BOREDOMS in BOREDRUM @名村造船所跡地 10/3(土) 2009


2007年7月7日に77台のドラム、そして2008年8月8日には88台のドラムでもって行われたBoredomsによる「BOREDRUM」公演。このまま2009年には「99台か!?」と思われましたが、今年は9台のドラムによってAll Tomorrow’s Partiesで披露されたようです。

今までの「BOREDRUM」はアメリカで開催され日本で観ることは出来なかったのですが、今回初の日本披露となる「BOREDRUM」がここ大阪で開催されました。場所は、住之江区の名村造船所跡地。昨年に同じ場所でZettai-Muの13周年記念イベントでV∞REDOMS名義でのライヴが行われましたが、今回は「NAMURA ART MEETING '04-'34 名村造船所跡地30年の実験 vol.03 起程Ⅱ~海路へ臨む祭礼」というイベントの一環として行われるもので、これは既に廃墟となった名村造船所をアートの拠点として発展させていこうというイベントなのです。よってヤノベケンジによる作品「ラッキードラゴン」(被爆した第五福竜丸からネーミングされてる)と、水都2009でも話題だった「ラバーダック」(わざわざ会場まで運んできたようです)などアート作品が並べられており、かなり特異な空間になっていましたね。
f0045842_23444870.jpg
さて、その「ラッキードラゴン」と「ラバーダック」に挟まれた場所が今回のステージ。Studio Partitaの入り口にある赤い鉄骨で組まれた倉庫のような場所で、ほぼ野外ステージと言っても差し支えないでしょう。

ステージには既にドラムセットが並べられており、その数は8台。直前の情報でドラマーの1人であるHellaザック・ヒルが来日中止になっていたので、9台から1台引いた形ですね(ザック・ヒルは次の日にある予定だったソロ・ライヴも楽しみにしていたのに残念!)。

定刻になりメンバーが6人登場。EYEはいつものように真ん中に立ち他の5人がドラムセットに座ります。そしてEYEの合図で5台のドラムのシンバルが一斉に鳴り響きます。野外だけあって音が反響せずに拡散し、その音が「」の音のようにも聴こえます。
f0045842_2353129.jpg
そしてYoshimiのドラムを合図に他の4人のドラマー達が同時にタムをヒット。「ズドン!」という途轍もない低音が会場に響きます。今回ちゃんと観て気付いたのですが、このドラムを叩くタイミングはYoshimiのドラムに他のドラマー達が合わせているんですね。だから他の4人はYoshimiの一挙手一投足を凝視していましたね。ここは凄い緊迫感でした。

そのドラムのパフォーマンスを観ていると、会場後方が騒がしくなり、振り返ると神輿に担がれたドラムが登場!
f0045842_23465677.jpg
これは昨年観たライヴの時も同じように神輿に担がれたドラムが登場しましたが、今回は何と2台で登場!!
f0045842_2357581.jpg
昨年のライヴの時はフロアが人でパンパンで、押し合いでもう大変な騒ぎになってましたが、今回は会場の人数は意外に少なかったので(そういやこのイベント、あんまり大々的に宣伝してなかったですね)比較的落ち着いていましたね。

そして担がれたドラム2台が、今度は客席の中央で時計回りに回転し始め、それに呼応してステージ上の5台のドラムもどんどん大きな音になり、かなりのカオス度。いや~毎回毎回Boredomsにはホント驚かされますね。
f0045842_23591656.jpg
そのパフォーマンスが終わり、ドラマー2人がステージに加わり、さらにはEYEまでもソラムキットに座り、ドラム8台の共演!!凄い迫力です。昨年のドラム4台の時よりも破格の破壊力ですね。

EYEはその後すぐに中央のブースに戻り、もう一人のドラマーのDMBQ増子さんもエフェクターボードに移り、ドラムは左右に3台づつ配置された6台に。
f0045842_00124.jpg
その後はほぼ最後までノンストップでしたが、昨年観たライヴと大きく違ったのはそのライヴの構成力。昨年は中盤で少し中だるみした所もありましたが(ドラムが2台になるトコとか)、今回はかなり「見せる」力が格段にグレードアップしており、随所に様々な展開を盛り込んでいて、最後まで全く飽きさせない構成になっていたのはさすがでしたね。
f0045842_043561.jpg
Boredomsの音源でもよく耳にするオープンリールのテープ逆回転が生で観れたり、ゴリラのように叫び声を出すEYEのヴォーカル・パフォーマンスなどかなり視覚的にも面白い。
f0045842_084949.jpg
Boredomsに当てはまる言葉ではない気もしますが、より「エンターテインメント性」を増していたと言ってもいいでしょう。そういやSuper Go!!!Acid Policeのフレーズも飛び出してましたね。
f0045842_0204147.jpg
さらに陽も暮れて辺りが暗くなってくると(古来より祭というものは夜始まるのです!)、ステージの音に合わせて今度はステージの横の港に泊まっていたヤノベケンジの「ラッキードラゴン」が、突如として炎を吹き始めステージも観客もさらにヒートアップしてましたね。
f0045842_0213397.jpg
ステージだけでなく周りのものも含めて凄いパフォーマンスを見せてくれました。時間にすると1時間少々という短いパフォーマンスでしたが、あの場にいなければ分からない空気感も含めて、充分過ぎるほど堪能させてもらいましたよ。

個人的な見解ですが、今回のパフォーマンスでBoredomsの「Boredrum」は一段落を迎えたんではないでしょうか。おそらくこの後もさらに進化したパフォーマンスでこちらの度肝を抜いてくれるであろう彼らの次のステージが楽しみですね。
f0045842_0155099.jpg
さて、このイベントはこの後も高木正勝のライヴや、ヤノベケンジの新作「黒い太陽」のパフォーマンス(ライヴを終えたBoredomsのメンバー達も見に来てました)やら最後までかなり面白いイベントでしたね。来年も期待してます!
[PR]
by Blacksmoker | 2009-10-28 23:00 | ライブレポート
<< This Is It! 映画「O Mistério d... >>