<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

INDIA.ARIE [Testimony Vol.2 :Love & Politics]


f0045842_1852490.jpgもう出ないかと思ってましたよ!前作「Testimony Vol.1 :Life & Relationship」から2年半。本来ならば2007年にはリリースされているはずだったインディア・アリー「Testimony Vol.2 :Love & Politics」、遅れに遅れてようやくリリースです。

前作「Vol.1」はリリース時にかなり聴いたアルバムですが、今回の「Vol.2」のリリースを機に改めて「Vol.1」を聴き直してみるとやはりかなり素晴らしいアルバムだと再認識。
f0045842_1811450.jpg
そしてこの前作を聴くとやはり1stシングルだったエイコンをfeat.したI Am Not My Hairのサウンドの浮きっぷりも目立ってしまうわけです。この曲は別に悪い曲では全然ないんですが、「人気のヒットメイカーを迎えました」感が出まくりのレコード会社主導のようなサウンドで、過去のインディア・アリーの曲の中で違和感のようなものを感じていました。(さらにこのI Am Not My HairSwizz Beatzのリミックスまであって、レコード会社は現代のR&BやHIP HOP方面へ猛烈にアピールしようとしているように思えたわけです。)
f0045842_18125533.jpg
それが原因かどうか分かりませんが、インディアモータウンを離脱(インディアを発掘したモータウンの社長キダー・マッセンバーグが退任して、新しい女社長が就いたこともおそらく原因の一つでしょう)。今作より自身の立ち上げたレーベル「Songbird」からのリリースになっています(でもユニヴァーサル傘下のレーベルではあるみたいです)。前作がビルボード・チャートで1位を獲得し、さらに内容も素晴らしく、しかも2部作の2作目がすぐにリリースを控えているという順風満帆な状況下でレコード会社を移籍するなんて事態は異常とも言えることですからね。しかもスティーヴィー・ワンダー・チルドレンとしてモータウンを離れるという事はかなり厳しい選択だったとは思いますが、それを乗り越えてリリースされた事だけでもファンとしては感涙でしょう。
f0045842_1814511.jpg
そして今作の内容も前作に全く引けを取らない大傑作

「アコースティック・ソウル」路線をさらにワールドワイドに拡大し、なおかつ非常に明るいポップな曲が満載。もろにスティーヴィー・チルドレンだったインディアがミュージシャンとしてここまで大きな進化を遂げたことは感慨深いものがりますね。アルバムもビルボード・チャート初登場3位を記録!さすがです。
f0045842_18185424.jpg
アルバムのサブ・タイトルである「Love & Politics」の通り、今作にはラヴ・ソングと政治的な歌で占められており、とりわけラヴ・ソングの割合が3/4くらいあります。そしてそのラヴ・ソングだけを抜粋してみると、一連の恋愛過程がストーリーになっています。

Therapy(私にはあなたのセラピーが必要なの。)[初恋]
 ↓
Chocolate High(あなたを食べちゃいたいわ。)[浮かれ中]
 ↓
He Heals Me(彼が私を癒してくれるの。)[まだまだ浮かれ中]
 ↓
River Rise(神様、私どうしたらいいの?)[苦悩中]
 ↓
Yellow(出ていかないで!)[号泣]
 ↓
Long Goodbye(私はもう泣かないわ。お別れよ。)[惜別]

ってなカンジ。結局は別れてしまうわけですが。

さて今作はゲストの多様ぶりにも注目です。1stシングルTherapyに参加しているのがグランプス・モーガン。最初この名前を聞いたとき「誰だっけ?」と思いましたが、ジャマイカが誇るレゲエ・バンドのモーガン・ヘリテイジ(下写真。中央がグランプス)のメンバーじゃないですか!こんな人もいたんですね。でもこの曲、曲調はレゲエではなく開放的なアコースティf0045842_18195356.jpgックなソウル・ナンバー。ポップな疾走感が素敵です。ただグランプス・モーガンが全然目立っていなくて不思議だったのですが、これは実はアルバム・ヴァージョン。このアルバム・ヴァージョン以外にグランプス・モーガンが野太い低い声でガッチリ歌っているレゲエ・ヴァージョンがあります。個人的には絶対このレゲエ・ヴァージョンの方が今のインディ・アリーには合っていて好きですね。グランプス・モーガンHPでこのTherapyのレゲエ・ヴァージョンが聴けますので是非聴き比べてみて欲しいです。 「Therapy Remix」とは謳っていますが、おそらくこのレゲエ・ヴァージョンの方が最初のヴァージョンでしょう(アルバム・ヴァージョンのグランプスの登場頻度は不自然なくらい少ないし・・・)。もしかしたら、レーベルは変わったがまた前作のようなI Am Not My Hair問題みたいな事が起こったのかもしれません・・・。

そして最も注目度の高い曲と言えば、やはりミュージック・ソウルチャイルド(右写真)を迎えたChocolate High。この男、マチf0045842_18271471.jpgガイナイですね。特に最近のミュージック・ソウルチャイルドの勢いは凄い。現代ソウル・シンガーとして最高峰に立っていると言っても過言ではないですね。つくづくRadioのようなサウス路線に行かなかったのは正解でしょう。メアリー・J・ブライジとのデュエットifuleaveも素晴らしかったですが、この曲もかなり素晴らしい出来!2人の優しい掛け合いが美しいスティーヴィー・ワンダー直系の極上ソウル・ナンバー。流麗なピアノと薄っすら響くストリングスも最高です。

その他に注目なのはThe Cureという曲。この曲でのゲストはトルコ歌謡界の女王セゼン・アクス
f0045842_18284699.jpg
このコラボレーションは凄い。トルコだけでなく周辺諸国まで絶大な人気を誇るこのセゼン・アクスが登場するだけでも驚きですが、インディア流のアコースティック・ソウル・ナンバーに絶妙に絡み合うイスタンブール独特のメロディが不思議な異国の雰囲気を醸し出していて素敵です。前述のTherapyのレゲエにせよ、この曲にせよ恐ろしいまでのクロスオーヴァーぶり。まったく音楽の枠に囚われていない自由さがイイですね。アルバムの中にはインディアが世界各国を旅している写真が多数載っていますが、この旅の影響は今回のアルバムにかなりの影響を与えていると言っても良いでしょう。
f0045842_18302743.jpg
その他にもなぜかMCライトがハードコアなラップをキックするナンバーがあったり、前作でのI Chooseにも参加していたケブ・モが今回もドブロを炸裂させる濃厚ブルーズ・ナンバーがあったり、ゴスペル・シンガーのテレル・カーターをfeat.したりとホントに多彩です。そして前作ではイーグルスドン・ヘンリーのカヴァーThe Heart Of The Matterを完全に自分の曲にしていましたが、今回は何とシャーデーPearls。素晴らしい選曲!これも素晴らしい出来ですよ。個人的には終盤のバラードLong Goodbyeに号泣!
f0045842_18315920.jpg
今回も前作に全く引けを取らない大傑作です。これは何年後に聴いても色褪せないアルバムですね。是非ともチェックしてみて欲しい作品です。っていうかマストですよ。

しかし何でこの人はアルバムごとにジャケットがイマイチになっていくの?前作もジャケットに「??」なカンジで微妙だったけど今作は今までで一番良くない(泣)・・・。
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-30 17:04 | R&B / SOUL

2日目終了!


ライトは青。1日目よりも格段上の地獄度。

f0045842_21582130.jpg


あまりの音圧で後方のスポットライト照明が割れました。


レポートは後日!

   
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-25 22:00 | 極北

1日目終了


              脳内融解。

f0045842_905957.jpg


朝になってもまだ耳鳴りが止みません・・・。

今日は本当に死んでしまうかもしれません。
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-24 09:04 | 極北

遂にSUNN O)))再来日

日本を震撼させたあの衝撃の初来日公演から2年・・・。


いよいよ明日、明後日大阪でSUNN O)))の再来日公演です!

f0045842_23375977.jpg


まさしく臨死体験。人生の価値観が180度変わります。

f0045842_23384148.jpg

[以下HPより]

■SUNN O))) Shoshin / Grimmrobes Japan 2009

'Shoshin'とは'初心'である。
絶対的な核を持ちつつ音楽的拡散を繰り返してきたSUNN O)))が、結成から10年を経て今一度原点へ立ち返る。敢えて選んだ小会場の舞台に上がるのは僧衣を纏ったStephen O'MalleyとGreg Andersonの2人のみ、ゲストもヴォーカルもキーボードも無い。Sunn Model-Tフル・スタック3段積ギター・アンプ4台、ベース・アンプ4台、スモーク・マシーンのみを擁し、全ての基点である初作品『The Grimmrobe Demos』の楽曲だけをプレイする。演奏曲が同じでも、プレイする内容は当然毎日大幅に変わっていく。
'Shoshin / Grimmrobes'では一般的に認知されるSUNN O)))のイメージ...大音量/音圧/重さ/振動/密教性...それら全てを最高の純度と危険度で体感出来るだろう。

f0045842_23402014.jpg

■4/23 (木) 大阪鰻谷Sunsui
open 18:00 start 19:00
w/ BLACK GANION

■4/24 (金) 大阪鰻谷Sunsui
open 18:00 start 19:00
w/ RUNZELSTIRN & GURGELSTOCK (RUDOLF EB.ER)


もちろん私は2日間ともに参加します!とにかく気を抜くとホントに死にます。私は今回絶対に耳栓を持って行きます!
皆さん会場で会いましょう!
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-22 23:53 | 告知

MOS DEF @ Billboard Live Osaka 3/19(金) 2009


Black On Both Sides」⇒おれはどこをどうとっても正真正銘ブラックだぜ。

上はもちろんモス・デフの1stアルバムのタイトルですが、今回のライブもまさに「Black On Both Sides」!どの断面を切り取っても100%ブラックなライブでした。
f0045842_323910.jpg
そもそも何でこの時期に来日なんだろう?出るぞ出るぞと言われる新しいアルバムも一向に出ないし(おまけに「Tru3 Magic」なんていうジャケットすらないアルバムが出回っちゃったり・・・)。ラッパーより映画俳優としての活動の方が目立ってきちゃってる現在、「何かの映画のプロモーションで来日してるから、せっかくなんでついでにライブもやるのかな?」とか穿った見方もしてしまいそうですが、別にそんな映画もないし・・・(「僕らのミライへ逆回転」のDVDが日本盤で発売されたくらいかな)。結局よく分からないタイミングなんですが、とにかくあのモス・デフがやってきたのです。
f0045842_3123391.jpg
2001年の来日はフジロックでの来日だったので、大阪に来るのは1998年の今は亡きベイサイドジェニーで行われた「Rawkus Showcase」以来。出演はモス・デフタリブ・クウェリBlack Star、そしてコモン、さらには当時ネイティヴ・タン一派の端くれでRawkusからもリリースしていたDa Bush Babees(懐かし!)も一緒でした。今考えるともの凄いメンツでしたね。しかもフロアはガラガラ。ライブ終わった後にDJ Kenseiが回してた時なんてフロアに1人しか客がいてませんでしたらね。まあBlack Starもアルバム出す直前だったような気がするし当然かもしれないけど、そんな中でモス・デフが大暴れしてたのを思い出します。つられてコモン先生も大暴れしてましたね。今となってはRawkusも閉鎖してしまい懐かしい思い出ですが。

さてそんな昔のライブから実に11年振りの大阪ですから会場の期待のハンパないです。登場した瞬間からフロア総立ち
f0045842_3155766.jpg
なかなかこの会場はすぐに立ちづらい雰囲気がありますが全員と言っていいほどの客が立ってましたね。個人的にはこの会場で一発目から総立ちになった経験はSpeechのライブ以来ですよ。

でもなぜかモス・デフMF Doomみたいな鉄仮面を被って登場。よく分かりませんが、そこにいるだけでも出る存在感は圧倒的(背はそんなに大きくないですが)。DJを2人従えた「1MC + 2DJ」スタイル。そして仮面を取って一発目は1stからのBrooklynをキック。やはりこのクラシックからの曲は外せません。その他にもこのクラシック・アルバムからはHip HopUmi SaysLoveMs. Fat Bootyなど全然この時代の曲もガンガンにやってくれてました。
f0045842_3213462.jpg
さてライブの内容というと、まさに「モス・デフによるブラック・ミュージック歌謡ショー」といった趣き。要するにモス・デフがブラック・ミュージックの名曲を歌います的な内容なんです。ブラック・ミュージックの歴史を歌で振り返るという感じですかね。

まず最初は、ヒップホップのライブではもう最近ではお約束f0045842_3264180.jpgの「原点回帰=Back To Old School」!The Sugarhill GangRapper’s DelightGrandmaster Flash & The Furious FiveThe Message、そしてAfrika BamBaataa & The Soul Sonic ForcePlanet Rockなどヒップホップ黎明期のクラシック連発。しかもほとんどカラオケ状態。常々モス・デフのラップやフリースタイルにはオールドスクール的定番フレーズが頻繁に登場するんですが、今回のライヴを観て「やっぱこの人オールドスクール・タイプのラッパーなんだなぁ」と改めて再認識。あと、曲間のMCではやたら「Boogie Man」って言葉を連発してましたね。

その後は「ブラック・ミュージックの歴史を振り返る:第2章」という事で「ブルーズ編」。2nd「The New Danger」に収録されているShuggie OtisをフィーチャリングしたBlue Black Jackで、白人に奪われたブルーズ/ロックンロールは本当は黒人によるものだという事を啓蒙してくれます。これがもしPublic Enemyなら「エルビスは人種差別主義野郎だ」などとアジるところですが、モス・デフの場合は客とのコール&レスポンス。そして最後は延々とエアギターでギターソロを弾きまくる独特のユルいパフォーマンスで大喝采を浴びてました。
f0045842_331874.jpg
そして次は「ブラック・ミュージックの歴史を振り返る:第3章」。「レゲエ編」です。こちらはルーツ・レゲエではなく80年代ダンスホール・レゲエのジョグリング・セット。Ninja ManSuper Catなど筆頭にビッグチューンの連続投下でこちらもほとんどがカラオケ状態。トドメのYellowmanZungguzungguguzungguzengでは隣にいた元レゲエ馬鹿道場師範代の仲田氏も大ボスでガンショット撃ちまくり!
f0045842_3331159.jpg
その後も「ブラック・ミュージックの歴史を振り返る」シリーズは続き、レイ・チャールズI Got A WomanでR&Bを、そしてマーヴィン・ゲイWhat’s Going Onではソウルとブラック・ミュージックの最重要曲をほぼカラオケ状態で歌いまくってましたね。まるで「歌謡ショー」とも言える独特のユルさがちゃんと成立するのはモス・デフのキャラの成せるところです。タリブ・クウェリのタイトなパフォーマンスとは180度違ったステージングですね。(なぜかステージ後方のスクリーンにはブラジル映画「黒いオルフェ」が延々と垂れ流されていました。)

客層もかなりバラバラでモス・デフが幅広い層への受け入れられ方がよくf0045842_335013.jpg分かります。ステージ後方の席だったので、客席にホントいろんな人がいるのが見れてかなり面白かったです。例えばマイメン、ソウルシスタcatchafire1980嬢もしっかりいてるし、その横のテーブルではドレスアップしたキメキメのアフリカ系女性が大騒ぎでダンスしてるし、その反対側ではパーカーのフードを目深に被った女の子が1人でウータン・クランMethod Manのような不穏な動きをして踊っていたり、ド派手なビッチ系のギャルがオシャレに踊っていたりと、こんな様々な人達が一堂に介する場なんてなかなかないですよ。

「ブラック・ミュージックの歴史を振り返る」コーナーをきっちり盛りf0045842_3502139.jpg込み、Black StarのクラシックDefinitionをタリブのパートまでしっかり歌ったり、少し前に先行リリースされていた新曲Quiet Dog(左写真)を中盤からアカペラで披露したりとサービス感満点のエンターテインメント・ショー(その新曲Quiet Dogでもモス・デフのオールドスクーラーぶりが顕著でした!)。

とにかくモス・デフのキャラだけで奇跡的に成立していると言っても過言ではないステージ。彼は今やもうヒップホップ界ではビズ・マーキースヌープらと同系列で語られるべき愛すべきキャラですね(もちろんラップもカッコイイという点も共通しています)。このユルさが許容出来ない人には冗長なライヴに思えるでしょうが、会場を見渡す限りそんな人はいなかったでしょう。やはりスター性のあるラッパーは違います。
f0045842_3523139.jpg
本業のラッパーより俳優としてのキャリアの方が多くなってきている現状ですが(でも微妙にどの映画もあまりヒットしていない映画が多いような気も・・・)、次回こそは1stアルバムの時のような誰にも文句を言わせないヒップホップ・アルバムをリリースしてそれを引っさげた来日公演を観たいですね。(で、やっぱり会場はビルボードじゃない場所でお願いします!)

 
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-15 02:30 | ライブレポート

告知●●●「チューバイカ Vol.17」 @Cafe太陽ノ塔●●●


前回より約9ヶ月ぶり。2009年最初の「チューバイカ」、いよいよ明日土曜日開催です。今回は中崎町の中でもおしゃれスポットとして有名な「Cafe太陽ノ塔」で開催します!


f0045842_285754.jpg

●●「チューバイカ Vol.17 @Cafe太陽ノ塔」●●

■2009年4月11日(土)
■22:30スタート
入場無料


[Time Table]
22:30 mojamaki
23:00 hino
23:30 mDA
00:00 cameo
00:30 n.o.z.
01:00 waterloo
01:30 q-ga
02:00 kbkw
02:30 Blacksmoker(LIVE SET)
03:00 TB Arkestra
03:30 martin loser
 
VJ:Nonemaster Jay

Cafe太陽ノ塔ホームページ ⇒ コチラ


さて、タイムテーブルを見てお分かりのように、今回のBlacksmokerはDJではなくLIVE SETで登場!レゲエのジョグリング・スタイルでもなく、ソウルやR&BのDJでもありません。サンプラー、エフェクター、シンセサイザーを使ってのLIVE SET。

またもやBlacksmokerが新境地を開きます!

 
[PR]
by Blacksmoker | 2009-04-10 02:45 | 告知