JURASSIC 5 [Feedback]

実に4年振りとなるジュラシック5の新作「フィードバック」の登場です。

f0045842_816386.jpgジュラシック5はLAを拠点とする「4MC & 2DJ」のヒップホップ・チーム。実は「」を名乗りながら、6人組。彼ら曰く「ファイブの方が響きがいいからさ」。こういうルーズさ良いですねぇ。しかし、ちゃんとDJを擁するヒップホップ・グループなんて今ではホント珍しいですよね。DJがいるヒップホップ・グループって、DJプレミア先生のいるGANG STARRくらいじゃないかな? しかもジュラシック5は、カット・ケミストDJヌーマークという天才DJが2人もいるという今では貴重なグループです。私もジュラシック5のライブを観たことがありますが、彼らのライブではこの2人による壮絶なスクラッチ合戦も楽しめる。とにかくアイデア満載のスクラッチ・セッションは彼らのライブのハイライトでもあります。今やオーヴァーグラウンドで活躍する彼らが、アンダーグラウンドにおいても今も変わらず揺ぎ無い支持を受け続けているのはこの2人の存在のおかげだろう。
f0045842_1365797.jpg
しかし今回、このアルバムにはカット・ケミスト(左写真)は参加しf0045842_1431062.jpgていない。彼は自身のソロ・アルバムの制作に集中するためジュラシック5から離脱している。メンバーのインタヴューとか読んでると「脱退したわけではないから、いつ戻ってきてくれても歓迎だ」とか言ってるので友好的な離脱だろう。と、いうわけで文字通りの5人組になってしまったわけですね。そして彼らの音楽にも多少の変化が現れている。

まずはこのアルバムからの1stシングル「Work It Out」。何とジャム・バンド・シーンの大御所デイヴ・マシューズ・バンドf0045842_1513517.jpg参加しているのです。ジュラシック5はここ最近はこのジャム・バンド・シーンと大きな関わりを持っていて「Bonnaroo Festival」にも常連ですから、デイヴ・マシューズ・バンドの参加は極々自然な流れだと言える。生演奏をfeat.したユル~いグルーヴにデイヴ・マシューズ(右写真)の脱力系ヴォーカルのキャッチーなヴァースが気持ちいいこの曲にはコアなヘッズは驚くだろうが、デイヴ・マシューズ大好きな私は全く持って大歓迎。ロック・フィールドでも十分にラジオ・ヒットが望めそうなポップ・ソングです。

この曲を筆頭にユルくレイドバックしたトラックが多数あるのがこのアルバムの特徴だ。まさしくジャム・バンド・シーンからの恩恵。このユルさがハマります!ただ誤解の無いように言っとくとヒップホップ度はキープ。オールドスクールの定番ブレイクを使用した「In The House」などヒップホップ度はむしろ高い。カット・ケミストの抜けた穴をDJヌーマークが1人で踏ん張っています。音がシンプルになった分、強度が増した気がします。

しかしジュラシック5がどんな音を出そうが個人的にはあまり関係ない。私がジュラシック5に求めるものは「チャーリー・ツナのラップが入ってくるときのf0045842_159442.jpgカタルシス」に集約される。ジュラシック5の中で最も低音のバリトン・ヴォイスでラップするチャーリ・ツナ(ラップ界でも彼ほど特徴的な低音はいないです)が無骨だがシャープなラップが切り込んでくる瞬間はいつ聴いてもゾクゾクする。キャラも最高で、2mくらいある巨体でありながら顔は気のいいあんちゃんでジュラシック5の中でも最も陽性なヴァイブを放つ彼はやはり人気もダントツに高い。掛け合いラップの楽しさはいつ聴いてもカッコイイし、他の3MCもスキルの高さを見せるが、チャーリ・ツナのラップがあればジュラシック5はそれだけで最高のラップ・グループです(かなりの暴論)。

さてこの楽しいラップ・アルバムをリリースした後はライブでしょう!彼らのライブはハッピーなヴァイブで溢れた極上のパーティです。フォーメーションを組んでいるようにステージ上に陣取る4MCのパフォーマンスからしてもうヒップホップの楽しさを存分に味わわせてくれるし、マイクさばきも見事な掛け合いラップ、スクラッチ・バトルなど立派なショウです。
f0045842_2130100.jpg
まさしく「パーティ・ラップ」という言葉が当てはまるほど楽しいショウなので是非楽しみに待っていましょう。

そしてジュラシック5を離脱したDJのカット・ケミストのソロ・アルバム「The Audience’s Listning」f0045842_241866.jpg同時期にリリースされていますのでこれもチェック!自他共に認めるスター・ウォーズ・フリークでもある彼によるヒップホップ純度100%なオタク魂全開のインスト・アルバムです。DJシャドウオゾマトリの活動を経て、彼が2年という時間を費やして作った入魂のアルバムです。ここにはネタ師でもあるカット・ケミストの意地と根性がぎっしり詰まっている。ジュラシック5の新作が気に入らないヘッズはこのアルバムを聴いて涙しろ!!
[PR]
by Blacksmoker | 2006-08-23 02:15 | HIP HOP
<< DMX [Year Of Th... MATISYAHU @ Zep... >>