<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

THE FIVE CORNERS QUINTET @ Billboard Live Osaka 1/13(火) 2009


そういや、このブログの初のライヴ・レポートがこのThe Five Corners Quintetの初来日公演でしたね。

50年代の黄金期のジャズを現代に蘇らせるというコンセプトを元にプロデューサーのトーマス・カリオによって集められたフィンランドの若き天才ジャズ・プレイヤー集団であるThe Five Corners Quintet。彼らの初来日公演は、その50年代のジャズを体験したことのない者でも、まるでその時代にいるかのような擬似体験をさせてくれるライヴでしたが、それから3年。
f0045842_3325625.jpg
この間に彼らは世界各国で100本ものライヴを行ったという。プロジェクトとして集められたユニット的なこのThe Five Corners Quintetだが、トーマス・カリオはレコーディングとライヴは一切別物と考えているらしく、レコーディングでは全ての音をコントロールするのに対して、ライヴでは一切口を挟まないというスタンスを取っているようですね。よって、この3年間でバンドとしてのThe Five Corners Quintetがどう変わったかが注目の一つ。

そしてもう一つの注目は新作「Hot Corner」(右写真)でしょう。前作「Chasin’ The Jazz Gone By」で見せたクールなジャズから一転してタイトル通りf0045842_334657.jpgのアツいドライブ感のある内容なのです。1stシングルShake Itからしてもうライヴ映えする出来。アルバム全体もドライヴ感満載の曲ばかりの素晴らしい内容(さらには前作から引き続いてジャズ界のレジェンド、マーク・マーフィも参加!)で、個人的には前作よりも気に入っており、それがライヴではどう再現されるのかも注目です。

前回のライヴではトーマス・カリオがライヴ前にステージに登場しThe Five Corners Quintetを紹介していましたが、今回はそのトーマスは帯同せずThe Five Corners Quintetの5人だけで堂々の登場です。
f0045842_3363817.jpg
1曲目から、3年間のライヴ活動の成果が一目で分かるビルドアップぶりに驚きましたね。その1曲目は意表を突くデクスター・ゴードン&スライド・ハンプトン・セクステットA Day in Vienna!これはThe Five Corners Quintetをリリースするレーベル「Ricky-Tick」のレーベル・オーナー、アンチ・エーリカイネンが60年代の北欧ジャズ・シーンの音源をコンパイルしたアルバム「On The Spot - A Peek At The 1960's Nordic Jazz Scene」に収録されていた1969年のナンバー。いきなりこの曲からスタートなんてどんだけマニアックなんだ?でもこの曲、ヤバいです。選曲からして最高。そして初っ端から各メンバーのソロタイムを挟んだ余裕の演奏。前回観た時より格段にビルドアップされていてホントに驚きました。
f0045842_3404187.jpg
特にトランペットのユッカ・エスコラとサックスのティモ・ラッシーのフロント2管の存在はかなり大きく、そのパフォーマンスもかなり堂に入っており、また見せ方もライヴ慣れしたものになっていましたね。その中でもティモ・ラッシー(左写真)の貫禄ぶりは前回とは比べ物にならないほど。彼の2006年のソロ・アルバム「The Soul & Jazz Of Timo Lassy」も最高にカッコいいジャズで度肝を抜かf0045842_3443379.jpgれました(High At Noonは超名曲!)が、今回のこのライヴでもブロウしまくるサックスが炸裂で、人気者のユッカ・エスコラをも凌駕する暴れっぷり。「暴れる」と言ってもステージ上で動きまくるという訳ではなく、「」で暴れる。低音でグイグイと上げてくるテナー・サックスが、レコードで聴くようなスッキリ洗練された音ではなく、ライヴならではのラフさも加味された音でケツを蹴り上げてくれます。自身の作曲したSkinny Dippingはその真骨頂。ユッカや、ピアノのミカエル・ヤコブソンにもおいしいパートを持たせながら最後は自分が持っていくワルさが痛快。さすが3年間のライヴの成果だ。レコーディングだけに囚われない自由な思想がライヴには溢れている。

そしてドラマーであり、ライヴ活動をする時のThe Five Corners Quintetのリーダーであるテッポ・マキネン(右写真)。この男が今回最も変化した人と言ってよいでしょう。この天才集団のリーダーとしての統率力を十分に発揮してしっかりコントロールする姿はまさしく「プレイイング・マネージャー」。自身のソロは少なめに、そして各パートをしf0045842_348456.jpgっかりと目立たせながら、時には声を出し、バンドの音をキッチリと纏め上げてエンディングへ持っていく姿も以前のライヴでは観れなかった光景。しかも前回でみせたシンバル中心のリズムは鳴りを潜め、今回は新作の音に合わせてタムをフル活用。ドラムソロでは意外にも、手数少なくタムを中心の今までにあまり観た事のない変わったドラムソロを披露。これは一見派手には見えないんですが、実はグルーヴ感勝負なドラミングで、これがホントに超印象的。前回のライヴでの手数の多いドラミングも観てるのでこのテッポ・マキネンの実力の高さは証明済みなんですが、こういうドラムを見ると「やはりドラムは手数じゃないんだな」というのが分かりますね。

ほぼ新作中心のセットでWartz UpEasy Diggin’などバッチリ披露。ソロ・パートもガンガン挟んで、どんどん進化していく姿がよく分かります。レコードより格段にライヴの方が素晴らしいですね。
f0045842_3511793.jpg
昨年出たAtomicの2枚組の新作「Retrograde」もスタジオ盤よりもライヴ盤の方が圧倒的に素晴らしかったし(そして実際のライヴの方がもっと凄かった)、やはりこういった実力のあるバンドのライヴは格別だ。公演ごとにソロや演奏曲も違うだろうし、PhishPearl Jamのように毎公演ごとのオフィシャル・ブートレッグ的なライヴ盤をリリースしてくれたら絶対に買うでしょうね。
f0045842_431127.jpg
超初期の曲Blue Printなども披露しつつ最後は、新作の発表前に出た先行EP「Hot Corner EP」(右写真)に収録されているドライヴ感全開のShake Itアンチ・ロジョネンのグルーヴィなベースラインに引っ張られ、メンバー全員が楽しく音でf0045842_3595527.jpg暴れまくる姿は観てるこっちも爽快です。ユッカのトランペット、テッポのドラム、ティモのテナー・サックス、そしてピアノのミカエルのプレイの一挙手一投足が目を離せないほど圧巻。スーツ着てクールに演奏している音ではないですね。ユッカ・エスコラテッポ・マキネンの2人はスーツあんま似合ってないし。しかし、こうもライヴ・バンドとしてビルドアップされた姿を見せられるとは予想していなかったですね。

まだまだ進化するThe Five Corners Quintet。今回のライヴも新境地を見せ最高でした。次回はどんなライヴを見せてくれるのか今からすでに楽しみです。
f0045842_464978.jpg
新作「Hot Corner」の日本盤のキャッチ・コピーには「“ジャズの未来”、ここに極まる」なんて書いてありましたが、大きな間違い。彼らはまだまだ進化の途中なのです。

    
[PR]
by Blacksmoker | 2009-01-27 02:52 | ライブレポート

[ULTIMATE MC BATTLE 2008 GRAND CHAMPIONSHIP]全国大会決勝 @ なんばHatch 12/27(土) 2008


2008年の「Ultimate MC Battle」での最大の注目は、やはり般若Hidaddyだった事に異論はある人はいないだろう。
f0045842_2531315.gif
2002年の「B-Boy Park」以来のMCバトル突如参戦で激戦区東京を勝ち抜いた般若。そして4年連続大阪代表のフリースタイル・キングHidaddyのバトル引退宣言など始まる前から話題満載の2008年。そして結果的にこの2人の存在が、今年のMCバトルを日本のヒップホップ・シーンの歴史的1ページにしたと言っても過言ではない。

それほどまでに凄まじくも感動的な大会でした。毎年東京で行われていたのが、今回はここ大阪で開催。日本のヒップホップ・シーンでも最も注目される全国大会決勝だけあって始まる前から独特の緊迫感とお祭り感。会場中の至る所で著名人を散見しましたね(入口ではG.K.Maryanと元Blast編集長の伊藤を発見。おこじょ大超とか大阪のMC達も大勢いましたね)。

さてオープニングは我らが大阪の兄貴、SHINGO★西成のライブでスタート。
f0045842_2534977.jpg
さすが現場テイナーのSHINGO★西成兄貴だけあってパーティといてまえと私(Remix)、続くIll西成Bluesで会場を一気に沸かせます。そして次の曲でいきなりMSC心にゆとりとさわやかマナーのイントロが流れ出し、SHINGO兄貴の「この曲が流れたら誰が出てくるか分かるやろ?」というMCと共に、事前にアナウンスのなかったMSCがほぼフルメンバーで登場(麻暴とかJuswannaも揃ってましたね)!
f0045842_2543472.jpg
もうその時点で会場が完璧にヒートアップ。SHINGO★西成Juswannaの2人も交えた音信不通や、全員参加のDopeな新曲も披露。お祭り感満載のライブを堪能しいよいよ本選へ。

地方予選を勝ち抜いた16名のMC達によるバトル。予選大会は8小節のフリースタイルを交互に2回づつ繰り返す合計4回だったのに対し、この決勝大会は8小節を交互に4回づつ繰り返す合計8回のバトル。そして会場の客には誰がどういう組み合わせになっているか分からなく、登場を待つしかないこのワクワク感が堪りません。ボクシングの入場みたいに控え室からステージに上がるまでカメラで追っているのが面白いです。毎年導入されていた会場の声の大きさを機械で判定するシステムが今年から無くなっていたのも個人的には良かったですね。

1回戦第1試合は水戸代表Gotit(ガッティ)と沖縄代表Jafem。トラックはSoul Scream蜂と蝶
f0045842_256291.jpg
本島のMCに対して沖縄人としての意地を見せつけるJafemを、昨年の優勝者水戸代表GocciをリスペクトしまくるGotitのアツさが上回りGotitの勝利。

そして第2試合。早くも大阪代表Hidaddy登場。
f0045842_2571240.jpg
2006年のFork戦、そして2007年のBes戦と名バトルを繰り広げながらも1回戦で敗退してきた大阪代表Hidaddy。地元大阪というだけあって会場からの歓声もハンパなくデカイです。岡山代表La-Men Doggも十分に健闘するがやはり韻の面白さで会場を沸かしたHidaddyの圧勝でした。

第3試合は福岡代表の智大(ちひろ) 対 北海道代表のしろくま
f0045842_3152690.jpg
ライム巧者っぽくストレートにカッコよさを見せる智大と、こちらはアブストラクト・ヒップホップに影響を受けた完全に異端なライミングとフローを見せるしろくま。ほとんど小節を切ることなく矢継早にライムを詰め込むオリジナルなフローだが、フローの斬新さの割りにリリックの内容がついて行っていないような気がしましたが、智大が自分の番を間違え完全に止まってしまうというミスで惜しくも敗退。智大はちょっと気の毒でしたが、これも実力のウチ。場慣れして来年も挑戦して欲しいです。

そして第4試合。ラキムをリスペクトしまくる千葉代表シーモンキー(入場曲もラキム!)。そして対するは東京代表般若
f0045842_316407.jpg
何か今年の般若は登場から全く他の出場者と気色が違いました。まず入場からクルーの面々を引き連れて登場する他の出場者に対し、般若は控え室からたった1人。派手なパフォーマンスをする事もなく無言・無表情で登場(入場曲はもちろん長渕剛とんぼ)。何でも東京から来る時に関係者に「来るな」と言っていたそうで(でも会場で剣桃太郎を見かけましたが)、単身乗り込んできた気迫が他のMC達を圧倒していた気がします。もちろん般若の圧勝。

第5試合の広島代表Bupponと名古屋代表K.Leeは、激戦の末Bupponの勝利。第6試合の神戸代表P-Pongと新潟代表の巨漢MCのTotorowP-Pongは毎年大阪予選で姿を消していましたがそのスキルはかなりの実力で毎年印象に残っていましたが、今回のバトルでもスキルの差を見せ付けてP-Pongの圧勝でした。
f0045842_3223026.jpg
第7試合は地元関西から京都代表Racy 対 愛媛代表yskyskは今回初めて観たMCですがかなりの伏兵でした。Seedaのようなスキンヘッドの風貌でスキルの高いライミングが個人的にはかなり気に入りましたね。Racyもかなりの巧者なのでyskとの実力が均衡していましたが、今回はyskの辛勝でした。

そして1回戦最後の第8試合は仙台代表Taic(タイシー) 対 横浜代表Y.A.S.Taicのスキルはハンパなく「フリースタイルがレコーディングされた音源のように聞こえる」と言われるだけあってもの凄い綺麗なフローとライミングにマジに驚きましたが、Y.A.S.がライミングの内容で圧倒。残念ながら負けたながらもTaicの実力はかなりのものでしたね。



さて1回戦8試合が終わり、16人から8人に絞られていよいよ2回戦準々決勝に突入。

1試合目はGotitHidaddy。やはり実力・人気ともにHidaddyが圧勝でした。
f0045842_3225631.jpg
Gotitの「お前に渡す地獄への招待状」に対して、Hidaddyの放ったリリック「地獄へ行ったら俺は閻魔大王 お前が優勝には縁がないよう」で勝負アリ。

そして続くは、しろくま般若
f0045842_3233750.jpg
クールなしろくまに対し、般若のアツさが圧倒的に上回っていましたね。あまり相手の目を見ずにフロアに向けてライムするしろくまに対して、「こっち見やがれ」と檄を飛ばし、それでも向き合わないしろくまに対して「おい!しろくまもっと気合い入れんか!!」で完膚なきまでに叩き潰した般若。マジで気迫が違います。しかも判定を見ることなくさっさと帰っていく姿もアツい。

続くBupponP-PongP-Pongの圧勝。その後、個人的にかなり印象に残った対戦のyskY.A.S.yskの「秋が来て 春 そして冬が来る お前にやるよ冬休み」に対して、Y.A.S.の放った「冬が来て 春が来て 秋が来る そしてお前のラップも飽きがくる」のパンチラインにはマジで鳥肌が立ちましたね。延長戦の末、Y.A.S.が勝利。1回戦からY.A.S.のスキルがどんどん進化しているのが分かります。 

そして途中に、昨年の優勝者Gocciのライブを挟み(Going OverDon’t Test Da Masterなどクラシック連発でしたが、Don’t Test~でもあまり盛り上がってなくてビックリしました・・・時代なんでしょうね)、準決勝へ。

遂に実現した大阪代表Hidaddy 対 東京代表般若!誰もが待ち望んでいた今大会の一番の対戦でしょう。会場も割れんばかりの大歓声です。
f0045842_3261015.jpg
この試合からは試合前にシャウトをもらうのですが、般若は相変わらず無表情でシャウトさえも拒否。気迫を見せ付けます。Hidaddy般若との対戦でアツくなっているのが分かりましたが、「俺が目指してるのはヒップホップのその先」という般若の意志の強さがHidaddyを上回っていました。負けたHihaddyもある意味達観したような感じで、「大阪の応援してくれたみんなありがとう そしてごめんな」という言葉でバトルの引退を宣言。一時代の幕が下りた瞬間でしたね。

続いてはY.A.S.P-Pong
f0045842_32939.jpg
Y.A.S.が前日まで風邪引いていた内容のリリックに対し、P-Pongの「俺のライムはインフルエンザ 俺は言葉でココで韻踏む現場」はかなり燃えましたが前試合で更に進化したY.A.S.の前に惜しくも敗退でした。


そして決勝は東京代表般若 対 横浜代表Y.A.S.
f0045842_3301913.jpg
一般的に不利と言われる先行をあえて般若が選択。凄まじい気迫と共にスタート。般若の「俺はお前なんかと違ってプロとしてラップやってんだ」とのリリックに対して、Y.A.S.の「あんたと違って俺は嫁や子供だって食わしてやらなきゃなんねーんだ 俺だって意地持ってやってんだトヨタの下請け」というラインに個人的に完璧にヤラれました。もう涙出てきましたよマジで。
f0045842_331787.jpg
般若も「どうやらお前は本物と認めなきゃなんねぇようだな」と返したりとスキル以上の感情のぶつかり合いに泣きましたね。個人的にはY.A.S.がそのハンパない情熱で般若をも上回っていたように思いましたが、会場の判定は般若。しかし審査員の判定はY.A.S.で延長戦に突入。

延長も感動的なくらいアツいバトル。
f0045842_3322669.jpg
般若も完璧にY.A.S.を認めて「俺とお前がやってるのは本格派」というリリックを繰り出しもう凄いバトルでした。このバトルはもう日本のヒップホップの歴史の1ページを刻んだと言ってもいいです。それくらいもの凄いバトルでした。どちらが勝っても遜色ない内容でしたが延長戦の末、2008年の「Ultimate MC Battle」の頂点に立ったのは東京代表般若!!試合後、両者による硬い握手もまた泣かせましたね。
f0045842_3352630.jpg
そして優勝後の般若のフリースタイルも感動的でした。「俺はガキの頃からなったことがなかった一番に でもこんなのに意味はないんだ 俺よりもお前らの方がはっきり言って全然上手ぇ でも違うのは負けねえって魂だけ してねえ手加減 関係ねぇ勝ち負け」。
f0045842_3354976.jpg
長年般若を応援してきたのでこの優勝にはかなり感慨深いものがありましたね(でも決勝でY.A.S.に声を上げてしまいましたけど・・・)。般若の言う通りで、日本のヒップホップはこれからシーン全体で上がっていかないとこれ以上の発展はないように思えます。日本のレゲエ・シーンがあれほどの盛り上がりを見せているのはやはりシーン全体の一体感があるからで、Disが中心のヒップホップ・シーンにはその一体感が欠けていたのですが、このMCバトルの浸透によって、シーンの「横の繋がり」が出来たように思えます。

こうやって新人や大物が年齢や集団に関係なく挙って参加する事によりシーンを盛り上げ、さらに日本のヒップホップ界を発展させていって欲しいです。その意味でもこの「Ultimate MC Battle」の存在はまだまだかなり重要だし、今年般若が優勝した事の意義も非常に大きい。

是非とも来年も、もっと大勢のMC達に参加してこのシーンを盛り上げていってもらいたいです!

         
[PR]
by Blacksmoker | 2009-01-21 23:52 | ライブレポート

2008年の10曲。


さて、以下がBlacksmokerの2008年を代表する10曲。

毎年思うんですが、年々音よりも歌詞に重点を置くようになってきていますね。個人的には「一度どん底を見た者でしか歌えない歌」や、「想像力を喚起する断片的で捻りの利いた歌詞の歌」にグッときます。逆に「愚直なほど真っ直ぐな歌」にもグッとくるようです。

それではいってみましょう。

<2008年の10曲>

■第1位
THE STREETS [Everything Is Borrowed]
f0045842_16161750.jpg

一度頂点に上った男が全てを失った時に初めて気付いた真理。マイク・スキナーの実生活とリンクしたリリックが達観している。わざわざコーラスを日本語に直した「日本語ヴァージョン」も必聴。

■第2位
PORTISHEAD [Machine Gun]
f0045842_16165880.jpg

11年振りの新作から度肝を抜いた1stシングル。無機質で殺伐とした救いのない世界の中でひっそりと救いを求める叫び(でもヤク中)。11年経っても絶望感がハンパない。全く光が見えないです。恐ろしい・・・。


■第3位
DJ CELORY feat. 般若 [灰のように]
f0045842_163763.jpg

Ultimate MC Battle 2008」での優勝も感動しました。今年の日本のヒップホップ界は個人的に般若の年でしたね。Norikiyoとの運命も素晴らしかったですが、DJ Celoryの感動的なトラックと、般若の哀愁的で決意表明のようなアツいラップに涙が出そうです。


■第4位
MICHAEL FRANTI & SPEARHEAD [Nobody Right, Nobody Wrong]
f0045842_16184582.jpg

世界のラジオにマイケル・フランティを!やはりボブ・マーリィジョー・ストラマーの精神を純粋に受け継いでいるのはこの男だ。異なる様々な世界で生きる人の生き方に「正しい/間違い」はない。だから僕等は本音で毅然と生きなきゃいけないのです。


■第5位
NICK CAVE & THE BAD SEEDS [Dig, Lazarus, Dig!!!]
f0045842_1620415.jpg

別プロジェクトGrindermanでも弾けまくっている現在絶好調親父ニック・ケイヴ。キリスト教の宗教観を第三者的視点で皮肉った歌詞が最高です。キリストにより死後4日後に復活させられた弟子ラザロ。彼に向けて陽気なテンションでニック親父が語りかける。「復活して良かったの?」


■第6位
PETER GABRIEL [Down To Earth]
f0045842_1624869.jpg
f0045842_16212130.jpg

やっぱピーター・ゲイブリエルは最高です!映画「Wall・e」のエンド・クレジットに流れる珠玉の1曲。これも歌詞がヒネリが効いていて面白い。映画を観たら人ならより感動出来ます。


■第7位
BERES HAMMOND [I Feel Good]
f0045842_16261351.jpg

ジャマイカのソウルを体現出来る数少ないレジェンドの新曲。この若々しさに脱帽です。


■第8位
森山直太郎 [生きてることが辛いなら]
f0045842_16265013.jpg

詩人、御徒町凧の言葉と、森山直太郎の深みを増した歌にぐっと引き込まれます。何度も聴いてやっとその意味理解出来た気がします。「弾き語りヴァージョン」の方が10倍良いです。


■第9位
MINT CONDITION feat. ANTHONY HAMILTON [Baby Boy, Baby Girl]
f0045842_16272844.jpg
f0045842_16275392.jpg

アンソニー・ハミルトンを招いた時点で勝利ですが、永遠の少年声のストークリーも素晴らしいベスト・コラボレーション。どっしりとタメを利かせた演奏も見事にマッチしています。この手の「自分で演奏出来るR&Bバンド」が絶滅危惧種となった今、Mint Conditionの存在は貴重です。


■第10位
湯川潮音 [しずくのカーテン]
f0045842_16281740.jpg

70年代の中島みゆきとかと並べても全く遜色のない時代性に囚われないスタイルを確立した彼女の新作の中で、さらに今度は民族性にも囚われてない1曲。格段に声の説得力が増していて驚きました。何年経っても色褪せないでしょう。




■次点
SHINGO☆西成 [U.Y.C.]
f0045842_16285793.jpg

2007年の曲なので次点なんですが、実は2008年に最も聴いた曲がこの「U.Y.C.」=「言うてる事と やってる事が ちゃいますね」。個人的にこの言葉は2008年何度も使わせてもらいました。SHINGO☆西成兄貴本人から教えてもらいこの「U.Y.C.」Tシャツをゲットし、夏はかなりの頻度でこの「U.Y.C.」Tシャツ着てましたね~。

f0045842_16325023.jpg
                (↑)U.Y.C.ガールズ。

        
[PR]
by Blacksmoker | 2009-01-14 15:54 | 2008年総括

2008年の10枚。


あけましておめでとうございます。今年でいよいよ3周年を迎えます。本年も当ブログをよろしくお願いします。今年もいろいろな方のコメントお待ちしています。

と、言いつつも毎年恒例の2008年総括です。


<2008年の10枚>

■第1位
PUNCH BROTHERS [Punch]

f0045842_044928.jpg

弱冠26歳の天才マンドリン奏者、クリス・シーリによる2008年ブルーグラス界最大の衝撃作。

f0045842_054776.jpg

クリス・シーリの脳内音楽を具現化するために集められた天才集団によって生み出されたこの音楽は、ブルーグラスを新たな次元まで進化させたプログレッシヴ・ミュージック。70年代にブルーグラスを進化させた偉人サム・ブッシュやジョン・ハートフォードの登場を彷彿させるように、00年代のブルーグラスを進化させた瞬間に邂逅出来た喜びは何物にも代えがたい。
f0045842_062365.jpg



■第2位
RAPHAEL SEBBAG [El Fantasma De La Libertad]
f0045842_091273.jpg

元United Future OrganizationのDJ、ラファエル・セバーグの待望の1stアルバムにして、2008年ラテン・ブレイクビーツの最高傑作。
f0045842_0104151.jpg

TelmaryやYusa、そしてInteractivoといったキューバ新世代ミュージシャン達によってクラブ・ミュージックに豊潤な音楽性が加味された刺激的なサウンドです。
f0045842_011157.jpg


■第3位
DAVID BYRNE & BRIAN ENO [Everything That Happens Will Happen Today]
f0045842_0165196.jpg

ロック界の2大クセモノによる真っ当なロック・アルバム。でもやっぱり滲み出る一筋縄ではいかない「らしさ」も健在。デイヴィッド・バーンの突き抜け方が爽快。
f0045842_01851.jpg


■第4位
RICKIE-G [a.m.8:59]
f0045842_018338.jpg
 
レゲエというジャンルを超えたソウル・ミュージック。全曲名曲の名盤。

■第5位
ARLINDO CRUZ [Sambista Perfeito]
f0045842_0284961.jpg
本物のサンビスタによる本気のサンバ・アルバム。貫禄の、そして極上のサンバに捻じ伏せられます。

■第6位
ZACH HILL [Astrological Straits]
f0045842_019448.jpg

今年度最高の怪盤。「ぶっ壊れている」という言葉はこのアルバムにこそふさわしい。

■第7位
LIZZ WRIGHT [The Orchard]
f0045842_020955.jpg

サウンドはより土着的に、その声はより深く。静かに熱く燃える冷たい炎のような感覚。後半の流れが素晴らしい。

■第8位
TORCHE [Meandertherl]
f0045842_022920.jpg

今年度のヘヴィ部門は間違いなくコイツら。強力過ぎるリフに、頭から離れなくなるメロディで疾走する曲の中毒性はハンパないです。

■第9位
GLASVEGAS [Glasvegas]
f0045842_030517.jpg
青い!そして真っ直ぐ!その清々しすぎるメロディの爽快さに降伏。オアシスが登場した時の空気を思わせます。何にせよ曲が素晴らしい。

■第10位
AMIDA [Evis Beats]
f0045842_0293674.jpg
トラック・メイカー、エヴィス・ビーツの待望の1stアルバム。一際異彩を放つそのトラック・センスがズバ抜けてます。またラッパー、アミダとしての独特のユルさも加わって最高のチル・ミュージック。

     
[PR]
by Blacksmoker | 2009-01-05 00:00 | 2008年総括