<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年の10曲

アナログ盤で音楽を聴いてるとシングルという概念が薄れてくるんですが、これが私の2013年のベストソング10曲です。やっぱ歌詞って重要ですよね。


<2013年の10曲>

■第1位
MACKLEMORE & RYAN LEWIS [Same Love feat. MARY LAMBERT]
f0045842_2358643.jpg
シアトル出身の2人のラッパー&プロデューサーによるこの曲が2013年の私の1位。同性愛に対して支持を表明し、その権利のために闘うことを宣言した決意の1曲。2012年のアルバム「The Heist」からのシングルですが、2013年6月の米連邦最高裁の同性結婚の事実上の合法化によって再び注目を浴びることになった曲です。フックを歌う女性シンガーMary Lambertも同性愛者であり、彼女の歌う"努力しても自分は変えられない"という歌詞がストレートに伝わってきます。
f0045842_2359762.png
シングル盤のジャケットはMacklemoreの叔父でこの人の同性愛者のパートナーとの写真。


■第2位
PUSHA T [Nosetalgia feat. KENDRICK LAMAR]
f0045842_2359974.jpg
アルバム「My Name Is My Name」もむちゃくちゃカッコ良かったPusha T。Kayne Westプロデュースのドープなミニマルトラックに、Pusha Tのドラッグ取引やハスラー稼業についての暗喩や技巧的ライミングなどがふんだんに盛り込まれた凄い1曲。
f0045842_23595384.jpg
さらに客演に、もう今や国士無双状態のKendrick Lamarが犯罪の中心地コンプトンにいながらドラッグとは無縁の人生を送ってきた自身の生き様を語る。スリリングすぎる!


■第3位
PUSHIM [That's My Blues Song]
f0045842_003431.jpg
今の自分があるのはつらい過去の経験も含めてであって、そんな自分は今幸せだと肯定する歌。今のPushimだからこそ歌える曲です。


■第4位
RODRIGUEZ [I Wonder]
f0045842_014100.jpg
映画「シュガーマン~奇跡に愛された男~」を観た人なら文句なしでしょう。時代を超えてタイムスリップしていきなり現代に登場した名曲。


■第5位
二階堂和美 [いのちの記憶]
f0045842_021319.jpg
ニカさんのヴォーカリストとしての表現力が素晴らしいです。映画「かぐや姫の物語」主題歌。


■第6位
MASTER MUSICIANS OF BUKKAKE [Circular Ruins]
f0045842_031872.jpg
謎の覆面異形集団の新作「Far West」から、不気味に続く不穏な曲の最後に登場する牧歌的で荘厳な美しい桃源郷のような曲です。


■第7位
GIBBY HAYNES [Paul's Not Home]
f0045842_041732.jpg
この人Butthole Surfersから何も変わってないです。最低を極め過ぎて最高です。


■第8位
チプルソ-傷だらけのB-BOY- [綴り]
f0045842_06575.jpg
自分が関わった曲ではあるんですが、それを抜きにしてもチプルソの歌はヒップホップの枠を超えて全ての人に聴いて欲しい。


■第9位
JAMBO LACQUER [昨日のおかげ] 
f0045842_054491.jpg
WARAJIクルーのMC。ヒップホップとレゲエの中間をいくフロウに、郷愁的でレイドバックしたトラック、リッラクスしているようでピリっとするリリック。


■第10位
BASI [笑み feat. EVISBEATS]
f0045842_055737.jpg
BASIのアルバム「Rap U」には未収録ながら一番良かった曲。EVISBEATSのラップがパンチライン連発。
[PR]
by Blacksmoker | 2014-01-01 00:06 | 2013年総括