<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

RY COODER [I, Flathead]


f0045842_0412624.jpg前作「My Name Is Buddy」の中の1曲Three Chords And The Truthという曲の中に、とあるバーで演奏する架空のバンドが登場する。そのバンドの名はキャッシュ・バック&ザ・クラウンズ

ライ・クーダーの新作「I, Flathead」はサブ・タイトルに「Songs Of Kash Buk & The Klowns」とあるように、そのキャッシュ・バック&ザ・クラウンズが主人公の物語。そしてこれはライ・クーダー初の長編小説のサウンドトラック盤でもあります(日本盤は残念ながらCD盤のみですが、輸入盤にはその100ページにも及ぶ小説が付いた限定盤も出ています)。

しかし最近のライ・クーダーの作品というのは本当に毎回面白いものばかりだ(特にNonesuchからの作品が個人的には好きです。メイヴィス・ステイプルズの素晴らしい作品「We’ll Never Turn Back」も忘れてはいけない!)。そして今作も非常に面白く素晴らしいアルバムです。
f0045842_044342.jpg
前作「My Name Is Buddy」は30年代~50年代のカリフォルニアを舞台に一匹の猫と一匹のカエルが旅をする物語で、擬人化された彼らの左翼的な目線で、今は失われてしまったもの(労働組合や公民権運動などなど)を回顧する内容だったし、前々作「Chavez Ravine」はこれまた今は存在しないカリフォルニアのチカーノ・コミュニティを音楽的に描いた内容だった。いずれも共通してしるのは今は亡き失われた「カリフォルニア」というものを作品の中で甦らせている事だ。今作はライ・クーダー曰く、その前々作と前作に続く「カリフォルニア3部作の最終章」という位置付けの作品だそうだ。
f0045842_050188.jpg
今回の新作「I, Flathead」の舞台となるのは50年代のカリフォルニア。カントリー/ホンキー・トンクが全盛の時代。つまりライ・クーダー自身が育った時代のカリフォルニアだ。そして主人公であるキャッシュ・バックはホットロッド・レーサーでもあるという設定。ホンキー・トンクやホットロッド・レーシングなど今はもうカリフォルニアにはほとんど存在しないものばかりだ。カリフォルニアに育ったライ・クーダーの郷愁が描かれている。

演奏はもうライ・クーダーのアルバムには欠かせないドラマーのジム・ケルトナー、そしてライの息子のホアキン・クーダー、そしてレネ・カマロなどお馴染みの面子。キャッシュ・バック&ザ・クラウンズ自体が3人組という設定なので各曲の演奏メンバーも最小限の人数によるシンプルな演奏に抑えられている。そこにホーンやアコーディオンが華を添え、当時の時代を再現しています。

歌詞は小説の内容に沿って書かれているため、小説を読めばより楽しめるだろうが、それなしでも十分に楽しめる。

ライ・クーダーの曲の歌詞には色々と実名(時には変名)で、偉大なミュージシャン達が良くでてきます。しかもそれがまた全然知らない名前だったりして、なかなか勉強させられる事が多い。今f0045842_0471549.jpg回もSteel Guitar Heavenという曲では、カントリーの偉人達の名が連なるが、全く聴いたことない名前ばかり・・・(ホアキン・マーフィージミー・デイスピーディ・ウェストポール・ビクスピーなど)。正直私はスペード・クーリー(左写真)くらいしか分かりませんでした。まだまだ知らない事が多いです。色々と聴いてみたくなりましたね。

そして前作「My Name Is Buddy」では、そのものズバリのHank Williamsという曲がありましたが、今回のアルバムにもその名もズバリJohnny Cashという曲があります。アップなホンキー・トンクに乗ってジョニー・キャッシュ(右写真)のf0045842_0481490.jpg曲や歌詞の一節を盛り込んでジョニー・キャッシュが活躍した時代に子供時代を過ごした自分を振り返ります。コーラスはジョニー・キャッシュのデビュー曲Hey Porterの一節を引用。この他にも映画「Walk The Line」でも取り上げられていたFolsom Prison Bluesの中の「俺はリノで男を撃った」という一節も登場します。ラジオにしがみついて聴いていたという歌詞からみて、これはキャッシュ・バックという男の視線を借りたライ・クーダー自身の回顧録ですね。
f0045842_0534043.jpg
個人的に大好きなのが5000 Country Music Songs。結婚して田舎のトレーラーハウスの中で生活しながらスターになる事を夢見てナッシュビルに曲を送り続けるキャッシュ・バック。それでもうだつのあがらないキャッシュ・バックが「俺に残ったのは5000曲のカントリー・ミュージックだけだ」と歌います。途中で奥さんが出てきて「あなたの歌が聴きたい」というくだりがありますが、最後まで曲を聴くとその奥さんはもうキャッシュ・バックの元にはいない事が分かります。亡くなったのか捨てられたのか分からないですが、とても物悲しくも素敵な1曲です。
f0045842_0545654.jpg
人種を超えたフィリピン人の娘との恋によって周囲の人たちから白い目で見られるFilipino Dancehall Girl、ホットロッド・カーの修理代が払えなくなって、金を稼ぐためにレコーディングするというFernando Sezなど、もはやキャッシュ・バックという架空の人物ではなくライ・クーダー本人の体験談も入っているような気もしますね。

そしてアルバムの最後を飾るLittle Trona Girlでヴォーカルをとf0045842_059396.jpgJuliette Commagere(左写真)の可愛くも切ない歌声。失われたカリフォルニアを題材にしたこの3部作を締めくくるに相応しいですね。ちなみに彼女は、ライの息子ホアキン・クーダーがドラムを務めるバンドHello Strangerのボーカリスト。彼女は前々作「Chavez Ravine」の中の曲El UFO Cayóにも参加していましたね。その他にも、このHello Strangerというバンドは、ライ・クーダーが手掛けた映画「My Blueberry Nights」のサントラ盤にも収録されていてこれもとても良い曲なので気になった人はチェックしてみて下さい。

ここ数年はまるで自分の人生を振り返るような活動をしているライ・クーダー。個人的には彼が人生を振り返れば振り返るほど、私自身まだまだ知らないアーティストを知ることが出来る。
f0045842_0574794.jpg
ライにはもっともっと素晴らしいアーティストを教えてもらいたいものです。
[PR]
by Blacksmoker | 2008-08-27 00:13 | COUNTRY / BLUEGRASS

DANIEL LANOIS [Here Is What Is] 


ブライアン・イーノダニエル・ラノワ。この2人の手掛ける作品はこだわり抜いた録音ゆえに、最高の音響システムで聴くとその効果は絶大だ。特に低音へのこだわりは驚異的で、パソコンなどのショボいスピーカーで聴くと必ず音が割れてしまう。

f0045842_2214288.jpg今回紹介するのは、そのダニエル・ラノワの新作「Here Is What Is」。彼はブライアン・イーノによって発掘された人だが、そもそもプロデューサーとしての仕事が有名(もちろんU2ピーター・ゲイブリエルボブ・ディランなどなど)で、自身のソロ・アルバムは非常に寡作な人。1989年の「Acadie」から現在までに僅か4枚しかソロ・アルバムをリリースしていないが3作目となる「Shine」(前作より10年振りのリリース)、そして次のインストゥルメンタル・アルバム「Belladonna」など、どれも素晴らしいアルバムだと断言出来る。

そんなダニエル・ラノワの5作目となる新作「Here Is What Is」は、彼のソロ・アルバムの中でも個人的には「Shine」と並ぶ傑作だと言えるでしょう。
f0045842_21575212.jpg
ただ今回の新作は純粋なアルバムというよりは、サウンドトラック盤としての作品。これは「Here Is What Is」という映画のサウンドトラックで、その内容は、ダニエル・ラノワのレコーディング風景を記録したドキュメンタリーだそうだ(現在モロッコで新作を製作中のU2とのレコーディング風景もあるみたいです)。

その為か、映画の中で使用されてると思われるセリフ(ブライアン・イーノとの会話)や、アンビエントな小曲、その他にもインストゥルメンタル曲などが挟まれる構成になっている。映画を観ればこのアルバムがより理解出来るのかもしれないが、未見だとしても充分に感動できる。
f0045842_2234350.jpg
イーノのソロ作品が非常にイギリス的なのに対して、ダニエル・ラノワのソロ作品はアメリカン・ルーツ音楽への傾倒がより顕著だ。それはやはり彼の出自がカナダという事がその理由だろう(ラノワはケベック州出身)。ザ・バンドにせよニール・ヤングにせよカナダ人のアメリカ音楽への傾倒はアメリカ人のそれよりも深いというのはとても興味深いですね。

f0045842_2254087.jpg自身の弾くペダル・スティール・ギター(ジャケットにも写っている)を全面的にフィーチャーした古き良きアメリカ音楽の面影を感じさせる美しい楽曲にダニエル・ラノワの味わいのある枯れた歌声が乗る素敵なアルバムです(この人の声は高音の出も素晴らしいです)。ラノワも前々作の「Shine」では、多重録音のダブル・ヴォーカルというスタイルを多用していたが、今回のアルバムではよりストレートにヴォーカルを聴かせる作りになっている。

アメリカン・ルーツ音楽といっても、カントリーだけでなくLovechildのようにジャズ・ピアノを前面に出した美しい曲もあるし、ブライアン・ブレイドの父親のブラディ・ブレイド牧師をヴォーカルに迎えたThis May Be The Last Timeや、ハモンド・オルガンを使って聖歌隊が歌うJoyなどのゴスペル・ナンバー、そしてラテン・ジャズを思わせるLuna Sambaなどかなりその楽曲の揺れ幅は多彩。
f0045842_22235240.jpg
そしてラノワがプロデュースしグラミー賞も獲得したエミルー・ハリスの1995年のアルバム「Wrecking Ball」に収録されているWhere Will I Be?ラノワ自身のヴォーカルで再録されていて注目です。

この作品はダニエル・ラノワという人間の音楽的深さを感じさせると同時に、音から人情深さというものが滲み出ているような気がします。彼の作品にはもはやお馴染みのドラマー、ブライアン・ブレイド、そしてザ・バンドガース・ハドソン、そしてブライアン・イーノ(下写真右)といった凄腕ミュージシャンが挙って参加しているが、あまりそんな事を意識させないとってもやさしく人間的なアルバムですね。
f0045842_22252354.jpg
でも、その音作りはじっくり聴くと、様々な音が使われ、同じ楽器の音でも微妙に左右のスピーカーに分離されていたりと、とんでもなく作り込まれていて凄いんですけどね・・・。

ではYoutubeの貼り付けが出来るようになったのでこの映画「Here Is What Is」のトレイラーをご覧下さい。


 
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-08-22 00:25 | ROCK

ARLINDO CRUZ [Sambista Perfeito]


f0045842_83593.jpg最近のブラジルの音楽シーンを席巻している「新しいサンバ」。オルケストラ・インペリアルや、ホベルタ・サーホドリーゴ・マラニャオンなど若きサンビスタ達が随分と活躍しているが、このベテラン・サンビスタの本気のアルバムを聴けばまだまだサンバは奥深く底知れない魅力に満ちた音楽だという事を実感させられる。これは文句なしに2008年のブラジル・サンバの最高傑作だ。

アルリンド・クルース、実に5年振りの新作のタイトルはズバリ「Sambista Perfeito」完璧なサンビスタ)。そう名付けた本人は以外にも謙遜しているようだが、アルリンド・クルースこそ名実共にこの言葉がふさわしい。
f0045842_881322.jpg
カシーキ・ジ・ハモス」、そして「フンド・ヂ・キンタル」という名門サンバ・チームから独立し、ソンブリーニャとのデュオでの活動を経てソロ・アーティストとしての道を進むアルリンド・クルース。現在49歳。彼こそは昨今のサンバの新しい潮流と過去の偉大なるサンバの源流を繋ぐ存在だ。そしてこのアルバム、はっきり言って凄い。圧倒されるほかない。もう地力の違いを見せ付けられた気がするほどだ。今が彼の最も乗っている時期なのは間違いない。
f0045842_810181.jpg
さらにこの新作は新旧サンバのアーティスト達が随所に登場し、世代を超えたミュージシャンが最高のサンバを奏でるという点において非常に意義のある作品でもある。

おそらくアルバム中で最も注目されるのはエリス・レジーナf0045842_815538.jpgマリア・ヒタ(左写真)を迎えデュエットするO que e o amorだろう。この曲はアルバムの中でも一服の清涼感を感じさせる曲で2人の歌の掛け合いがどんどん白熱し大合唱になっていきます。さらにはサンバとヒップホップを融合し独自の路線を進むマルセロ D2を迎え、彼のラップが鋭く切り込むO Brasil e isso aiなど新しい世代との共演も非常に面白いが、それ以上にマウロ・ヂニスとの絶品のサンバで故郷を歌うMeu Lugar、ほかにもゼカ・パゴヂーニョや「フンド・ヂ・キンタル」の重鎮セハーノ、そしてシャンヂ・ヂ・ピラレスグルーポ・ヘヴェラサォンなど偉大なるサンビスタとの共演が見逃せません。どの曲もソロ・パートから始まり、中盤から徐々に熱を帯びてきて最終的には全員で大合唱となる曲展開はもう最高の一言。

自身の作品だけでなく、他にも様々なアーティスト達に曲を提供するアルリンドだけあって(昨年マリア・ヒタがリリースしたサンバ・アルバム「Samba Meu」も収録曲中6曲がアルリンドの作曲でした)、その曲作りに関しても比類なき才能を見せ付けます。絶品のメロディ、そして美しいハーモニーなど完璧ですね。
f0045842_8174856.jpg
本物のサンビスタによる極上のサンバを堪能できる素晴らしき一枚。今年のブラジル音楽界はこのアルリンド・クルース「Sambista Perfeito」なしには語れないですよ。
  
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-08-18 07:53 | ブラジル

THE JAZZINVADERS [Blow!]


f0045842_13321846.jpgこの「Blow!」というタイトル。日本語で言うと「吹くぞ!」的なニュアンスだろうが、個人的には「吹きまくり!」と訳したほうがピッタリ来ますね。以前に「現在のジャズ・シーンを牽引しているのはイタリアだ」と言いましたが、オランダも負けてない。そんなオランダのザ・ジャズインヴェイダーズの2ndアルバムは最高にクールで踊れる極上のハードバップ・ラテン・ジャズに仕上がっている。

オランダの新興Jazzレーベル「Social Beats」を主宰するフィル・マーティン率いるこのザ・ジャズインヴェイダーズ
f0045842_13345079.jpg
2006年に「Up & Out」でデビューした時はジェラルド・フリジーナハイ・ファイヴ・クインテットなどのクラブ・ジャズの系譜のバンドの一つとして捉えていたが、2年振りとなるこの新作「Blow!」において更なるスケールアップを遂げ完全にオリジナリティ持ったジャズ・バンドとなったと言っていいだろう。

「Blow!」というタイトルに偽りなしのハードバップ・スタイルでアルバム全編トバしまくるのですが、それだけに終わらないのがこの新作の成果だ。まずは前作にも参加していた女性シンガーのリンダ・ブローエムハード(下写真中央)が正式メンバーとして迎えられているのが大きい。
f0045842_1336917.jpg
Idea 6に正式加入した女性シンガーのフランチェスカ・ソルティーノの成功例もあるように、女性シンガーを迎えることにより各曲がより際立ち、曲としてのインパクトも大きくなる(更にライヴではその役目は重要になる)。そのリンダ・ブローエムハードのキュートな歌声が楽曲に新たな躍動感をもたらしている。リンダ以外にもゲスト・ヴォーカルを迎え各曲を彩っていますね。

そして更に驚かされるのが今回のアルバムはとにかく楽曲の質が高い!ヴォーカルの入っていない曲でもかなりの躍動感を持ったハードバップなラテン・ジャズ・ナンバーが最高にカッコイイ。その他にも耳を惹くメロディを持った際立つ楽曲が満載だ。曲を手掛けるのは、このバンドのリーダーでもあるフィル・マーティン(下写真)。彼のセンスが光っています。
f0045842_13372420.jpg
彼の主宰するレーベル「Social Beats」が送り出す作品は素晴らしいものばかりで、これから要注目のレーベルです。

1曲目のThe Sun In Motionから驚異的なかっこ良さ!ラテン・パーカッションの連打からスタートしピアノのメインフレーズが被さり、更にそのフレーズをトランペット&サックスが被せてくるオープニング。これだけでも数あるクラブ・ジャズ・バンドの中でも最高峰とも言えるかっこ良さ。ラテンのリズムと流麗なピアノ、そして感情を昂ぶらせるハードバップの響き。この曲だけでも充分に購入に値するアルバムだ。
f0045842_13375176.jpg
この後も緩急使い分けた楽曲でアルバム全体を全く飽きさせる事がない。ハードバップで押しまくる曲もあればモーダル・ジャズのようなスピリチュアルな雰囲気を持った曲もある。ラストのWhat The Bleepなんかはソウル/R&B的なヴォーカルをフィーチャーしたラテン・ジャズで新境地を見せます。ヴォーカル曲が非常にキャッチーで親しみやすいのは個人的には大賛成ですね。
f0045842_1338366.jpg
最近は「クラブ・ジャズ」というものの是非が議論されているみたいですが、そんなのは聴いた人がそれぞれで判断すれば良いと思うし、この素晴らしい新作「Blow!」の前には不毛な議論と言えるだろう。

是非ともBlowされまくって下さい。
 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-08-13 13:02 | JAZZ

SIERRA HULL & HIGHWAY 111 @ 宝塚ブルーグラス・フェスティヴァル 8/2(土) 2008


アリソン・クラウスRounderよりデビューしたのが1987年。
f0045842_12563399.jpg
その時彼女はまだ16歳。いまやアメリカで最も有名なブルーグラス・アーティストとなったアリソン・クラウス(昨年リリースされたロバート・プラントとの競演アルバム「Raising Sand」も素晴らしかったですね)ですが、その彼女の後継者とも言うべき恐るべき才能が今年メジャー・デビューを果たしました。

その名はシエラ・ハル
f0045842_12583332.jpg
アリソン・クラウスがデビューした年齢と同じ16歳。しかも、これまたアリソン・クラウスと同じRounderからのリリースというのは何か因縁めいたものを感じますが、当のアリソン自体もシエラ・ハルを絶賛。自身のツアーにも参加させたりとかなり熱を入れているようです。そしてアリソンだけではなく、あのサム・ブッシュまでもが手放しでその才能を絶賛していて(ピーター・バラカン師匠も絶賛です!)、ブルーグラス界では2008年最大の話題をさらっています。
f0045842_130230.jpg
テネシー州出身のシエラ・ハル。彼女がレコード・デビューしたのがまだ12歳の時だったというのが凄い。あるフェスティヴァルでクリス・シーリと出会い、その才能に驚愕した彼が、アリソン・クラウスに引き会わせたというエピソードも今や伝説となっています。現在はソロや自身のバンドPunch Brothersを率いて活動するクリス・シーリと共に、ブルーグラスの未来を担うシエラ・ハルが自身のバンドHighway 111を率いては待望の初来日。

場所は今年で37年目となる関西随一の由緒正しき老舗フェスティヴァル「宝塚ブルーグラス・フェスティヴァル」。3日間の開催期間中に100以上ものブルーグラス・バンドが出演する野外フェスティヴァルなので、不特定多数の人間にシエラ・ハルをアピールするにはまさしく最適な場所と言って良いでしょう。

さて、Highway 111を率いてそのステージに登場したシエラ・ハル
f0045842_132013.jpg
現在は17歳になったそうだが、ホントに若い!まだまだ子供にしか見えないというのが第一印象だが、その彼女の横に立つバンジョー奏者とフィドル奏者の若さにも驚かされる。バンジョーを演奏するのはコリー・ウォーカー。18歳!フィドルを演奏するのはクリスチャン・ワード。彼もまだかなり若い!共に自身のアルバムもリリースしていて確実に未来のブルーグラス界の中心になっていく存在でしょう。

そんな若い彼らですが、そのテクニックは会場は舌を巻くほどの超絶なプレイ。シエラの弾くマンドリンに関しては、凄いテクニックを見せ付けるというよりは、さらっとテクニカルなフレーズを随所に盛り込んだ軽やかやマンドリンさばきで、観客のゴリゴリのハードコアなオヤジ・ピッカー達をも唸らせ、大喝采を浴びていました(決して17歳という年齢や見た目の可愛さで評価が甘くなったわけではなさそうです)。
f0045842_1345667.jpg
曲はもちろんメジャー・デビューアルバム「Secrets」(写真右)からの曲を中心に披露。そのアルバムでも顕著なのが、彼女が超絶ピッカーという事だけでなく、素晴らしいボーカリストf0045842_1333512.jpgあるという事実。繊細で優しいその歌声はやはりアリソン・クラウスのそれと比較しても遜色のない素晴らしい歌声だ。このアルバムは楽器同士のぶつかり合い以上に、その「」を強調したアルバムと言えるでしょう。

今回のステージでもやはりそのシエラの歌声の素晴らしさが強調されていて、若いだけの勢いだけでなく、ブルーグラスの本質ともいえる「民衆の音楽」という原点に立ち返ったような清々しいステージに心が洗われるようでした。中盤で披露されたアルバム・タイトル曲Secretsの女の子特有の初々しい歌詞と悲しげなフィドルのフレーズ、そして優しいボーカル・ハーモニーは絶品でしたね。

その他にバックを支える、ベースのジェイコブ・エラー、そしてギターのシェーン・ブラックウェルの安定感も抜群(シェーンは自身のソロ・ヴォーカルも披露したりとこちらも存在感あり)。
f0045842_1353355.jpg
その彼らに支えられて3人の若きブルーグラッサー達が存分にプレイするというホントにフレッシュな清々しいステージでした。60分というあっという間の時間でしたが、会場の喝采ぶりから見て彼女はしっかりと日本のブルーグラス界に名を刻んだと言えるでしょう。

数年後に「シエラ・ハルの初来日公演を観た」という事がブルーグラス・ファンの間で伝説となる事は間違いない。

日本ではあまりこういうブルーグラスのアーティストがライヴを行うことが少ないですが、若い世代のブルーグラッサー達のライヴはホントに凄いし楽しいです。私も2005年にYonder Mountain String Bandのステージを初めて観て衝撃を受けました(2005年のベスト・ライヴアクト!)。こういうアーティスト達のライヴがもっと日本で観れるようになって欲しいですね。
f0045842_1355897.jpg
今回のシエラ・ハルの初来日公演でも、主催者側は「若い人達にこそ聴いて欲しい」と謳ってましたが、実際は観客の9割以上が50代オーヴァーのオヤジでした(会場で私と、私と一緒に行ってた子が一番若かったと思います・・・)。

私もこの素晴らしい音楽がもっと若い世代に聴かれることを望みます!

 
[PR]
by Blacksmoker | 2008-08-09 12:34 | ライブレポート