カテゴリ:GOSPEL( 4 )

V.A. [People Take Warning! Murder Ballads & Disaster Songs 1913 -1938]



2010年1月12日に起こったハイチ大地震。これにより20万人とも言われる死者が出ていると言われている。
f0045842_32437.jpg
その地震から11日後の1月23日に様々なミュージシャンや俳優が集まり「Hope For Haiti Now」というチャリティが行われた。その中でU2のボノジ・エッジ、そしてJay-ZリアーナによってStrandedという曲が発表され歌われた。

思えば人類は遥か昔から何度も天災や災害に見舞われ、その都度そこから立ち直ってきたわけです。そして、どの時代でもそういった状況に置かれた人々の心の支えになったのは「」でした。人々は歌う事によって苦しみや悲しみを乗り越えてきたのです。

天災や戦争や災害が起こるたびに人々は歌によって自分達を勇気付けたり、その歌から人生の教訓を学んだりしました。そしてその歌は、時代が変わっても、その時によって歌詞を変え、意味を変え、後世の人々に歌い継がれてきたのです。

例えば「Hope For Haiti Now」のコンサートでブルース・スプリングスティーンによって歌われたWe Shall Overcomeは1960年代のアメリカの黒人の公民権運動の歌だし、メアリー・J・ブライジによって歌われたHard Times Come Again No Moreは1854年に書かれた南北戦争の歌だったりします。時代は違えど、そこに内包されるメッセージは人々に勇気を与えるものなのです。

最近でも我々は様々な天災や災害を目の当たりにしています。2004年のスマトラ沖地震、2005年のハリケーン・カトリーナ、そして阪神大震災など・・・。そしてそこには必ずと言っていいほど歌が生まれています。まさしく災害の歴史は、ディザスター・ソングの歴史でもあるのです。

さて本日紹介するのは、ニューヨークのTompkins Square Recordsから2007年にリリースされた3枚組BOX「People Take Warning! Murder Ballads & Disaster Songs 1913 -1938」(下写真)。
f0045842_2304630.jpg
これは1913年から1938年の間(要するにアメリカの大恐慌時代)にリリースされたディザスター・ソングを集めたもので、さらにはタイトルにもあるようにディザスター・ソングだけではなく、その時期に起こった殺人事件の歌(マーダー・バラッド)なども収録されています。全70曲中、30曲以上がこのBOXによって初めて公開される音源だそうです。ちなみに表紙の絵は1912年のタイタニック号の沈没が描かれています。

3枚のCDは、それぞれテーマ別に分けられており、

Man V Machine ⇒事故や災害
Man V Nature ⇒自然災害
Man V Man (And Woman, Too) ⇒殺人

と、なっている。

48ページのブックレットが付いてるのですが、これが秀逸で、1曲1曲について解説や災害の詳細、さらには当時の写真などが載っています。
f0045842_239325.jpg
1曲目のタイタニック号沈没を歌ったHi Henry Brown & Charlie JordanTitanic Bluesから始まり、飛行機事故や列車事故の歌、そしてミシシッピ大洪水(下写真)、さらにはイナゴの襲来や、嵐、竜巻、堤防の決壊、大火災、干ばつ、大地震など様々なディザスター・ソングが収録されています(ちなみにタイタニック号沈没を歌った曲が5曲くらいあって、いかに当時この事が人々に衝撃を与えたのかが分かります)。
f0045842_2345185.jpg
その他にも最近の我々にも共通する話題であろうインフルエンザ大流行を歌ったElder CurryMemphis Fluなどもあります。Led Zeppelinがカヴァーしたことで有名なWhen The Leeve Breaksの元曲(Kansas Joe & Memphis Minnie)そして最後は実名入りのマーダー・バラッドが満載です(イントロダクションの文章はトム・ウェイツが担当しています)。
f0045842_2371545.gif

面白いのはその歌詞にも見受けられる。キリスト教的世界観による思考が我々日本人とはかなり異なっている。マーダー・バラッドはともかくとして、やはりディザスター・ソングなどでは「こういう災害にも負けず、立ち上がろう」という内容よりも、「これは神が我々に与えた試練なのだ」という内容のものが多い。
f0045842_2412724.jpg
昔の日本でも「他力本願」という思想があったが、これも「極楽浄土に行けないのは、仏様への祈りが足りないから」だとする考え方で、思想的には共通するものがあるかもしれません。ただひたすらに救済(Delivarance)の時を待つ無力な人々の心が聞こえてくるようです。


ブルース・スプリングスティーンがアルバム「We Shall Overcome」をリリースした時にこういう事を言っていた。

素晴らしい曲でもいつかは忘れ去られていく。新たな文脈を与えられずに忘れられていく曲もある。現代に当てはめると生き返る曲もあるのに歌われないままなんだ。歌に込められた魂や生き様を忘れたままにしたくない。
f0045842_2422846.jpg
さらに、ボブ・ディランも最近のアルバムでは、昔のブルーズのメロディや歌詞を彼なりに曲に盛り込んで伝承してしている。そこには昔の曲の中にあるメッセージを後世に伝えていこうという使命感が感じられる。ブルースディランのこの使命感は、このボックスが作られた意図とも共振するものですね。
f0045842_2431481.jpg
この「People Take Warning! Murder Ballads & Disaster Songs 1913 -1938」を聴いて、我々はこの災害から立ち上がる勇気、そして人生の教訓を学ばなければならないですね。


   
[PR]
by Blacksmoker | 2010-02-02 01:47 | GOSPEL

THE CAMPBELL BROTHERS [Can You Feel It?]

ロバート・ランドルフによって一気に注目が集まった「セイクリッド・スティール」ですが、このバンドの存在抜きにはセイクリッド・スティールは語れません。
f0045842_016186.jpg
セイクリッド・スティール」についてはロバート・ランドルフの回で触れさせてもらったが、このキャンベル・ブラザーズHouse Of God教会の中心的存在。ニューヨークのロチェスターで活動するチャック・キャンベル(ペダル・スティール)、フィリップ・キャンベル(ドラム)、ダリック・キャンベル(ラップ・スティール)の3兄弟を中心に、女性ヴォーカルもいる6人組のファミリー・グループ。「セイクリッド・スティールのゴッドファーザー」と言ってもいいだろう。
f0045842_018341.jpg
何たってまだ幼少のロバート・ランドルフ少年にスティール・ギターを買い与えたのが、チャック・キャンベルその人だったそうだ。ランドルフにとってはキャンベル・ブラザーズは頭が上がらない存在でしょう。

f0045842_0494561.jpgそんなキャンベル・ブラザーズの今のところ最新作にあたる2005年リリースの「Can You Feel It?」を紹介しましょう。これは彼らの4枚目にあたるアルバム。実はベテラン・グループでありながらまだ4枚しかアルバムを出していないんです。1stアルバムが1997年だからレコード・デビューしたのはまだまだ最近の話なんですね。

今までの3枚のアルバムはアーフリーというインディ・レーベルからのリリースでしたが、このアルバムはNYの先鋭レーベル「Ropeadope」(ローパドープ)からのリリース。この「Ropeadope」はMedeski,Martin & Woodのオルガン奏者ジョン・メデスキも運営に関わっているレーベルで、その音楽性の深さは唯一無二。DJ LogicCritters Buggin’Charlie HunterAntibaras Afrobeat OrchestraSex Mobといった所謂ルーツ音楽に傾倒したジャム・バンドが数多く所属している。このレーベルから出るレコードは殆どが素晴らしいものばかりという超優良レーベルです。The Dirty Dozen Brass Bandもいたりします。

そしてもちろんプロデュースは前述のジョン・メデスキ(左写真)。彼が90年f0045842_051017.jpg代に入って「セイクリッド・スティール」を広めた張本人と言ってもいいが、彼がこのスティール・ギターの音に最初に衝撃を受けたのがこのキャンベル・ブラザーズだったという。彼がセイクリッド・スティールのミュージシャンを集めたアルバム「None but the righteous:the masters of sacred」(2002年)にも、もちろんキャンベル・ブラザーズの曲が3曲取り上げられています。

さてこのアルバムですが、今までのキャンベル・ブラザーズの泥臭いサウンドからは一転して非常に洗練されたというかスッキリしたサウンドになってて、初めての人にも思いっきり入って行きやすい入門アルバムとしても十分オススメできますね。アルバム・ジャケットのポップなカンジもカッコイイ!

そしてファンク度の高いベースに小気味良くカッティングされるギター、そして2台のスティール・ギターがウネリを上げてドライブするこのサウンドはやっぱクセになります。
f0045842_0303451.jpg
とにかく元気でファンキーなゴスペル。インスト中心ながら女性ヴォーカル、デニス・ブラウンのソウルの目一杯詰まった歌声も非常に良い。「Amazing Grace」や「Don’t Let Nobody Turn You Around」といった有名ゴスペル・スタンダードも収録されているし、サム・クックの「A Change Is Gonna Come」のインスト・カヴァーも見事な出来(今年はLeela Jamesもデビュー・アルバムでこの曲を取り上げていましたね。アメリカ人には人気の高い曲なのかな?)。スティール・ギターがヴォーカルのごとく見事に歌い上げています。
f0045842_0533294.jpg
ヴォーカル曲も上手い具合に配置されていてアルバム全体の飽きさせない構成も見事です。後半のレイドバックしたユルいグルーヴが最高の気持ち良さです。弟子であるロバート・ランドルフが大活躍する中、真打ちも負けてませんね。エネルギッシュなオヤジ達のファンキーなパワーに圧倒されますよ。

f0045842_0555390.jpg彼らのパワフルなライブ映像は「Bonnaroo Music Festival 2002」(右写真)のDVDで観れますので是非ともチェックして下さい(ちなみにこのDVDは日本ではほとんど観られない素晴らしいアクトばかり観れますので超オススメ)。彼らの音でヒッピーな若者達が踊っている姿が面白いです。

ロバート・ランドルフが好きな人は絶対チェックして下さい!
[PR]
by Blacksmoker | 2006-12-21 01:07 | GOSPEL

ROBERT RANDOLPH & THE FAMILY BAND [Colorblind]

セイクリッド・スティール」って知ってますか?

Sacred Steel=「聖なるスティール・ギター」。これはゴスペル音楽の一つの形態です。約100年以上前からあるアメリカのキリスト教の一派、テネシー州のHouse Of God教会から分かれた宗派によって生み出されたパイプ・オルガンの代わりにペダル・スティール・ギターを使うロックなゴスペルだ。これは1930年代に生まれたとされている(下写真の左の人が演奏してるのがスティール・ギター)。
f0045842_21585897.jpg
以降アメリカ南部ではひっそりと演奏され続けていて、1990年代にフロリダで民俗学者によって再発見されるまではほとんど脚光を浴びることはなかった。
f0045842_220324.jpg
そして1997年に一枚のレコード「None but the Righteous: The Masters of Sacred Steel」がリリースされる。それはf0045842_2153212.jpgこのセイクリッド・スティールのアーティストを集めた編集盤でこれを監修したのがジョン・メデスキメデスキ・マーティン&ウッドの奇才オルガン・プレイヤーだ。セイクリッド・スティールの音に魅せられたジョン・メデスキはこの音を世界に紹介したのです。これが世界中で反響を呼びセイクリッド・スティールはかなりのファンを獲得することになる。

そして現代のゴスペル界において、このセイクリッド・スティールの代表的アーティストといえばロバート・ランドルフだろう。ゴスペル界だけでなくロック界をも股に掛けて活躍する1978年生まれの若きギタリストだ。彼の母親はHouse Of God教会の牧師だそうで16歳f0045842_2242863.jpgからセイクリッド・スティール奏者として活躍してきたツワモノ。その彼が兄弟と従兄弟と結成したバンドがロバート・ランドルフ&ザ・ファミリー・バンドだ。しかもセイクリッド・スティールは彼専用に13弦に改造され足元には様々なペダルが装備され彼にしか使えない仕様になっているそうです。映像とか観ると足の太ももでペダルを操作したりしていて、どうやって演奏しているか分かりません。

彼らの音楽はゴスペルを基盤にしながらもセイクリッド・ギターがギンギンに炸裂するハードなロック・サウンドなのが特徴です。ヒーリングとしてのゴスペルを期待する人の度肝を抜くドライヴィングなロックです。ロバート・ランドルフがステージ上で暴れまくるライブも圧巻です。
f0045842_2285110.jpg
今までに2枚のアルバムをリリースしているが、1枚目は何とライブ・アルバム!これは自主でリリースしていたものであまりの人気で急遽メジャーの配給でリリースされる事になった作品で、ライブ・バンドの実力を十分に伝えるアルバムです(このライブ盤が先に話題になるという現象はマティスヤフも踏襲していますね)。2作目(スタジオ録音盤としては1作目)では「I Need More Love」が大ヒットしました。

f0045842_22172788.jpgさてそのロバート・ランドルフ&ザ・ファミリー・バンドの3枚目となる新作(スタジオ盤としては2作目)「Colorblind」がかなり良いです。スティール・ギターが炸裂するロックでファンクなゴスペルという基本路線は変わりないが、ここ数年で様々なアーティストと共演しさらに実力を付け、人脈を広げてきた成果が反映されたアルバムです。

1曲目からどファンクなゴスペル・サウンド!もう体の芯から突き動かされるようなゴキゲンなゴスペルが炸裂します。ベースもチョッパーでビンビンいってます。そしてロバート・ランドルフのスティール・ギターはもはやジミ・ヘンドリックスデュエイン・オールマンと比較されても遜色ない暴れぶり!全編に渡ってまるで生き物のようにスティール・ギターの鳴き声が響き渡ります。もはやデレク・トラックスらと共に現代を代表するギタリストですね。熱すぎです。

そして何と言っても話題なのは、ゲストにエリック・クラプトンデイヴ・マシューズ・バンドが参加しております!

f0045842_22294141.jpgオヤジ・ファンにも是非聴いて欲しいエリック・クラプトン参加の「Jesus Is Just Alright」!冒頭からドライヴして疾走するスティール・ギターとクラプトンの歪んだギター!ブレイクで「Jesus~♪」と入ってくるクラプトンの擦れた歌声、最後に暴れるまくるランドルフのスティール・ギターにクラプトンが「何だこのこわっぱが!」とばかりに負けじと炸裂させるギターの絡みは笑えるほど凄いですよ。やはりこの元ヘロイン中毒のオッサン、侮れませんね。いよいよ来週に迫った来日公演、誰かチケット下さい!

f0045842_22331361.jpgそしてデイヴ・マシューズ・バンドからデイブ・マシューズとトランペットのラショーンとサックスのリロイが参加した「Love Is The Only Way」も非常にポップなゴスペル・ロック。高揚感を煽ります。最近色々と課外活動の多いデイヴ・マシューズですが、やはり彼の声はほんとに良いですね~。ジュラシック5との共演曲も良かったが、今回も良い仕事してますね。


Stronger」ではリーラ・ジェイムス(下写真)を迎えてのゴスペル・バラード。このリーラ・ジェイムスは2005年に素晴らしいアルバム「A Change Is Gonna Come」でデビューした驚異のR&Bシンガー。リーラのハスキーな声とロバート・ランドルフのブルージーな声のデュエットにスライド・ギターのエモーショナルなメロディが染みますね。
f0045842_22453110.jpg
歌詞は全てゴスペル・マナーに沿ったポジティヴなものばかりなので非常に爽快。ロックな曲では高揚感たっぷりに、バラードでは情感たっぷりに演奏されるゴスペルはとても楽しいです。オルガンを使ったゴスペルとはまた違ったロックなゴスペルの魅力を是非聴いてみて下さい。そして一日も早く彼らのライブが体験出来る日を楽しみに待ちましょう。

ちなみに前述したジョン・メデスキロバート・ランドルフは、ノース・ミシシッピ・オールスターズと共にTHE WORDというゴスペル・ユニットを結成しており2001年にアルバム(右写真)もリリースf0045842_2252389.jpgしています。ロバート・ランドルフのスティール・ギターを前面に出したインストゥルメンタル・アルバムなんだが、まるでスティール・ギターがボーカルをとっているような錯覚をしてしまうほど歌っていますオールマン・ブラザーズ・バンドをもっとルーツ寄りにしたようなめちゃくちゃ良いアルバムなのでこちらも合わせてチェックして下さい。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-11-10 00:01 | GOSPEL

KIRK FRANKLIN [Hero]

まず始めに言っておくと、私は「コンテンポラリー・ゴスペル」というジャンルには全く疎いです。知ってる名前と言えばヨランダ・アダムスくらい…。

そしてこのカーク・フランクリンについても詳しくは知りませんでした。昔MTVでカーク・フランクリンU2ボノと一緒にやってたPVを観たf0045842_17394585.jpgことがあって何となく印象に残っているくらい。しかし、このカーク・フランクリンの新作「Hero」(右写真)は何とビルボードの全米ゴスペル・チャートで26週連続No.1というモンスター・ヒットを記録したという凄いアルバムです。半年間もチャートの1位に君臨したというのは、このアルバムが凄いのか?それとも他が弱いのか?とにかく非常に気になっていたアルバムなので聴いてみました。

まずこのカーク・フランクリンとはどんな人なのか?

1970年生まれの36歳。テキサス出身です。母親に捨てられ、父親f0045842_17445634.jpgも知らないまま厳格な叔母に育てられ、早熟な才能ゆえすぐに頭角を現し11歳でゴスペル聖歌隊を率いていたそうです。そして1993年にカーク・フランクリン&ザ・ファミリー名義でデビューし大ヒット、その後も97年、98年、02年とアルバムをリリースしていずれも大ヒットさせているそうだ。98年の「The Nu Nation Project」はボノメアリ・J・ブライジR.ケリーなども参加していますね。

さて、この4年振りの新作(私にとっては初めてのアルバム)、イントロから子供達の聖歌隊によるアカペラ「America The Beautiful」でスタート。続く2曲目「Looking For You」は意表を突いて70年代ディスコ・ビート。なんじゃこりゃ?そして、このアッパーなディスコ・ビートにクワイヤのコーラスが神への忠誠を歌い上げる。カーク・フランクリン自身の歌がいつ入ってくるのかを待ってても、「Come On!」とか言ってるだけで全然入ってこない。聖歌隊のバックで煽ってるだけなんですね。しかもスクラッチもビシビシ入ってくるし、何か想像したイメージと全然違いましたね。結構アーバンで洗練された感じです。

2曲目「Hero」は美しいピアノに先導されコーラス隊が歌い上げまくる。ここでもカーク・フランクリンは再び煽り役。この曲はドリンダ・クラーク・コールというゴスペル・シンガーを迎えて荘厳でパワフルなゴスペルを聴かせてくれる。歌詞も「辛い時もあなたがいたから救われた。あなたは私のヒーローだ」という幸福&降服度100%なスピリチュアル。なかなか良いです。この曲も洗練されています。
f0045842_17461836.jpg
しかし、これがゴスペルなんですね。想像していたゴスペルとは全然違ってて驚きです。もはやR&BやHIP HOPともリンクする音楽性です。カーク・フランクリンを聴いた人たちは、次にメアリー・J・ブライジJAY-Zは聴くかもしれないが、Blind Boys Of Mississippiやら50年代ゴスペルには絶対に行かないでしょう。それほどにアーバンな感じなんです。

Let It Go」でやっとカーク自身の声が聴ける。でもこれは神への懺悔の曲でカークは自分の半生を語っているだけですね。ティアーズ・フォー・フィアーズの大ヒット曲「Shout」のサビをまんま使い。懐かし~。「母親は4歳で俺を見捨てた。体は傷つけはしなかったが俺の魂を殺した」「父親は今強姦罪で捕まって刑務所にいる」「妹もクラックに手を出して13年ムショ暮らしだった」「17歳の頃女を孕ましてしまった」とか、かなりシリアスなナンバーです。最後には「神よ、俺の息子はまっとうな人間にしてくれ」と懇願しています。

全曲紹介すると長くなるので割愛しますが、美しく印象的なピアノのアルペジオに導かれる「Imagine Me」はこのアルバムのハイライトと言っていい素晴らしいスピリチュアル・ソング。この他にもアース、ウィンド&ファイヤーばりのナンバーや、ジョージ・クリントン的なPファンク・ナンバーもあるし、アコースティック・ギターとバイオリンをバックに歌われるゴスペルもある。全曲いろいろ趣向が違ってて実にバラエティーに富んだアルバムですね。最終曲ではカニエ・ウェストばりのソウル・ネタの早回しサンプリング使いです。
f0045842_17503441.jpg
ゲスト陣も豪華でスティーヴィ・ワンダー御大を迎えた強力ナンバーや、ヨランダ・アダムスを迎えてアカペラ・ナンバーもある。最初はかなり意表を突いて戸惑ったけど、聴く度にどんどんハマるアルバムですね。結構好きになりましたよ。カーク・フランクリンの歌声もソウルフルで良かったです。

最後に日本盤はボーナス・ディスク付きで、カーク・フランクリンと日本のゴスペラーズがコラボレーションした曲が聴けます。これはカークの前々作に収録されている「Lean On Me」という曲をゴスペラーズが新たにレコーディングしたナンバーにカークの煽りで参加していて、これが意外に素晴らしいので驚き。ゴスペラーズって初めてまともに聴いたんですが良いですね。是非日本盤でチェックして下さい。

ソウルやR&B好きな人は是非とも聴いておくべきアルバムです。オフィシャル・サイトも凝ったつくりで良いカンジです。「Imagine Me」が視聴出来ますよ。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-09-21 00:03 | GOSPEL