<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NAS & DAMIAN MARLEY [Distant Relatives]


Distant Relatives」=「離れた親戚

これがどういう意味なのかはアルバム最後に収録されたAfrica Must Wake UpでのNasのヴァースを聴けば分かる。「俺達はみんな同じ場所から来た アフリカだ。世界中の人たちがみんな家族。あちこちに散らばっているだけなんだ。だから遠い親戚たち 故郷へ帰ろう

f0045842_17353938.jpgヒップホップ界の最も崇高なリリシストNasと、レゲエ界のロイヤル・ファミリーの末弟ダミアン・マーリィによるコラボレーション・アルバム。しかし単なるコラボレーションという枠を超えてブラック・ディアスポラとしての2人、さらにはソウル・ブラザーとしての2人の渾身のアルバムと言って良いだろう。

アフリカン・アメリカンであるNas、そしてボブ・マーリィの末子であるジャマイカ人のダミアン・マーリィ。人種も宗教も違うこの2人だが、表題のようにアフリカをルーツにすれば皆が同じ兄弟。特にヒップホップとレゲエという「レベル・ミュージック」として音楽を選んだ2人の親和性はなおさら高い。
f0045842_1738523.jpg
Nasボブ・マーリィを聴いて育ったし、そのボブの息子であるダミアンNasを聴いて育った。この音楽的輪廻で繋がった2人が初めて邂逅したのが2005年のダミアンのアルバム「Welcome To Jamrock」の中のRoad To Zionだった。当時はその意外な組み合わせに驚いたが、その後この2人がどんどん親睦を深めていった事でこのコラボレーション・アルバムの登場にはそこまで驚きはしなかったが、実際にこんなとんでもなく凄いアルバムを完成さす事になるとは予想もしなかったですね。

f0045842_17421767.jpgとにかく今、この2人のラッパー/ディージェイとしての凄さは群を抜いている。個人的には、特にNasは90年代中期~後期にかけては精細を欠くアルバムが多かったが、2001年の強力なボムOne Mic以降、見事にハズレなしだ。最近のアルバムなんて震えるくらいスリリングなリリシストぶりを発揮していてますます孤高の存在感を放っている。(ちょっとケリスとの結婚&離婚で足を引っ張っられたけど・・・。)

そしてもう1人のダミアン・マーリィ。傑作「Welcome To Jamrock」でこちらも強力な存在感を身に付けて一皮剥けた彼ですが、その後マライア・キャリーグウェン・ステファニーアリシア・キーズといったポップ・フィ-ルドで活躍するアーティストとの競演から、スティーヴン・マーリージュリアン・マーリィといったレゲエ・ロイヤル・ファミリーの兄弟達への客演、さらにはB-RealGuruといったハードコアなヒップホップ・アーティストへの客演と、その行動範囲をジャンルレスに展開している。
f0045842_17521637.jpg
ここ数年で鍛えられたその声は「Welcome To Jamrock」の頃と比べても、まるで別人。弱冠の不安定さも見せたその声も、今では抜群の安定感と存在感を誇る。ディージェイだけでなく、シンガーとしての素晴らしさも特筆すべきだろう。今回のアルバムではプロデュースまで手掛けており、その音楽性の高さには舌を巻くばかりだ。ヒップホップ寄りでもなく、レゲエ寄りでもない、ちょうどそのど真ん中を行くサウンドはダミアンの折衷感覚の鋭さのなせる技だ。

更にはマーリィ家の次兄スティーヴン・マーリィ(右写真)が、このアルバムの制作に関わっている事も大きい。f0045842_17552183.jpgスティーヴンというと、全ての楽器を操る裏方的なイメージが強い人だが2007年に初のソロ・アルバム「Mind Control」をリリースしてマーリィ・ブラザーズとしての誇りとレゲエの「レベル」を受け継いだ精神性を見事に知らしめた男であるが(ちなみにこのアルバムは、決して派手ではないが、何年かあとに絶対聴きたくなるアルバムだ)、このスティーヴンがこのアルバムに関わる事で、深みが断然増しているのは間違いない。LeadersIn His Own Wordsで披露される父親にそっくりなその激渋な歌声もこのアルバムのレゲエ・サイドを担っていてヤバイです。このアルバムはNasダミアン名義ではあるが、ヒップホップのNas、レゲエのスティーヴン、そしてその真ん中を行くダミアンという3つ巴のアルバムと言っても良いだろう。
f0045842_17575687.jpg
パーティ・アルバム的な要素は排除して、実に重厚なメッセージ性の高いアルバムになっているのも良い。「レベル・ミュージック」として、エッジが立ちまくった攻撃的なアルバムだ。そしてもちろんRedemptionもある。大物でありながらストリートなザラついた感覚を漂わせてるのもカッコイイです(まあ、ケリスと離婚して月に1000万円の養育費を払えるNasと、家にはロールスロイスが何台もある豪邸を持つロイヤル・ファミリーの一員であるダミアンのどこが「ストリート」なのかという話もありますが・・・)。
f0045842_1810954.jpg
更にはゲスト陣もなかなか興味深い人選。特にルーツ・レゲエ界のレジェンド、デニス・ブラウンThe Promised Landの声をサンプルで使ったLand Of Pomiseは、まさしく過去と未来を繋ぐ意義を持つ1曲。更にロイヤル・ファミリー専属のスタジオ「Tuff Gong」の鍵を預けられたソマリア生まれの若きラッパーのK’naan(ワールドカップで大ブレイク!)、f0045842_18172646.jpgそして現在のアメリカのヒップホップ・シーンの寵児とも言えるリル・ウェイン(左写真)の参加も大きい。特にこのMy Generationというテーマ的にも非常に重厚な曲に召喚されたリル・ウェインなんて、こんな強烈なカリスマ2人の前ではフザけたオートチューン・ヴォイスのラップなんて披露したら、絶対に怒られるのは確実なので、最近のリル・ウェインには珍しく真摯なラップでめちゃくちゃ好印象。ヤレばできるじゃねーか!

本国ジャマイカでもヒットした1stシングルAs We Enter(2小節ごとにマイク回しをキメる2人が異常にスリリング!)から、アフリカン・ドラムに重厚なストリングスの絡むTribes At War、先日のSummer SonicNasも披露してたStrong Will Continueダミアンの堂に入ったシンガーぶりが素晴らしい)と、アルバム頭3曲でもうこのアルバムは凄い事になるのが分かりますね。いつものように異常にリリカルなNasの鋭いラップも冴えまくっている。一方のダミアンは旧約聖書に基づくラスタファリズムが全面に出た宗教色の濃いリリックスで、Nasの現実のストリートに根差した直接的なリリックの対比も面白い。
f0045842_18331084.jpg
ブラック・ディアスポラとしてのアイデンティティを持ったこの2人(スティーヴン・マーリィも合わせれば3人)による、レゲエとヒップホップの枠を超えた傑作。Nasのファン、ダミアンのファン、それぞれのファンも唸る素晴らしい作品です。

今のところBlacksmokerの2010年のベスト・アルバム間違いなく断トツの1位です!是非チェックしてみて下さい。

   
[PR]
by Blacksmoker | 2010-08-24 17:18 | REGGAE

TOTAL FUCKING DESTRUCTION @ 心斎橋Hokage 5/23(土) 2010


全国320人のグラインドコア・ファン待望のTotal Fucking Destructionの初来日公演に行って来ました!

Brutal Truthのドラマーとしてグラインドコア・マニアから絶大なる支持を得るリッチ・ホーク。1人ノイズ・ユニットPeacemakerとしても活動するその彼がリーダーとして率いるグラインドコア・バンドがTotal Fucking Destructionだ。2000年より活動を開始し、今までに数々のスプリット盤やデモ音源の編集盤を出してグラインドコア・フリークにその存f0045842_14302261.jpg在を知らしめてきたこのバンド。2007年にその全貌を現す1stアルバム「Zen And The Art Of Total Fucking Destruction」(右写真)で強烈極まりないグラインドぶりでマニアを狂喜させた。もちろん私もマメにスプリット盤までチェックしていた方なので完全にブチのめされましたね。激烈極まりないハードコアも最近ではメタルコアやデスコア、カオティックコアなどよく分からん細分化がされてますが、こちらは正真正銘の純粋無垢な真性グラインドコア!「よく分からん細分化はいらん!」と言わんばかり、とにかくもうジャンルの壁をブチ壊してブラストビートで統一させたような究極のグラインドコアでした。

さてそんなTotal Fucking Destructionの初来日。前座には日本のアンダーグラウンドの猛者達が迎え撃つラインナップですが、やはりTotal Fucking Destructionのパフォーマンスは演奏の壮絶さ、そして見せ方においても頭一つ抜きん出てましたね

ちなみに始まる前に普通にドラム・ペダルを持ってリッチ・ホークが客席の方にいたので、「以前にKKKに入ったって噂があったけど本当?」って聞いたら、「そんなわけねーだろ!」って言ってました。やっぱりデマだったようです(笑)。

さてリーダーのリッチ・ホーク以外は謎のTotal Fucking Destructionですが、ギターとベース、そしてドラムというトリオ編成。絶対に1stの頃とギターとベースはメンバーチェンジしてますが、そんな事は誰一人として気にしていないです。ギターのオッサンはバンダナ巻いて顎鬚を生やした木こりみたいなデカい風貌で超イカつく、ベースのオッサンは小柄だがなぜか5弦ベースでした。そして上半身裸になったリッチ・ホークはドラムに座る前に一人気合を込めて絶叫してましたね。(下写真)
f0045842_14344654.jpg
一曲目は2ndアルバムからの発狂寸前の残虐グラインドBio-Satanic Terroristic Attack!(なぜか1stアルバムにアコースティックVer.が入ってましたが。)ドドドドドド!ガガガガガガガ!ムグォォォォォォッと思考回路すらストップさせる超絶グラインド・ノイズ地獄の始まりです。
f0045842_14365715.jpg
もうその後は阿鼻叫喚のグラインド地獄へ直行。もう最悪で最高の素晴らしきグラインド・タイムです。とにかくリッチ・ホークさん、アンタはスゲェよ。何であんな壮絶なドラム叩きながら、さらに歌まで歌えるんだ?こんな壮絶な光景は見た事ないぞ。もうムチャクチャ。あッ、でもやっぱり酸欠になってるわ。鯉みたいに口をパクパクさせてます。ちゃんと息出来ているのか?大丈夫?でも何とか大丈夫そうだ。しかし壮絶極まりないぞ!と、あらゆる感情が一気に噴出する状態に突入。もう凄すぎて笑いが止まりません。
f0045842_14384314.jpg
全く初心者を寄せ付けない残虐極まりない過激な音楽であるにもかかわらず、あまりにも過激すぎて、もう一周して「笑い」に昇華してしまっているのです。
f0045842_14423284.jpg
タイトルだけでもバカバカしくて笑ってしまうFuck The InternetKill The Jocks And Eat Their Brainsなどの極悪な名グラインド・ナンバーの連発に、会場中ももう笑うしかない人と、完全に置いてけぼりの人に二極化されていましたね。
f0045842_14475332.jpg
しかし、その会場を1つに出来るのがリッチ・ホーク先生の凄いところ。ドラム・セットから客を指名して「お前1曲歌え!」とステージに上げて歌わしたり、更にはスタッフにまで歌わせてRamonesI Wanna Be Sedatedのカヴァーで盛り上げたり(でもこいつがこの曲知らなくて適当に吼えていてグダグダでしたが)と、リッチ・ホーク先生のサービス精神たるや敬服せざるを得ないです。最後には完全に会場が1つになってましたね。
f0045842_14442972.jpg
あっと言う間に駆け抜けた1時間。ってか観る側も演奏する側もこの時間が限界!血生臭いアンダーグラウンドのグラインドコア臭ぷんぷんの素晴らしい時間を堪能させて頂きましたよ。終わった後もあまりの体力消耗に気が抜けて地面に体操座りしてボーっしてるリッチ・ホーク先生の姿(下写真)がこれまた最高に可愛かったです。
f0045842_14453234.jpg
体力的にあと何年このバンドを続けられるか少々心配ですが、まだまだ現役のリッチ・ホーク先生の涙ぐましい活躍を俺は心底応援するぜ!

     
     
[PR]
by Blacksmoker | 2010-08-16 14:48 | ライブレポート

維新派 [台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき]@犬島精錬所跡地 7/27(火) 2010


1970年から活動する一風変わった演劇団「維新派」。
f0045842_2341939.jpg
彼らは「しゃべらないセリフ、踊らない舞踏」と言われる独特な表現方法を持ってる。つまり明確なストーリー性を排除し、断片的なセリフの反芻を中心として舞台は進行する。それに合わせるような踊りは一切なく、アルタード・ステイツなどの活動で知られるギタリスト/ダクソフォン奏者の内橋和久の創る独特の変拍子のリズムのエレクトロ・ミュージックに合わせて動く役者達の異様な動きも維新派の特徴だ。

そしてもう一つの特徴はその舞台。

毎回毎回公演の度に自分達の手でステージを建設し、公演が終われば解体すると言う「Build & Scrap」スタイルで、しかもその舞台の規模の大きさが毎回話題となる(ちなみに前回は琵琶湖に水上ステージを建設した)。

今回の舞台は瀬戸内海に浮かぶ離島「犬島」。
f0045842_23423435.jpg
ここは明治後期から銅の精錬所として栄えた島だが、昭和初期には銅の価格暴落のため閉鎖され現在では廃墟と化している。今では人口70人の島の中にその精錬所の廃墟化したレンガ造りの巨大な煙突や変電所跡が島のあちこちに残されたままになっており、不思議な時間が流れている。もちろん犬島に渡るには船を使うしか方法は無い。
f0045842_23445861.jpg
その精錬所跡地に4000本もの丸太を使って組み上げられたステージが今回の舞台だ。瀬戸内海を見下ろし、更には精錬所の巨大なレンガ造りの煙突や建物の廃墟までも舞台として組み込まれた圧巻のロケーションでしたね。
f0045842_23452833.jpg
さて今回の公演「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」は2007年から続く「<彼>と旅する20世紀三部作」の最終章にあたる3作目。漂流・移民をテーマとしてきた維新派の、世界を舞台に展開される壮大なサーガの完結編。2007年の1作目「Nostalgia」は南米を舞台とし、2008年の2作目「呼吸機械」は東欧を舞台にしてきましたが、今回の完結編の舞台はアジア。海で繋がるアジアの島々が舞台となる。

公演タイトルの「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」は、一風変わったタイトルだが、これはウルグアイの詩人ジュール・シュピルヴィエルの1930年に書かれた詩からの引用で、その詩の内容は以下の通り。


灰色の支那の牛が

家畜小屋に寝ころんで

背伸びをする

するとこの同じ瞬間に

ウルグアイの牛が

誰かが動いたかと思って

振り返って後ろを見る

この双方の牛の上を

昼となく夜となく飛び続け

音も立てずに

地球のまわりを廻り

しかもいつになっても    

とどまりもしなければ

とまりもしない鳥が飛ぶ


なかなか不思議な詩である。この詩には時間軸が存在していない。一つの場所で起こった出来事は、同時に全く違う場所で起こりうるということに気付いているのは鳥ということになるが、この鳥というのは神の視点のように思えます。それとも…。この不思議な詩の解釈の仕方で、この難解とも言える公演の内容の理解度も違ってくる(劇中で2回この詩が引用される)。

そしてこの詩のように、時代も場所も全く違うアジアの島々を舞台に、そこへ移民したり、漂流したりした日本人達を中心に進行していく。まるで20世紀という時間を飛び続ける鳥のように、現代から戦前の時間を飛び回る断片的なストーリーの連続は難解ではあるが、後半にそれらが一気に完結へ向かう流れの凄さは圧巻だ。
f0045842_23461319.jpg
一見意味の無いような断片的なストーリーでさえも、しかりとした伏線でありそれも収束されていく。彼らを繋げるものは「戦争」という大きな力だったことが分かります。そしてその大団円に現れる4mを超える<>という巨大化した人間。「20世紀という時代」の概念メタファーとして1作目に登場し、2作目では20mを超える大きさに肥大化してきたこの<彼>が最後に銃を肩に掛け軍服を着て現れる衝撃は観る者の心に深く刺さります。戦争はまだ終わっていないという意味だろう。
f0045842_23482689.jpg
あと劇中では内橋和久によるエレクトロニックな音が流れるが、その本人が客席側からギターを使って効果音やノイズをリアルタイムで挿入していく姿も印象的でしたね。しかも客席後方のPAシステムのエンジニアを担当しているのは、FishmansBoredomsのエンジニアで有名なZAK。個人的にはディジリドゥ奏者GOMAが率いるバンドNight Jungleでステレオ録音のような浮遊感のあるモノラル録音に驚愕させられましたが、そのZAKが今公演をLive Mixしているという点も注目でした。演劇だけでなく音楽も彼らの舞台には重要な要素を含んでいるのです。維新派が音楽面の細部までこだわっているのが分かります。

廃墟となった巨大建築物まで舞台の一部として使い、奥行きのある巨大なステージを遺憾なく使用した壮大なセットの中で示される示唆的なエンディング。こんな圧巻な舞台は維新派ならではのカタルシス。観終わった後でも何時間でも内容について議論していられる印象的な作品でした。野外公演の特性を活かした夜の満月の灯りも幻想的すぎる光景でしたね。この犬島という島が持つ独特の時間の流れと、維新派の今公演の内容が見事に融合して忘れられない体験をさせてもらいました。
f0045842_23485978.jpg
公演が終わってからも、アジアの雑踏の中にいるような屋台村や、大道芸人によるパフォーマンスなどもう完全な祝祭空間を化した雰囲気も最高でした。ちなみに私の観た日は、公演前と公演後に何とあふりらんぽオニと、内橋和久の貴重なゲリラ・ライヴがありました(あふりらんぽは、前日に解散ライヴをやっていたようです)。
f0045842_23493313.jpg
僕は数ヶ月前に出たオニの1stアルバム「Sunwave Heart」がめちゃくちゃ好きだったので、これはほんとビッグ・サプライズ。オニがギターを弾き語りして、そこに内橋和久がギターで効果音を入れるというライヴで、その1stアルバムからの曲を中心に公演前・公演後を合わせると2時間近くライヴやってましたよ。オニの子供も出てきてたりして完全なアットホームなライヴでした。

さて次回の維新派公演はどんなものになるんでしょうか?舞台の内容だけでなく、その周りの空間自体も含めて非常に楽しみですね。是非皆さんにもチェックして欲しいです。

  
[PR]
by Blacksmoker | 2010-08-10 23:20 | ライブレポート