SUNN O))) @ 鰻谷sunsui 4/22(木) & 4/23(金) 2009


日本を震撼させた初来日から2年。再びこの日がやって来ました。

あれだけ打ちのめされたのにまた行ってしまうなんて、まさしくジャンキーですが、こういった輩を生み出す魔力を持っているのがこのSUNN O)))だ。これはSUNN O)))のライヴを体験した者でしか分かりえない感覚でしょう。「Maximum Volume Yields Maximum Results」がどういうものか身を以って知っている人なのです。
f0045842_170490.jpg
そんなわけで、今回は大阪公演2日間参戦。Blacksmokerの最もリスペクトする音楽ライターの山崎智之氏の横で最前列で体験しました。(ちなみに山崎氏は、前回の来日公演と同様、今回も全公演制覇したようです。さすがです。)

今回のツアー・タイトルは「Shoshin」=「初心」。原点回帰という意味だが、今回のライヴを観れば、その意味するところが一目瞭然。前回の来日公演のステージがいかにショー・アf0045842_173345.jpgップされたものだったかがよく分かります。ステージにはMayhemアッティラ・シハーもいないし、エレクトロニクス担当のオーレン・アンバーチもいないし、もちろんBorisAtsuoもいない。事前のアナウンスの通りでステージにはギターを持ったスティーヴン・オマリーグレッグ・アンダーソンの2人のみ。そしてSUNN O)))の1stアルバムである「The Grimmrobe Demos」(右写真)を演奏するというスペシャル・プログラム。

前回のライヴではライティングも様々な色が使われ、後半ではハレーション効果など視覚効果も存分にありましたが、今回は「初心」というだけあって、ライティングも全く変化なし。(初日の照明はオレンジ、2日目は青という違いくらい。)徹底的にショー的な要素は排除していましたね。もちろんステージにはスモークが充満していて、ほとんど何も見えませんでしたが。
f0045842_175396.jpg
しかし、これで露になったのがSUNN O)))の本来の姿。アッティラの邪悪な呪文のような声もないので、観客は純粋に凶暴なドローン・ノイズの壁に容赦なく圧殺されるわけです。その音圧たるや、2人であってもまったく前回のライヴに劣らない地獄度。体の内臓にまで響き渡るその低音の振動はやはり分かっていてもその凄絶さに驚愕。鼓膜にまでダイレクトに響いてくるその重低音に耳の奥が痛みを感じます。しかも、ノイズの壁の波動をモロに喰らう最前列は恐ろしいまでの地獄度。あまりの危険度に何人もが脱落していきましたね。(山崎氏から聞いた話では、この大阪公演の数日前に行われたISISをヘッドライナーにした轟音イベント「Leave Them All Behind」に出演した時のSUNN O)))はヘッドライナーのISISに気を使って音はいつもより小さめだったようです。)
f0045842_1755329.jpg
2日連続で参加すると各日でその内容が微妙に違っているのがよく分かります。1日目はスモーク焚きまくりで、全くステージもフロアも判別が出来ないほどでしたが(1m隣の人でさえ見えない!)、2日目は比較的スモークが少なめ。ステージが見えるようになって分かったのは、グレッグ・アンダーソンがかなりアクティヴに動いているんですね。長い髪を振り乱してヘッドバンギングを繰り返している姿は、このあまりにもスローなドローン・サウンドにはミスマッチでしたが、観ていて面白い(対するスティーヴン・オマリーはあまり動かないでギターを高く振り上げるくらい)。初日ではスモークが凄すぎて全く見えなかったので新鮮でした。
f0045842_1763059.jpg
しかし、サウンドの地獄度は2日目の方が格段に上。最前列はもう音圧で殺されるんじゃないかと思うくらいの壮絶極まりない地獄度でした。しかも1日目よりも演奏のスピードが明らかに速くなっていましたね。そして、そのあまりの音圧の凄さにある凄い出来事が起きました。SUNN O)))の演奏中、あまりの音圧でステージ後方のスポットライト照明が「パキンッ!」と割れてしまったのです!朦朧とする意識の中で幻覚まで見えるようになったのかと思っていましたが、その事態の尋常のなさに思わず現実世界に引き戻されました。しかし音圧で照明が割れるなんて聞いたことあります?こんな壮絶な光景はそうそう目撃出来るものではないですよ。まさしく命懸け!しかも会場中どこへでもこの凶暴な音圧は襲ってくるので逃げ場なしです。
f0045842_1717599.jpg
意識を正常に保ってないと一発でアチラの世界に連れて行かれる驚愕のドローン地獄。雪山で遭難した時に「寝るな!」とか言われる感覚と同じようなものでしょう。両日共に1時間半のドローン地獄を存分に味わわされました。

もはやSUNN O)))は純粋に音楽を追求する真のアーティストと言っていいでしょう。こんな臨死体験は、おそらく彼らのライヴでしか体験する事は出来ないでしょう。そして家のどんな性能の良いスピーカーでも残念ながらこの凄さは再現できない。
f0045842_17173685.jpg
そして我々は再びこのSUNN O)))のライヴに足を運ぶ事になるのです。
[PR]
by Blacksmoker | 2009-05-21 16:49 | ライブレポート
<< NEAL CASAL @ Ca... JESSE HARRIS @ ... >>