<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

FENNESZ [Black Sea]


f0045842_1392956.jpg「Endless Summer」(2001年)、そして「Venice」(2004年)。フェネスはどこか儚くも美しいものをそのグリッチ・ノイズで表現してきましたが、久々となる今回の新作のタイトルは「Black Sea」。今までの美しいイメージとは一転して「広大で不気味なもの」をモチーフにしている。

そして今作は非常に政治的である。タイトルの「Black Sea」とは、ジャケットに写る「黒海」の事。昨年からこの海の沿岸ではロシアがグルジアに侵攻し全面戦争となっている(1曲目Black Seaの冒頭にはカモメの鳴き声と共に砲撃の音が聴こえる)。さらに最終曲のタイトルSaffron Revolution。これは2007年のミャンマー軍事政権に対する僧侶による反政府デモ「サフラン革命」の事だ。今回のフェネスは、今までの抽象的な音像表現と違い、そのサウンドに具体的な意思を表明している。
f0045842_1561993.jpg

この変化はおそらく坂本龍一からの影響だろう。

2006年の青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設建設に反対する「Stop-Rokkasho」プロジェクトに坂本龍一(下写真)やShing02と共に参加したフェネス。それ以降も教授との関わりは深く2007年には「Fennesz + Sakamoto」名義でEP「Sala Santa Cecilia」、そしてアルバム「Cendre」をリf0045842_1472868.jpgリース。さらには2008年のYMOの海外ツアーに同行したりもしている。そして、何とこの新作「Black Sea」はその坂本龍一の立ち上げたレーベル「Commons」からのリリースなのです(3月にリリースされる教授の新作にも参加しているみたいですね)。今回の新作の内容が、地球規模の環境問題や戦争へのプロテスト運動(アメリカのアフガニスタン空爆への反対運動や、地雷撤廃運動などなど)の先導に立つ教授から多分に影響されているのは間違いないでしょう。抽象的なものを表現するフェネスのサウンドに明確な意思が盛り込まれたのは非常に大きな変化といえる。
f0045842_1571230.jpg
そして今作は以前の作品に比べて、よりクリスチャン・フェネスという1人のギタリスト的な側面も垣間見せているのも特徴だろう。たしかにフェネスはラップトップ・ミュージックに移行するまではウィーンでロック・バンドのギタリストだった経歴があるし、2004年に京都メトロで私が初めて観たフェネスのライヴ(共演はRadian)はMac G4にギターをそのまま差して演奏していてとても印象的でした。前作「Venice」ではLagunaという曲でギターのソロ演奏が聴けたのみでしたが、今作では全8f0045842_151476.jpg曲中、Black SeaPerfume For WinterGrey Scale、そしてGlass Ceilingの4曲でギターの演奏(もしくはサンプル)が聴ける。ただその音は「Endless Summer」であったようなメランコリックなアコースティック・ギターの音色ではなく、どこまでもモノクロームなドローン色の強いギターの音色。アルバム全体を通してもモノクロームな印象が強いです。

基本路線はあまり変わりませんが、今回はテーマに沿ってかその空間を埋め尽くすグリッチ・ノイズにもまるで近代の巨大建築物のような荘厳さが加わって圧倒的な存在感で迫ってきます。そして隙間を活かした曲ではよりアンビエント色が増しています。Glass Ceilingの透明感のあるノイズの洪水、そして終曲Saffron Revolutionでのゴスペル的ともいえる荘厳なノイズは時間を忘れてしまうほどの美しさです。
f0045842_152407.jpg
「Endless Summer」の登場以降、グリッチ・ノイズがメロディを構成する主要な要素となるのがもはやスタンダードとなった音楽界。その先駆者とも言えるフェネスは、この新作で明確な意思を内蔵したグリッチ・ノイズを構成することで更なる高みに昇ったと言えるでしょう。サウンドだけでなくCDジャケットの写真からインナーの写真、そしてアナログ盤のジャケットに至るまで非常に力強く、そして美しい作品だ。素晴らしい。

ちなみにこの作品はカーボン・オフセットCDだそうです。
[PR]
by Blacksmoker | 2009-02-19 01:03 | ELECTRONICA

MY MORNING JACKET @心斎橋クラブクアトロ 2/6(金) 2009


凄い!凄いぞMy Morning Jacket!これはモノ凄いものを観ましたね。

2005年に大雨の中のフジロックで彼らを観た時もタダモノではないと感じましたが、あれから3年半。ライブ・バンドとして格段にスケールアップし、人気・実力共に今最も勢いのある彼らのこの単独公演のフルセット・ライヴの凄まじさはハンパなかったです!「宇宙最強のライヴ・バンド」と言われる噂は嘘偽りナシ。これは早くも2009年ベスト・ライヴに決定かもしれません。
f0045842_0432524.jpg
過去にPhishやThe Black Crowesらが行った大晦日のマディソン・スクエア・ガーデン公演。その2万人収容のマディソン・スクエア・ガーデンの2008年大晦日を飾ったこのMy Morning Jacket。もはや彼らは本国では上記の2バンドと並ぶほどの人気なのです。そんな彼らが日本ではこんな小さいクラブで観れるなんて奇跡に近い。しかも今回は「Evil Urges」のワールド・ツアーの最終公演。期待するなという方が無理なシチュエーション。今回の公演はライヴ録音・録画・撮影全てOKという太っ腹ぶりも素敵です。

しかし、そんな期待の遥か上を彼らは軽く超越してましたね。そして観客もそこまで多くはなかったが皆My Morning Jacketのハードコアなファンばかり。そして小さいハコでありながら全く手抜きのない全力のライヴをみせてくれたバンド。その相乗効果がこの素晴らしい空間を作ったと言っても良いでしょう。
f0045842_0463231.jpg
基本はおそらくBruce SpringsteenPearl Jamから連なるアメリカン・ロックの系譜なのでしょう(引いてはルーツのLed Zeppelinまで遡るでしょう)。ただ彼らが特異なのはそこにサイケデリックやソウルなど様々なジャンルのサウンドも融合させて、更にジャム・バンド特有のライヴ感も持ち合わせ誰にも真似できないオリジナルなサウンドだ。特に今回のライヴを観て感じたのはソウルのエッセンスが強い事だ。このソウルのフレイヴァーがかなり強い。特にジム・ジェイムズのヴォーカルはライヴでは常にファルセット。風貌に全くマッチしない繊細な声はその骨太なハードロック・サウンドとの異常にミスマッチが面白いです。ヴォーカルはほぼ2人以上のダブル・ヴォーカルでのハーモニー。厚いファルセット・コーラスも完璧です。
f0045842_048470.jpg
そして更に凄いのが楽器の音のデカさ!バンド全員の音がハンパなくデカい。ドラムの音はデカいし、ギター2本の音も途轍もなくデカい、そしてそのギターの音を超えるくらいの爆音のベースも凄い。繊細な所はとことん繊細に、そしてハードなところはこれでもかというほどのラウドな爆音。このメリハリ具合がライヴでは最高のカタルシスを生み出す。

オープニングのEvil Urgesからそれは顕著で、ゆったりとスタートし終盤からのギター2本のユニゾン・パートでグイグイと客のテンションを上げていくところなんて最高のカタルシス。
f0045842_0494897.jpg
打ち込みのようなドラミングにキーボードが摩訶不思議な雰囲気を醸し出すTouch Me I’m Going To Scream Pt.1で和ませてから、一発目のハイライトはOff The Record。レゲエ調のリフを基調にキャッチーなコーラスでポップに展開するキャッチーなこの曲ですが、中盤から突如轟音インプロヴィゼーションに豹変。もの凄い爆音でカオスなノイズが響き渡る様は圧巻。鳥肌立ちました。これがコイツらの凄さか!

そして彼らはとにかく曲のバリエーションが多彩だ。カントリー・ルーツ的な曲から、レゲエ、そしてポップなナンバー、アコースティック・ソウルなど実に幅広い。
f0045842_184597.jpg
現にジム・ジェームズカール・ブルーメルの2人のギタリストはほぼ1曲ごとにギターを持ち替えるくらいの多忙ぶり。カール・ブルーメルにいたってはスティール・ギターからサックスまで演奏するほどの多才さを発揮。さすが「Rolling Stone」誌の「新世代ギター・ゴッド」特集でベスト20に選ばれていただけの存在感はありますね。ジム・ジェームズと2人によるギターのユニゾンや、轟音ギターの応酬はまさしく最強。
f0045842_0513085.jpg
さらにはどの曲もキーボードによるスペーシーでサイケデリックな浮遊感に包まれています。このあたりはThe Flaming Lipsに非常に良く似ていますが、My Morning Jacketはよりハードロックに根ざしたルーツを感じさせます。曲の終盤になるにつれギターの轟音カオスが増していく様はWilcoのライヴを彷彿させますね。上記2バンドのライヴの良さを掛け合わし、ハードロック的な豪快さを加味したような凄さがこのMy Morning Jacketにはあります。
f0045842_1131722.jpg
前作「Z」と新作「Evil Urge」からの曲でほぼ全編固め、そこに1stのナンバーを差し込んだ構成。何より驚くのはここまでビッグな存在になりながら、まだ彼らが3枚しかアルバムを出していない事実。しかし、もう何枚もアルバムを出しているかのような貫禄さが今の彼らにはあります。ただ1stから一貫して音楽性は変わっておらず、アルバムを重ねるごとに徐々にその変わらぬ音楽性の強度と深みは増していってる所も非常に信頼出来ますね。
f0045842_1135032.jpg
DondanteTouch Me I’m Going To Scream Pt.2といった長尺曲でのインタープレイの迫力も凄いし、GideonWordless Chorusといった摩訶不思議なアシッド感のあるサイケ・ポップも心地良いし、Sec Walkinなどのじっくり聴かせるアコースティック曲も美しい。その全てがほんとに奇跡的なくらい素晴らしい!
f0045842_1142324.jpg
アンコールの含めて2時間半。普通で考えたらかなりの長時間だが全然その長さが感じられないくらい目が離せない素晴らしいライヴでした。最後はお約束のOne Big Holiday!名曲です。観客とバンドのテンションがピークに達し昇華した瞬間でしたね。いろんなバンドのライヴを観てると「あ、今コイツら手抜いてるな」と思う瞬間が見られる事もありますが、My Morning Jacketは最初から一切の手抜きナシ。ってか手抜きを知らないんじゃないかってくらいの全精力のライヴでした。

早くも2009年ベスト・ライヴにエントリーしてしまった感がありますが、それほど凄かったので当然でしょう。観なかった人は後悔して下さい!
[PR]
by Blacksmoker | 2009-02-16 00:10 | ライブレポート

DAVID BYRNE @ なんばHatch 1/23(金) 2009


ロック界においてのデイヴィッド・バーンの功績。
f0045842_1535476.jpg

ロックとアフロ・ファンクの融合。
ロック界の目をブラジル音楽を向けさせた。  
ライブというものの見せ方を変えた。

もっともこれ以外にもデイヴィッド・バーンの功績はたくさんあると思いますが、個人的にこの3点は絶対に外せない功績。①はもちろんTalking Headsにおいての「Remain In Light」。その革新的なサウンドは今でも十分に衝撃的。そして②はバーンが編集した画期的なブラジル音楽のコンピレーション盤「Brazil Classics」シリーズ。若いリスナーにはブラジル音楽入門編として欠かせない盤で、これがブラジルの若い世代の音楽を広く世界に紹介した功績は計り知れません。

f0045842_1504165.jpgそして③はやはり映画「Stop Making Sense」でしょう。今までに何千何百の様々なロック・バンドのライヴ映像作品が出ていますが、この1984年の「Stop Making Sense」はその中でも燦然と輝く不朽のクラシック。ライヴというものがアイディア1つでこんな凄いものになるんだという事はほんと驚くばかり。今観ても全くその斬新さと革新さは失われていません。まさしくクラシック中のクラシック。まだ観てない人は今すぐチェックして欲しいです。

さて、そんなデイヴィッド・バーンの7年振りの来日。

9月の北米ツアーからスタートした今回のワールド・ツアーのタイトルは「songs of David Byrne and Brian Eno」
f0045842_1552987.jpg
もちろんブライアン・イーノとのコラボレーション盤「Everything That Happens Will Happen Today」をサポートするツアーですが、それだけでは曲も少ないから「せっかくなんでブライアン・イーノと以前にコラボレーションしたTalking Heads時代のアルバムからもやっちゃおう!」的なツアーでもあります。つまりTalking Headsとしての2nd「More Songs About Buildings And Food」 、3rd「Fear Of Music」、そして4th「Remain In Light」の3枚のアルバムからの曲も披露するという事ですね。これは面白い(でもイーノはライヴ活動が嫌いなので不参加)。

上下白のシャツと白のズボンという真っ白な出で立ちで登場したバーンは髪の色まで真っ白。もう56歳なんですね。でもその出で立ちには異様なオーラがありますね。
f0045842_1573459.jpg
バンド・メンバーもバーンと同じで全員真っ白のシャツにズボン。編成はベース+ドラム+パーカッション+キーボードの4人に、男女3人のコーラス隊という、バーンも合わせて8人編成。ギターはバーン1人が担当です。ギター以外は「Stop Making Sense」と同じ編成です。ベースとパーカッションの2人は2003年に出たライヴDVD「Live At Union Chapel」の時と同じメンバーですね。

1曲目は「Everything That Happens Will Happen Today」よりStrange Overtones。歌い始めて改めてビックリしましたが、めちゃくちゃ歌が上手い。
f0045842_20271.jpg
少しもブレない安定感のある声が伸びやかに響きます。年々その声の艶が増してきてホントにウットリするくらいの素晴らしさ。近年クラブ・ミュージック界でそのモテぶりが著しいバーンの声ですがその理由もこれで分かりますね(The BPAToe Jamはもう聴きましたか?)。そしてレコードではブライアン・イーノの分厚いコーラスが入るところは、コーラス隊3人のゴスペルのような分厚いコーラスがガッチリとサポートしてレコードと遜色ない出来になっておりましたね。

そして2曲目から早くもTalking Heads「Fear Of Music」からのナンバーI Zimbra投下。バーンのカッティング・ギターが炸裂するファンク・ナンバーに会場中の年齢層のヤケに高い観客も大喝采。ベースの音もブリブリでファンキーさ加減も更にアップ。この曲から若い男女3人のダンサーが登場し(彼らも同じ白の衣装)、前衛舞踊を加味したステージに。
f0045842_21917.jpg
この時点でステージ上には11人という大人数。「Stop Making Sense」のステージを彷彿させます。このダンサー達がなかなか面白く終始飽きさせません。

新作よりOne Fine Dayを挟み、次は何と何と1981年の「My Life In The Bush Of Ghosts」よりHelp Me Somebody。こんな曲やるとは思ってませんでしたね。サンプリング時代以前のカット&ペースト・ファンク。しかし今聴いてもその斬新さは全く衰えていないところが凄い。
f0045842_22936.jpg
続いてもTalking Headsナンバー。名盤「Remain In Light」からHouses In Motion。惜しげもなく投下されるTalking Headsナンバーに会場からは大喝采。当初は新作からのナンバーが中心の構成かと思いきやTalking Headsのナンバーで盛り上げて、そf0045842_245595.jpgの合間合間にクールダウンさせるかのように牧歌的な新曲を挟んでいくという構成になっていましたね。特にTalking Headsナンバーは変なアレンジを施さず、非常に原曲に近い形で披露されていたのには嬉しい驚きでしたね。バーンのギターを弾くときの「ニワトリのような首の動き」も健在です。そして3人のコーラス隊が歌だけでなくダンスにも加わりこれまたとても良いパフォーマンスを見せてくれます。「Stop Making Sense」でいうところの黒人ギタリストのアンディみたいな盛り上げ役的な働きがイイですね~。黒人・白人が渾然一体となった編成も昔からのバーンのライヴの特徴ですね。

サウンドトラック「The Catherine Wheel」からマニアックなMy Big Hands(Fall Though The Cracks)、そしてHeavenCrosseyed & Painlessなど往年のTalking Headsナンバーの目白押し。その間に新作からの牧歌的ナンバーを挟みこみクールダウン。でも飽きさせないアイデアのパフォーマンスは健在で、Life Is Longでは全員がオフィス・チェアに乗りパフォーマンス。歌いながらイスを回転さすだけで絵になるのはバーンくらいのものでしょう。
f0045842_273747.jpg
そしてキーボードのイントロが流れただけで会場中が熱狂のOnce In A Lifetime。このイントロ聴いただけで鳥肌立ちますね~。ほとんど原曲の通りのアレンジです。しかもバーンはあの印象的なPVの動きも真似てて笑えます。ダンサー達もPVのバーンの動きを真似た動きで、腕を手刀でトントンする「あの動き」などもやっていましたよ。後半のバーンのギターが炸裂するところも素晴らしい!しかしライヴ全編に渡ってギターを弾きまくるバーンの演奏ぶりも見事です。
f0045842_292137.jpg
さらにトドメはLife During Wartime。もちろん「This ain't no party, this ain't no disco this ain't no fooling around」は大合唱。25年前の「Stop Making Sense」ではこの曲の時にトンでもない動きをしていたバーンですが、さすがに激しい動きはなかったですが、代わりに女性ダンサーのソロタイムがあったりと見せてくれます。

大声援に迎えられアンコールは3回。f0045842_2105073.jpgTake Me To The RiverThe Great CurveAirなど全てTalking Headsナンバーというサービス旺盛振り。一旦ステージに引き込んでなぜか全員バレエの格好して登場。喝采を浴びながらBurning Down The House。キーボーディストの間奏の動きが「Stop Making Sense」でのバーニー・ウォーレルの動きだったのが笑えましたね。

そして最後は新作からEverything That Happensを優雅に厳粛に締めくくって終了。大歓声に送られ笑顔でステージを去って行きました。とにかく過剰なサービスぶりと斬新なアイディアの演出をステージに盛り込み、鬼気迫るパフォーマンスとは180度違ったフレンドリーで余裕のあるパフォーマンスを見せてくれました。愉快なパフォーマンスを見せながらどこか知的で気品に満ちた雰囲気もほんとカッコイイ。
f0045842_2132899.jpg
とにかく溌剌としたデイヴィッド・バーンの姿が一際印象に残った素晴らしいライヴでした。今回のライヴは古いファンから、私のような新しいファンまで両方ともを120%満足させたライヴだったんじゃないでしょうか。

やはりこのひとにはこれからもまだまだ素晴らしい作品が期待出来そうです。新作「Everything That Happens Will Happen Today」に収録されなかった曲もかなりあるそうなので、こちらも何らかの形で早くリリースされること願います!

   
[PR]
by Blacksmoker | 2009-02-05 01:18 | ライブレポート

GLASVEGAS @ Big Cat 1/21(水) 2009


2008年のイギリスから出た新人ロック・バンドの中で最も耳を惹かれたのがこのスコットランドのグラスゴー出身のグラスヴェガス
f0045842_1394671.jpg
90年代の「ブリットポップ」以降、イギリスから出てくる新人に対しては、どちらかというと期待感より懐疑的な見方をしてしまう人が多いでしょう。もちろん私もその1人。特に「大型新人」とか「NMEで絶賛」とか書いてあると余計に疑ってかかってしまいます。そもそもイギリスのロックバンドというもの自体もあまり聴かなくなったような気もしますが・・・。

さてそんなNMEが「オアシスの”Definitely Maybe”以来の衝撃」と絶賛するこのグラスヴェガス。別に今さらNMEで絶賛されててもどうでも良いし、何気なく聴いてみただけのこの1stアルバム「Glasvegas」(右写真)でしf0045842_1403668.jpgたが個人的にかなりの衝撃を受けました。ザ・ジーザス&ザ・メリー・チェインマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン直系の美しいギターのシューゲイズ・ノイズの中に、一際真っ直ぐに響くヴォーカル。そして明快で爽快感のあるメロディの楽曲がとにかくフレッシュ。言ってみれば新しいサウンドではないし、先鋭的でもないがこの真っ直ぐ過ぎるアルバムは時代性を感じさせないもので、何年経っても普通に聴けるアルバムだと感じましたね。あとそんなサウンドでありながら、ヴォーカルが若き日のジョー・ストラマーに激似というパラレルぶり。さらにドラマーが女の子でしかも立って叩くというビジュアル面も話題でした。

そんなグラスヴェガスが早くも初来日。本国では既にヘッドライナー・ツアーも敢行している人気ぶりで、それを見込んでか日本での会場もクアトロよりも大きめのBig Catでしたが、予想外のガラガラぶり。半分くらいしか埋まってなかった状況でしたね・・・。残念ながら日本ではあんまり人気ないみたいです。

さて、暗がりの中スモークいっぱいのステージに4人のメンバー登場。やっぱりヴォーカルのジェイムズ・アランは写真で見る通り「若き日のジョー・ストラマー激似」。しかも革ジャンにリーゼントという出で立ちまでそっくりです(でもかなりのなで肩)。ドラマーの女の子は写真で見てると結構カワイイかと思ってたんですが、横幅が大変な事に・・・(以下略)。
f0045842_1414556.jpg
1曲目は、アルバムのオープニングを飾るFlowers And Football Tops。SEと共にギターのリヴァーブかかりまくりのギターのフィードバック・ノイズ。そこにキャロライン・マッケイの叩く、ドラムマシンかと思えるほど単調でシンプル極まりないタムの音がドスンドスンとリズムを刻みます。「タムとシンバルしかないドラムセットを立って叩く」なんてスタイルは完全に、初期のボビー・ギレスピーがドラム叩いていた頃のザ・ジーザス&ザ・メリー・チェインですね。そしてこちらもエコーのかかりまくった力強いヴォーカル。この声が加わる事によりグラスヴェガスの音楽が他のバンドのサウンドと一線を画すようになります。やっぱり凄いインパクトのある声だ。リアム・ギャラガーの声にも匹敵する図太さもあります。生命力高そうな感じ。
f0045842_1473459.jpg
アルバムでも1曲と1曲の曲間がフィードバック・ノイズで埋められて音がほぼ繋がっていましたが、ライヴでも同じ構成でフィードバックの残響音が次の曲のイントロに繋がっていきます。とにかくボーカルもギターもエコーかかりまくり。やはりギターの音の美しさがかなり素敵です。個人的には音圧でぶっ飛ばされるくらいの音のデカさを期待してましたが、意外と音圧は小さく「フィードバック・ノイズの壁」を感じるまでには至らなかったのが少々残念でしたね。あとライティングなどもとても凝っていて、シルエットを強調させたバックライトや、ハレーションを使ったライティングなど「見せ方」にも凝ったものになっていてフレッシュでした。
f0045842_1482063.jpg
しかしドラムはホントにシンプル!ザ・ジーザス&ザ・メリー・チェインの1stのドラムとほぼ同じ!1回聴いたらすぐに真似出来るほどのシンプルさ。当初「これならドラムマシンで十分なんじゃないの・・・」と思ってましたが、後半になるにつれ徐々にドラミングも熱を帯びてきてグルーヴを感じさせるものに。そして意外にもキャラ的に面白い女の子で、フロントの寡黙な暗めの男3人を中和させる華やかさも持ち合わせていて、こf0045842_1485486.jpgキャロラインもこのバンドになくてはならない存在というのが分かりましたね。ただ2nd以降もこのままのドラムなら、バンドの楽曲の幅があまり広がらないんじゃないかという危惧もありますが・・・。ザ・ジーザス&ザ・メリー・チェインが2nd以降変化したようにこのバンドも次回ドラムがどうなるか楽しみですね(ジザメリみたいにドラムマシンになっちゃったりして・・・)。

1stアルバムの曲はほとんど披露。やはりシングルのGeraldineGo Square Goの際立ち方は他の曲より群を抜いて良いですね。終盤ではギターとヴォーカルの2人で登場しアコースティックの弾き語りで、「Please Come Back Home(限定クリスマス・アルバムに収録されている)も披露。フィードバック・ノイズに頼らなくとも十分に通用する事もアピール。
f0045842_1571887.jpg
そして本国では大合唱を起こすといわれるDaddy’s Goneも日本でも大合唱とはいかずとも「小合唱」くらいは起こっていましたね。ホントに良いメロディの曲です。

f0045842_1581278.jpg1stアルバムしかリリースしていないので持ち曲の全てを披露しても1時間にも満たなく、その後どんな曲をやるんだろうと思っていたらアンコールもなく55分程で終了。あっという間に終わってしまいました。ただ早々と切り上げた感は無く、もう全部出してやる曲がないって感じでした。(ちなみに東京公演ではロネッツBe My Babyのカヴァーも披露していたようです。そういや、このBe My Babyのドラムのリズムを使ってジザメリJust Like Honeyを作った話は有名ですが、このJust Like Honeyのドラム・パターンまんまなのが、グラスヴェガスDaddy’s Goneなのは完全に意図的でしょうね。)

まだまだ荒削りで未熟さも見え隠れするライヴでしたが、このグラスヴェガスが未完の大器な存在では間違いないです。これからもっと大きくなっていくでしょう。

願わくば、ライヴではもっともっとギターのフィードバック音をデカくして欲しいですね!

     
[PR]
by Blacksmoker | 2009-02-01 01:31 | ライブレポート