sakana [Sunday Clothes]

音源が出れば必ずチェックしたくなるミュージシャンっていますよね?いつの時代でも出ていれば必ずレコードだけは買ってしまうというような(まあそういうミュージシャンというのは得てしてそんなに有名じゃない場合が多いんですけど・・・)。世間に騒がれなくてもひっそりと良質の作品を届けてくれる信頼出来るミュージシャンっておそらくみんな一つや二つあると思います。私にとってSebadohルー・バーロウなんてモロそんなミュージシャンですね。

f0045842_135917.jpgそして今回紹介するsakanaも私にとってはそんなミュージシャン。先日ひっそりリリースされたsakanaの新作「Sunday Clothes」も派手さはないが素晴らしい作品です。

sakanaはギターの西脇一弘とヴォーカルのポコペンによるデュオ。ちなみに2人は夫婦。20年以上も活動を続けていて今までに13枚もアルバムをリリースしている。アコースティック・ギターを主体としたフォークが基本なんですが、フランスやブラジルのような異国情緒の漂う不思議な雰囲気があります。ギターの一音一音の響きを大事にする西脇氏のギターが特徴的なんですが、それよりもやはりsakanaといえばポコペンさんの独特なボーカルが最大の魅力です。その日本人離れしたクセのある歌い方は唯一無二(昔はフィッシュマンズ佐藤伸治ともよく比較されていましたね)。お世辞抜きに私はポコペンさんは日本で最高のヴォーカリストだと思っています。

今回の新作も新機軸というものはないけど、ゲストにバッファロー・ドーター大野由美子が参加。彼女がスティール・パンを演奏していてこれまた異国情緒たっぷりで地中海にいるような雰囲気にf0045842_184085.jpgさせてくれます。ブラジル音楽のサウダージ感も出ていますね。そしてポコペンさんの歌詞はとてもユニークなものばかり。ありきたりな表現があまりなくて面白い。相当な表現力です。「シチュエーションもの」 な曲なんか、登場人物の関係性が全然理解出来ないことも多い。そういう不思議な歌詞も含めて非常に魅力的です。

ちなみにポコペンさんは非常に天然な人で、ライブではいつもよくわからない事ばかり喋ってます。その横でいつも寡黙な西脇さんがうつむきながら微笑んでいるアットホームな雰囲気のライブでとても楽しい。あんまり大阪には来てくれないけど、以前に京都でのライブでは私のリクエストした曲をやってくれたりしてとても良い人達でした。

最後にsakanaHPでは西脇氏によるsakanaのバイオグラフィが載っています(結構長いけど)。とても良い話なので是非読んでみて下さい。この人達を少しでも理解出来ると思いますよ。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-05-13 01:26 | FOLK
<< CALEXICO [Garde... レゲエ馬鹿道場(VERSION... >>