GHOSTFACE KILLAH [Fishscale]

f0045842_23124696.jpg2004年の前作「The Pretty Toney Album」 はかなり長い間カーステ占領盤となったわけですが、今回のゴーストフェイス・キラーの新作もかなりヤバい出来で、ステレオに入りっぱなし確実です。

商業的にも人気的にも完璧に勢いの無くなったウータン・クランだが、その中で実は一番安定したヒット打率を誇るのがゴーストフェイス・キラーだ。意外にも一番人気と思われるメソッド・マンよりも商業的には上なのだ。そもそも前作からDef Jamに移籍したのもデカい。商業的バックアップもバッチリでミッシー・エリオットを迎えたシングルカット「Tush」 のヒットも記憶に新しいところ。

ゴーストフェイスの人気の理由はソウルフルな泣きのハイトーン・ラップと、ヴィンテージ・ソウルのレコードを存分にサンプリングしたそのメロウなトラックのセンスにある。「ウータン随一のソウルマン」と呼ばれる所以だ。ジャズ・クラシックのサンプリングならア・トライブ・コールド・クエスト、ソウル・クラシックのサンプリングならゴーストフェイス・キラーという訳だ。フットワークも軽く、昨年ではプレフューズ73のアルバムにも参加していましたね。
f0045842_23184985.jpg
さてDef Jam移籍第二弾(そしてショーン・カーターaka Jay-ZのDef Jam CEOになって手掛けるゴーストフェイスの初のアルバム)となるこの新作ですが前作との違いは、前作でも出番が減って僅かながらしか関わっていなかったウータンの首領RZAの名前がこのアルバムで完全に無くなった事。代わりにトラックのプロデュースを手掛けているのがピート・ロックJ ディラ aka ジェイ・ディー、そして覆面ラッパー兼トラックメイカーのMFドゥームというまったくメジャーから出ていると思えないメンツ!何なんだこの人選は?確かにピート・ロックやMFドゥームやJ ディラなどは知名度は相当だがメジャー・フィールドのトラックメイカーではない。この中に参加しているトラックメイカーではジャスト・ブレイズくらいじゃないか、メジャー級と言ったら。そんな意外すぎる人選だが中身は相変わらずのソウル・クラシック使いのメロウなサウンドが満載。

まず注目なのはファースト・シングル「Back Like That」 。現在自身のアルバムが大ヒット中のDef Jam驚異の大型R&B新人Ne-Yoをfeat.した泣きの失恋ソング。完璧なギャル・チューンに仕上がっております。当然のことながらヒット中。クラブに行くときは押さえておきましょう!

f0045842_2318553.jpgその他には昨年から話題だったピート・ロック(右写真)が手掛けた「Be Easy」 。クラブでもガンガンにプレイされていて盛り上がってましたよコレは。どんなミックステープにも必ず入ってたし。ザ・シルヴァーズの名曲「Stay Away From Me」 使いのフロア・アンセム。そういやニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド「Spark Da L」 も同ネタ使いでした。

話題として注目度が高いのは「9 Mili Bros.」 。なんと故ODBまで含めたウータン・クラン全員集合のハードコア・ポッセ・カット。RZAが全員の名前をシャウトアウトし始まるこの曲は男なら熱くなる事マチガイナイShit。驚くのはこの曲のプロデュースがMFドゥーム(下写真)!MadvillainDanger Doomf0045842_23262767.jpg他にもキング・ギードラなど様々なプロジェクトを持つこのアンダーグラウンドの謎の鉄仮面男MFドゥーム。Danger Doomの時にゴーストフェイスが参加していたとはいえ、彼がウータン・クランを手掛けるなんて夢にも思わなかったが、意外と相性バッチリなクラシックの誕生です。ピアノの響きが印象的だ。MFドゥームはこの他にも3曲手掛けております。全曲ヤバいくそドープなトラックを提供している。

f0045842_2331650.jpg今年3月に惜しくも他界したJ ディラ(右写真)のトラック「Whip You With A Strap」カニエ・ウェストばりのソウル・レコードの声ネタ早回し手法で超メロウなチューン。遺作となった「The Donut」 でもJ ディラはこの声ネタのサンプリング手法を使っていたが、まだまだ発展途上のようなあのアルバムでも感じられたが、彼は新たなフェーズに向かっていたようだ。本当に偉大な才能を失ったと思う。

1曲づつ解説していくと長くなるのでこの辺にしといても、全編を通してなかなかアンダーグラウンドな臭いを保ちつつメジャー・フィールドも見据えた作りはさすがの一言。ソウルのネタ使いとメロウなラップの相乗効果で、またもや泣ける一枚となってます。最終曲のローガン・ミッシェルをfeat.した女性賛歌「Momma」 に大泣き確実です。ちなみに日本盤にはこのあとThe Notorious B.I.G.をfeat.した曲も入っているが、先日出たビギーのクソなデュエット・アルバムのアウトテイクのような出来なんでいらねー。

そしてこのアルバム、見事ビルボード200で初登場4位!マチガイナイ!!!
[PR]
by Blacksmoker | 2006-04-24 00:02 | HIP HOP
<< CHARLIE HUNTER ... JESSE HARRIS @ ... >>