<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

KRIS KRISTOFFERSON [Closer To The Bone]


クリス・クリストファーソンという名前を聞くと、僕個人としてはミュージシャンというより映画俳優という印象が強い。
f0045842_103447.jpg
古くは1973年サム・ペキンパー監督の映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」のまだ初々しいビリー役として、そしてここ最近の当たり役と言えばやはり、ウェズリー・スナイプス主演のSFアクション映画「ブレイド」でしょう[下写真]。ブレイドの相棒役として3シリーズ全てに出演している人気キャラだったので覚えている人も多いでしょう(だから「ブレイド3」であのあっけない死に方をさせた脚本は許せん!)。
f0045842_124140.jpg
しかしクリス・クリストファーソンという人は、映画俳優以上に本国アメリカではカントリー・ミュージシャンとしてウィリー・ネルソンジョニー・キャッシュ、そしてボブ・ディランらと並び賞されている偉大な人なんです。ジャニス・ジョプリンの1971年の名作「Pearl」の中でも有名なMe And Bobby McGeeや、ジョニー・キャッシュのカヴァーしたSunday Morning Coming Downもこのクリス・クリストファーソンの曲なんですよね。

f0045842_143082.jpg今回紹介するのは、そのクリス・クリストファーソンの3年振りの新作「Closer To The Bone」(右写真)。「俺も死に近づいている」という意味でしょうか。意味有りげなタイトルです。ジャケットに写る白髪で皺の刻まれた顔の御大も現在73歳。71歳で逝去した盟友ジョニー・キャッシュを思うとこのタイトルにも納得がいくというものです。

さて中のブックレットを見て驚いたのですが、「このアルバムをソウル・ブラザーのスティーヴン・ブルトンの魂に捧げる」という一節とその彼の写真が載っていました。テキサス出身のシンガー・ソングライターのこのスティーヴン・ブルトン(下写真)。私は2006年にThe Resentmentsのメンバーとして来日した時に彼を観てるんですが、どうやら2009年に50歳という若さで癌で亡くなっていたようです。
f0045842_17496.jpg
The Resentmentsのライヴに感動しただけに(その時のレポートはコチラ)、彼の死をこういう形で知ったのはショックでしたね。今年のアカデミー賞でジェフ・ブリッジスが主演男優賞を獲った映画「Crazy Heart」なんて、このスティーヴン・ブルトンをモデルにしているみたいだし何とも残念な話だ(サントラ盤も彼が担当している)。そういう事実を知ると、この「Closer To The Bone」というタイトルは更に重く響きます。
f0045842_1162811.jpg
内容はほぼクリス・クリストファーソンによる弾き語り(クレジットを見るとドン・ウォズがベースを担当し、ジム・ケルトナーがドラム、スティーヴン・ブルトンがギターと意外と豪華な面子が揃っているんですが、クリス・クリストファーソンの声とギター以外はほとんど印象に残りませんね)。全てがオリジナル曲だ。これくらいの歳になるとカヴァー曲やスタンダード曲ばかりが目立つようになるミュージシャンの中で、全てオリジナル曲が占めるアルバムをリリースするなんて、この人の才能はまだまだ枯渇していないようです。

クリス・クリストファーソンの激渋の深い声、一発録りのようなアコースティック・ギターの生々しい響きなどムダを削ぎ落としたシンプル極まりないサウンドは、ジョニー・キャッシュの晩年の作品「American」シリーズを思わせる。確かに晩年のジョニー・キャッシュの声と、今のクリス・クリストファーソンの声はどこか共通するものを持っていますね。
f0045842_1171424.jpg
ただ、かと言ってクリス・クリストファーソンがもうすぐ死ぬんじゃないかと言う話ではない。僕が言いたいのは、この歳になってもまだまだこんな素晴らしい音楽を創る彼の凄さなんです。人生訓を含んだ含蓄のある歌詞、さらにヴォーカルの圧倒的な説得力など聴いていて心に迫ってくるものがありますね。実に渋く、そして実に深い魂の一枚です。

そういや今作にはSister Sineadという曲が収録されています。歌詞を読むと、これはシネイド・オコナーがローマ法王の写真を破いた事件の事を歌っています。1992年のボブ・ディランのデビュー30周年記念コンサートのTV中継の時、シネイド・オコナーがその事件のせいで大ブーイングを受け歌えなくなった時に、唯一彼女を介抱していた優しい男がこのクリス・クリストファーソンだったのを思い出しました。
f0045842_1174738.jpg
この曲を聴いてシネイド・オコナーは涙を流しているに違いない。

  
[PR]
by Blacksmoker | 2010-05-22 00:01 | COUNTRY / BLUEGRASS

JOE HENRY @京都磔磔 3/30(火) 2010


ここ数年、気になるルーツ系ミュージックのレコードのほとんどがジョー・ヘンリーのプロデュース作だ。
f0045842_21535961.jpg
軽く振り返っても、

Elvis Costello & Allen Toussaint「The River In Reverse」
Solomon Burke「Don’t Give Up On Me」
Ani Difranco「Knuckle Down」
Mary Gauthier「Between Daylight And Dark」
Loudon Wainwright Ⅲ「Starnge Weirdos」
Allen Toussaint「The Bright Mississippi」
Ramblin’ Jack Elliott「A Stranger Here」
Carolina Chocolate Drops「Genuine Negro Jig」
Mose Allison「The Way Of The World」
Salif Keita「La Différence」 (これは一部のみですが)

などなど膨大な数に及ぶ。

これらのほとんどがジョー・ヘンリーの所有するカリフォルニアのサウス・パサディナにある「ガーフィールド・ハウス」というスタジオで録音されているのです。

そのジョー・ヘンリーの作るサウンドは、どこかノスタルジックでロマンチックさが漂うモノクロームな音像が特徴だ。さらには楽器の鳴りがとても生々しく響き、あたかも目の前で演奏されてるかのような感覚に陥ります。(ちなみにどのレコードも、ドラムがいつも印象的な音をしているなと感じていたんですが、僕の後輩曰く「それはジョー・ヘンリーがいつも使っているドラマーのジェイ・ベルローズの出す音なんですよ。ジェイ・ベルローズジョー・ヘンリー以外のアルバムでも同じドラムの音出してますよ」との指摘が。なるほどね。)
f0045842_21561564.jpg
さらに、プロデュース作だけでなく自身のソロ・アルバムもリリースしており、2003年の「Tiny Voices」、2007年の「Civilians」、そして2009年には「Blood From The Stars」とそれぞれ文句なしに素晴らしい作品でしたね。

1986年にソロ・キャリアをスタートさせているという結構長いキャリアを持つジョー・ヘンリーですが、今回の来日が何と初来日となります。やはり、ここ最近の注目度の高さを物語るようにこの日の磔磔は、普段僕が行く磔磔のライヴより俄然多い客入りでしたね。
f0045842_2158381.jpg
今回はジョー・ヘンリー以外はベーシストのデイヴィッド・ピルチ、そしてキーボードのパトリック・ウォーレンというトリオ編成。この2人は最近のジョー・ヘンリーの作品では必ず参加しているメンツですね。ちなみにデイヴィッド・ピルチインディア・アリーマデリン・ペルー、そしてパトリック・ウォーレンボブ・ディランブルース・スプリングスティーントム・ウェイツリズ・ライトなど錚々たるミュージシャンのアルバムに参加している超凄腕ミュージシャンです。
f0045842_21595496.jpg
さてライヴの方ですが、結論から言ってしまうと「今年観た中で最も素晴らしいライヴの1つ」と言っても良いでしょう。かなり感動的なライヴでした。まさかあのジョー・ヘンリーの作品の中のノスタルジックでロマンチックな世界観をライヴでも体感出来るとは驚きです。もう途中で何度もウットリし、何度も涙腺が緩む瞬間がありました。

まず第一にジョー・ヘンリーの声の魅力だ。49歳にもかかわらず若々しく、それでいてどこか哀しさが漂うその声は、サウンド以上にノスタルジック。さらには彼の弾くアコースティック・ギターの音と絡むとその効果は何倍にも増長する。決して一流のボーカリストではないが、そうでなくても心の琴線に触れる声の持ち主だ。
f0045842_2225824.jpg
バンド・メンバーもジョー・ヘンリーと旧知の仲だけあって妙なチグハグさなんて微塵も見せない息の合いよう。特にパトリック・ウォーレンのキーボードはオルガンやシンセやSEなど大きく活躍しており、トリオ編成とは思えないほどの音の厚さを見せていました。デイヴィッド・ピルチも同様に素晴らしく息の合った演奏で、足に鈴を巻きつけてドラムの代わりもやっていましたね。

新作「Blood From The Stars」の曲を中心に、長いキャリアのそれぞれから代表曲を随所に配置した構成は、この人が昔からいかに素晴らしい曲を書いてきたかをまざまざと見せ付けられている気がしましたね。個人的には911にインスパイアされたFlags、そしてピアノの弾き語りで披露されたOur Songがハイライトでしたね。僕が最も好きなOur Songの弾き語り(そして後半にバンドの演奏が加わる)は何と感動的な瞬間だったろうか!
f0045842_2241474.jpg
さらにはジョー・ヘンリーの奥さんの姉である、あのマドンナがアルバム「Music」に入れた「Don’t Tell Me」の原曲Stopもしっかり披露。ホントつくづく曲が素晴らしく、まだ持っていない初期のソロ・アルバムも全部揃えたくなりましたね。

やはり感動的なライヴというのは体感時間が短く、1時間半があっと言う間。でもその間はジョー・ヘンリーの創るノスタルジックで、ロマンチックな世界にずっぽりと浸かっていました。終わった後も、その余韻がなかなか抜けませんでしたよ。
f0045842_2254160.jpg
今回は初来日というだけあってキャリアの代表曲を網羅した形でしたが、これからはジェシー・ハリスのように毎年来日してもらって、その長いキャリアの中にあるもっともっと様々な素晴らしい曲を披露して欲しいです!(プロデュース業が忙しくて難しいか…)

ホント素晴らしいライヴでした!
[PR]
by Blacksmoker | 2010-05-13 21:41 | ライブレポート

AC/DC @ 京セラドーム大阪 3/16(火) 2010


世の中には2タイプの人間が存在する。

AC/DCを観た人」と「AC/DCを観てない人」だ。
f0045842_0462741.jpg
前日に観たボブ・ディランもそうでしたが、それ以上にこのAC/DCほどライヴを観た人とそうでない人との違いがハッキリするバンドはいない。

僕自身それを初めて体感したのは今から9年前の2001年の大阪城ホール。その時はアルバム「Stiff Upper Lip」リリース後のワールドツアーでの来日で、AC/DCが日本でライヴをやるのは何と1982年以来の18年振り。一種異様な盛り上がりを見せる中、初めて観たAC/DC(しかも前から7列目という目の前の席でした)は今までのライヴ人生の中で確実にハイライトとなる衝撃的な体験でしたね。
f0045842_051845.jpg
欧米においてAC/DCがなぜここまで絶大的な人気を誇る存在であり続けるのか?その答えは「ライヴ」なのです。あんな強力で、破壊力のあり、なおかつエンターテインメントの極みのようなとんでもないライヴを見せつけられたら、もうどんな人でも降伏するしかありません。簡単に言ってしまえば、ライヴを観れば誰だって確実にAC/DCのファンになるのです。つまり、「AC/DCを好きな父親がライヴに子供を連れてくる→ 子供も好きになる→ さらにファンが増える」という図式が成り立っていくわけです。AC/DCのライヴの客層が老若男女さまざまなのはそういう事なのです。
f0045842_0555036.jpg
しかし、対する日本の状況は大きく違ってくる。ツアーをすればするほどどんどんファンが増える欧米とは違い、実はまだAC/DCは1975年のデビューから35年間で、たった3回しか来日していないのです(1981年と1982年、そして前回の2001年)。そんな状況の日本ではやはりAC/DCの凄さが分かっている人の数が根本から違うわけですね。

そしてそのAC/DCのライヴの凄さはもう筆舌に尽くしがたいほど圧倒的
f0045842_1326100.jpg
もう批判を恐れずに言ってしまいますが、”ロックが好き”と言っていきながらAC/DCを観ていないヤツなんてまったくもってフェイクなんです。AC/DCを観てないでロックを語るヤツの話なんて信用に値しないのです。
f0045842_154271.jpg
そんなわけで「つべこべ言わず観ろ!」という事をこの9年の間、いろんな人に言ってきたんですが、啓蒙活動不足のせいか僕の周りで今回の来日公演に行ったヤツはほとんど皆無。結局僕と一緒に行ったヤツは9年前にも一緒に行ったヤツだったという何とも寂しい状況でした。やっぱり行ったヤツにしかこの凄さは理解してもらえないのか…。僕の周りの人間で今回行かなかったヤツは大いに反省するように!!

さて、そんな私の周りの状況とは一転して京セラドームは西日本のハードコアなAC/DCファンが集結して大盛況で、始まる前から会場周辺はお祭り状態。周りを見渡せばアンガス・ヤングのスクールボーイの格好をしてるヤツばっかだし、至る所でファン同士のエアギター大会が行われ、外国人はすれ違う人みんなに「AC/DC!」と挨拶のように声を掛けていたりと、みんな一様にテンション高いです。グッズ売り場なんて余裕で200人くらいは並んでます。Tシャツとかタオルとかちょっと欲しかったですが、こんな状況では買えません(ちなみに9年前の来日公演の時にも、ライヴ終了後テンション上がって「Stiff Upper Lip」柄のTシャツを買ってしまいましたが、見事に1回も着てないです…)。

しかし今回のグッズの中で一番のヒットは、やはり「アンガスの赤く光る角」でしょう!頭に装着し電池式で赤い角が点滅するものなんですが、客の装着率が異常に高い。一体この日だけでどれだけ売れたんでしょうか?10人に1人くらいの割合で付けていたんじゃないでしょうか。そしてそれが会場内で点滅するもんだから、アリーナからスタンドまで赤い光の海
f0045842_1305785.jpg
その光景は圧巻でした。

さて定刻が過ぎステージ後方のスクリーンにアニメーションが流れ出す。爆走する機関車にAC/DCのメンバーが乗っており、先頭車両には悪魔の格好をしたアンガス!ここでもう観客から地鳴りのような大歓声が響きます。そしてアニメーションの中の機関車がステージに突っ込んだ所で、会場にも巨大な機関車が現れメンバー登場。曲は新作「Black Ice」からRock’N Roll Train
f0045842_1324982.jpg
ステージにはブライアン・ジョンソンアンガス・ヤングマルコム・ヤングクリフ・ウィリアムズフィル・ラッドの不動の5人。最年長のブライアン・ジョンソンは御大62歳。そんな高齢でありながら9年前と何ら変わらぬ超パワフルな歌声です。
f0045842_1334458.jpg
そして永遠のギター少年アンガス・ヤング54歳)!少し髪が薄くなった気もするが、それ以外はこちらも全くもって変わらないキレのあるステージ・アクション。ダックウォークも軽快にキメまくり。衰えなんて微塵も感じられません。完全にキャラクタライズされたムダのないパフォーマンスにもう大歓声です。
f0045842_1353910.jpg
その後はもう名曲のオンパレード。「この人達はどんだけ名曲があるんだ」ってくらい必殺曲ばかり。あらためてとんでもないバンドなんだと実感します(マイケル・ジャクソン「Thriller」に次いで全世界で最も売れたアルバム第2位がAC/DC「Back In Black」ですからね。そう考えると凄いですね)。
f0045842_1364781.jpg
そしてそんな名曲の中に挟まれても何ら変わらぬ輝きを放つ「Black Ice」からの曲群(Rock'N Roll Trainを始めとして、Big JackBlack IceWar Machine)にも脱帽。ライヴになると一段と殺傷力を増します。

ブライアン・ジョンソンの声はもうダミ声の域をさらに超越したひき潰されたような声にも関わらず、めちゃくちゃライヴ映えするから凄いです。
f0045842_139228.jpg
高校生の頃初めてこの声を聴いた時は「なんだこの変な声は!?」と思いましたが、今となってはもうブライアンの声以外ではAC/DCは考えられなしですね(ボン・スコットの声でさえ違和感を感じるくらい)。前日に観たボブ・ディランと年齢的にもあまり変わらないのに、こちらは超パワフルHells Bellsの時に、ステージ上からどデカい鐘が下りてきて、その鐘からロープが垂れ下がっているんですが、そこへ全力疾走でそのロープにジャンプしてしがみついて鐘をゴーンとならすというパフォーマンスなんて、観ているこっちがヒヤヒヤするほどのハイパーぶりです。

そしてそのブライアン・ジョンソンを上回るド派手な動きをみせるアンガス・ヤング。こちらもギターを弾くという事以外にも見せ場たっぷりで、The Jack(渋い!)の時なんて一枚一枚服を脱いでいくストリップ・パフォーマンス(最後はズボンを脱いだらAC/DCのロゴの入ったパンツが登場!)。
f0045842_140738.jpg
本編最後のLet There Be Rockではアリーナの中に設置された円形ステージに移動。
f0045842_141459.jpg
そして、そのステージが上空に上がり、大量の紙吹雪の中でギター・ソロを弾きまくる。もう最高という言葉以外出てこないです。
f0045842_1413017.jpg
そしてその派手なフロントマン2人を支えるリズム隊の3人のあまりにもタイトな演奏は観た人なら感動するほどの鉄壁さ。コーラスの時だけスーッと前に出てきてコーラスを取るマルコム・ヤングクリフ・ウィリアムズのサイドマンぶり(アンガスが大暴れしているバックではこの2人ガッチリとリズムをキープしているのです!)と、くわえタバコでクールにドラムを叩くフィル・ラッド(ライヴでタバコくわえながらドラム叩いている人など初めて観たぞ!)のジャスト・ヒットなドラミングはAC/DCというバンドの根幹を成している超重要なファクターですね。
f0045842_1493743.jpg
さらにこのAC/DCの最高のパフォーマンスに応える観客もまた最高だ。もうほぼ全編において大合唱。Whole Lotta Rosieでのアンガス・コール、そしてT.N.T.での掛け声、さらにはThunderstruckのサンダー・コールなど完璧です。日本のAC/DCファンだって海外のファンに負けないくらいアツイんです。

アンコールはHighway To Hell。そして最後はFor Those About To Rock (We Salute You)。ここでは最後とばかりにステージ後方から巨大な大砲が登場。その大砲が曲に合わせてドカンドカンと次々に発射しまくり、もう会場全体のボルテージもMAXに。
f0045842_150841.jpg
そして2時間にも及ぶ圧巻のステージは終了しました。もう声も枯れるくらい叫び倒したのでグッタリです。観てるコッチも体力をかなり消耗します。AC/DCのライヴは観客参加型のスポーツみたいなもんですね。

いやぁ~あらためて考えても、ホントとてつもないバンドです。60歳にもなるオッサン達がこんな凄いライヴを見せるんですから、若者はたまったもんじゃないですね。「解散」とか「これで最後の来日」とかいろいろ噂では言われてたりしますが、ハッキリ言ってそんなネガティヴな言葉とは一切無縁でしたね。あんなライヴを観ると、まだまだ彼らはやってくれるのはまちがいないでしょう。次回は何年先になるか分かりませんが、次回も必ず参戦します(次回は息子も連れて行きます!)

とにかく今回あれだけ言ったにも関わらず来なかった人は、大いに心から反省して次回こそはつべこべ言わずに参戦するように!それまではAC/DCのライヴDVDを観てしっかり勉強しておけ!


     
[PR]
by Blacksmoker | 2010-05-10 00:30 | ライブレポート

BOB DYLAN @ Zepp Osaka 3/15(金) 2010


世の中には2タイプの人間が存在する。

ボブ・ディランを観た人」と「ボブ・ディランを観ていない人」だ。
f0045842_17231.jpg
大袈裟な言い方だが、そう言っても過言ではないほどに、前者と後者ではディランに対する捉え方が大きく違ってくる。なぜこの人がそれほどまでに「伝説」なのかは、観た人とそうでない人では大きな隔たりがあると言って良い。その存在感や歌声、それに纏う空気感も含めて体感した人でないとその凄さの本質は理解しづらいかもしれない。

今回のツアーで遅ればせながら初めて体感したディラン。たしかに得体の知れぬとてつもないオーラとそのライヴを観た事で、その凄さが少しでも分かったつもりでしたが、それはまだ小僧の戯言でした…。まだ序の口だったのです。

3/12から1公演挟んでの私の2回目(大阪公演4日目)となる3/15のディランは完全な「ロックンロール・モード」!60年代の曲連発の3/12とはうって変わり、この日はハードにドライヴするロックな曲が満載。ちょっとでも分かったつもりでいた僕を嘲笑うようなディランの変化ぶりに完全にヤラれました。

この日は黒いジャケットに白いハットで登場したディラン。オープニング・ナンバーは初日3/11のオープニングと同じくWatching The River Flowでスタート。2曲目からはライティングが雪の結晶のような模様を映し出し、曲は78年のアルバム「Street Legal」からSeñor (Tales of Yankee Power)
f0045842_191948.jpg
ツアーでは60年代の曲は結構披露するんですが、70年代の曲をあまり演奏しないディランだったので、この曲は結構貴重です!ちなみにこの印象的なライティングは前回観た時の2曲目Lay Lady Layの時も同じライティングだったので、毎回2曲目にはこのライティングなんでしょうね。

今回はその他にも初登場したのはDesolation Row!お馴染みCold Irons Boundのヘヴィな演奏の流れから登場したこの曲。個人的にもディランの曲の中でも大好きな曲だったんですが、正直に告白しますと、途中まで何の曲か気が付きませんでした(笑)。チャーリー・セクストンがフロントで目立ちまくっていて、観客もやたらに盛り上がっていたので「一体何の曲だ?」と思っていたら、歌詞の「Which Side Are You On?」ってトコでようやくDesolation Rowだと気が付きました。
f0045842_1111233.jpg
この日はこの他にもHigh Water(For Charley Patton)The Levee’s Gonna Breakなどロックンロール曲が多く、ディランもかなり上機嫌に演奏しているのが観ていて分かります。この日はさらにStuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues AgainMan In The Black Coatなどディランのキャリアの中では比較的地味めな曲も披露していました。

後半は3/12とほぼ似ていて最強の演奏をみせるHighway 61 Revisited(後半のジャムも凄かった)、そしてThunder On The Mountain、ヘヴィで重厚なBallad Of A Thin Manなどは共通でしたが、今回はアルバム「Modern Times」からのSpirit On The Waterが追加。個人的にこの曲はこのアルバムの中でも、さらに言うと最近のディランの曲の中でも一番好きなくらいの曲なので、この曲が生で聴けて最高に嬉しかったですね。ドニー・ヘロンのペダル・スティールとディランのハーモニカの演奏も素晴らしかったです。
f0045842_1125355.jpg
最後のアンコールは不動の3曲。Like A Rolling StoneJolene、そしてAll Along The Watchtower。(この後の東京公演ではAll Along The Watchtowerに替わってBlowin’ In The Windが登場したようですが。)

この日はアンコール最後のAll Along The Watchtowerが始まる前にちょっとしたハプニングがありました。最前列にいた客にスチュ・キンボールが何か話しかけており、その後何とその客からディランにギターがップレゼントされたのです。スチュからそのギターをチャーリー・セクストンが受け取り、ディランの所まで持って行って手渡したら(ギターには何か手紙が挟まっていました)、ディランが声をあげて笑ったのです。ステージ上で全くMCをしないディラン(「Thank You」さえ言わない)のめったに見れない一面が見れた貴重な瞬間でしたね。その後チャーリーが客席を煽って、ディランに何かやらせようとしましたが、結局ディランは何もしなかったですが…。最後はまたメンバー全員で整列。そしてお馴染み無言のままディランは立ち去っていきました。
f0045842_1145313.jpg
今回ディランのライヴを観て感じたのは、観た2回ともそれぞれ全く違う印象だったこと。3/12ディランは「重厚なディラン」であり、3/15のディランは「若々しいエネルギッシュなディラン」。観る日によって全くキャラクターが違うのは、この人ならではの面白さ。そういえば1978年の武道館のライヴも、1日目と2日目では「全く違う人のようなライヴだった」というエピソードを思い出しましたが、ホントにこの人は観る日によって全く違った姿をみせるようですね。これがまた3日・4日間観るとまた印象が違ってくるのだろう。

ディランという人は様々な側面を持っているからこそ、様々な時代に対応し、様々な層のファンを獲得している。そしてディランを好きな人でもディランを好きなポイントがそれぞれ違うのも面白い。ディランの熱狂的なファンでさえも、「あの時代のあの曲はダメ」という意見を「絶対」持っていますからね。

僕は90年代にディランを「発見」し、2000年代のディランにヤラれた人間なので、今回のライヴにはとても感動しましたが、60年代~70年代からのファンは今回のライヴをどう感じたか、非常に知りたいところですね。

現在68歳ディラン。まだまだ次回も日本に来てもらい、その圧倒的な存在感で日本を沸かせてもらいたいですね。

  
 
[PR]
by Blacksmoker | 2010-05-04 00:54 | ライブレポート