい音を創り上げるのです。

そして今回画期的なのはこのアルバムがDVDでリリースされた事!!96分にも及ぶ5.1chサラウンドにミックスされた驚異のサウンドが体験が出来るのです。実際に私も5.1chサラウンド・システムで体験したのですがヤバイです!宇宙までとばされます。実際リッチー本人も今回のリリースはDVDで考えていたようで、要するにCD(74分のステレオ・ミックスが収録)はオマケ的扱いなのです。そしてDVDの映像もとても面白く出来ています。真っ黒い画面に今回使われている楽曲のアーティスト名と曲名が音に合わせてフェイドインしたりフェイドアウトしていくシンプルな(しかし非常に手間のかかった)映像なんですが、これがボーっと画面を観てるだけでも面白いんです。「おおっ、ここでCarl Craig!」とか 「この部分の繋ぎの音はPan Sonicか!」とか分かって。しかしこれを観ていたら、1つの曲が最大で6つもの違った曲のパーツのループで構成されていてそれが同時に鳴っているのが分かって驚愕します。「一体どれだけ労力かかってるんだよ?」ってカンジです。

5.1chサラウンド・システムの環境がない人でもヘッドフォンがあれば十分に体験出来ますので問題ないでしょう。この驚異の音を体験して下さい。

このほか親切にも携帯ポータブル・プレイヤー用に96分の高音質mp3データ(ステレオ・ミックス版)も収録されているのでiPodで入れて聴くことも出来るのです。従来のCDなら74分が限界なところを96分が切れ目なく収録出来るんですよ。これって凄くないですか?iPodが発売された時に感じたんですが、長時間のMix CDが切れ目なく収録出来るわけですから、例えば「ライブ盤」などを2枚組や3枚組などでリリースしているアーティストなどは、何時間のライブでも切れ目なく完全に収録出来るわけです。こうなるとCDの収録時間にとらわれることなく存分に聴くことが出来るので、リスナーのライブ盤やMix CDに対する概念も変わってくるんじゃないでしょうか?

こういったリッチーの既成概念を打ち破ろうとする姿勢にもリスペクトです。



しかしリッチー、今回の髪型はどうかと・・・


f0045842_17305439.jpg

[PR]
by Blacksmoker | 2006-01-18 17:18 | TECHNO