カテゴリ:2006年総括( 2 )

2006年の10曲。

おけましておめでとうございます!今年も当ブログをよろしくお願い致します。

とか言いつつも、「2006年の総括」の続きです・・・。

<2006年の10曲>

■第1位
志人「Yellow Submarine」
f0045842_17492282.jpg

降神の志人のソロ曲。今年はこの曲を一番聴きました。ピアノによる童話的なトラックに歌うようにライミングする志人のメルヘンで多角的なリリックが聴く度に何度も新たな意味を持って聞こえます。現在の志人のスタイルの最新型。アマガエルに甘い歌を捧げよう。

■第2位
SHINGO☆西成「ゲットーの歌です」
f0045842_1750963.jpg
エヴィス・ビーツのトラックが印象的だが、それを上回る日本のゲットー「西成」の臭いが詰まったリリックが強烈でした。ゲットー・クラシック!

■第3位
GYPTIAN「Mama」
f0045842_17523612.jpg
母親賛歌。レゲエの枠を超えた名曲。

■第4位
ALLY KERR「The Sore Sort Song」
f0045842_17532033.jpg
グラスゴー出身のSSW。
f0045842_17535891.jpg
今年映像化された「蟲師」の主題歌。ハマリすぎてましたね。

■第5位
PUSHIM「I Pray」
f0045842_17541997.jpg

今年はDJの時に一番お世話になりましたね。もはや女王の風格の1曲。

■第6位
JURASSIC 5「End Up Like This」
f0045842_1754452.jpg
ソウルフルで心地良いトラックに、少し哀しげな4MCの堂々としたラップの乗る傑曲。結婚式とかにも合いそうな曲です。

■第7位
OK GO「Here It Goes Again」
f0045842_1756795.jpg

これは言葉で説明するより、ココを観てもらえれば分かると思います。最高です!今年のベストPV。しかもイイ曲です。

■第8位
OLLABELLE「Dream The Fall」
f0045842_17565266.jpg
アルバムも派手さはないが地味に素晴らしい名曲ばかりでした。ザ・バンドの現代版。

■第9位
SMRYTRPS「Beatniks」
f0045842_17571372.jpg
ポピュラリティが身に付いたのが良かった。メテオは相変わらずヤバイ。

■第10位
GOMEZ「See The World」
f0045842_17573732.jpg
このバンドって日本じゃ無視されてるよなぁ・・・。勿体ない。最新アルバムも素晴らしい。そのアルバムからの珠玉の1曲。


こんなカンジで2006年は終了です!
[PR]
by Blacksmoker | 2007-01-01 18:03 | 2006年総括

2006年の10枚。

2006年も最後になりました。今年の総括です。

2006年の10枚」を選んでみました。


■第1位
HANK WILLIAMS Ⅲ「Straight To Hell」
f0045842_238934.jpg
ダントツの1位。本物のアウトロー・ミュージック。
f0045842_2383873.jpg
レジェンドである爺さんの名に恥じないヒルビリーぶり。2枚組になっていて、Disc2では40分以上に及ぶ弾き語りとサウンド・コラージュが収録されているが、これが悪魔に魂を売ったとしか思えない怖ろしいカントリー。
f0045842_2395760.jpg


■第2位
KEB’ MO’「Suitcase」
f0045842_23513562.jpg
現代のロバート・ジョンソン。現代のブルースの真髄が感じられる1枚。しかも非常に聴きやすいです。
f0045842_23523155.jpg



■第3位
MSC「新宿Street Life」
f0045842_23525623.jpg
トラックがより音楽的に、リリックも更に深くなった傑作。O2が更に狂っているが、無骨なGOが個人的には好き。
f0045842_23532324.jpg


■第4位
OJOS DE BRUJO「Techeri」
f0045842_073854.jpg
バルセロナ発のミクスチャー・バンドの3作目。折衷感覚がかなり優れています。

■第5位
RICHIE HAWTIN「DE9 : Transitions」
f0045842_08385.jpg
DJミュージックの新たな可能性を追求した偉大な力作。気の遠くなるような努力の結晶です。フォーマットがDVDなので是非5.1chで体験して欲しいです。

■第6位
NATURAL BLACK「Far From Reality」
f0045842_082569.jpg
若手ルーツ系ラスタ・シンガーのデビュー・アルバム。熱いメッセージと張りのある歌声が爽快。勢いが漲っています。

■第7位
THE MELVINS「A Senile Animal」
f0045842_085425.jpg
重鎮が本気を出した超強力盤。サウンドの重さもハンパないが、コーラス・ワークに凝っていて歌も面白い。

■第8位
FAITHLESS「To All New Arrivals」
f0045842_091676.jpg
器用なバンドです。様々なジャンルを昇華させて、なおかつオリジナリティを放つ新作。マキシ・ジャズのリリックが崇高です。

■第9位
YONDER MOUNTAIN STRING BAND「Yonder Mountain String Band」
f0045842_093670.jpg
ブルーグラス界の人気者による勝負作。ドラムも取り入れてロック・フィールドにも挑戦しています。凄い技術をさらっと聴かせているのも凄いです。

■第10位
MARISA MONTE「Universo ao meu redor」
f0045842_095744.jpg
ブラジル音楽界の女王による2枚の大作。これはストリート感を出した方のアルバム。マリオ・カルダートJr.のセンスも見逃せません。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-12-31 00:16 | 2006年総括