レゲエ馬鹿道場(VERSION) 第六回。

さてダンスホール・レゲエも良いですが、ルーツ・レゲエも忘れちゃいけない。そんなわけでレゲエ馬鹿道場再開です。今回はジャマイカを離れてイギリスのルーツ・レゲエを紹介しましょう。今回は2枚紹介します。

ASWADNew Chapter」(1981)
  アスワドニュー・チャプター

まず始めに言っておくと90年代以降f0045842_16564246.jpgアスワドは聴かなくても良いです。最近のザ・ウェイリング・ソウルズインナー・サークルと同様、音楽性はポップス並みの軽薄さなのでスルー可です。いやむしろ無視して下さい。だがこのアスワドは初期の頃は素晴らしいルーツ・レゲエをやっているのでレゲエ・ファンとしてはスルー厳禁です。そしてこの「New Chapter」はその初期のアスワドの代表作にして名盤です。

1975年にロンドンのノッティング・ヒルにて結成された4人組のアスワドスティール・パルスマトゥンビなどと共にイギリスを代表するレゲエ・バンドだ(ちなみにあのサイケデリック・ロックバンドHAWKWINDもノッティングヒル出身ですね)。彼らは第二次世界大戦にイギリスに渡ってきたアフリカ系カリブ移民の2世で、英国政府から劣悪な労働環境、人種差別など不当な扱いを受けた彼らが、怒りや悲しみを表現する為にジャマイカのレゲエに傾倒したと言われる。1958年のノッティングヒル暴動(イギリスの白人がカリブ系移民移住区であるノッティングヒルを襲撃した事件。この後もこの地区では度々暴動が起きており1976年の暴動を題材にしたのがTHE CLASHの「White Riot」です)も彼らには大きな影響を与えている。
f0045842_173638.jpg
彼らを発見して大きなブレイクに導いたのがかのボブ・マーリィ。ジャマイカの政治闘争に巻き込まれ銃撃を受けたボブ・マーリィが一時ジャマイカを離れイギリスで隠遁生活を送っていた時にアスワドに出会って衝撃を受けたそうだ。彼らは1976年の1st「Aswad」、1979年の2nd「Hulet」でジャズやフージョンの香りのするレゲエを披露し高評価を得て揺るぎない地位を確立していく。そして彼らがレーベルを移籍して心機一転、飛躍的に成長したハードなルーツ・レゲエを提示したのがこの名盤「New Chapter」なのです。

アスワドのレゲエはジャマイカン・レゲエの乾いたドラムのあの蒸し暑い空気感や陽気なメロディーと違って、英国の空気感を閉じ込めたように非常にウェットで、憂いのあるメロディーを持ったレゲエを聴かせてくれる。
f0045842_1812641.jpg
まず1曲目の、英国人でもある自分達の本当のルーツを高らかに宣言する「African Children」からかなり熱いです。2曲目の「Natural Progression」などもつんのめるドラムのミリタント・ビートに効果的なサックス隊が印象的でこれも後世に残る名曲だ。歌詞が全編に渡ってとてつもなくシリアスで、彼らがかなりの抑圧された環境にいるのが分かります。ヴォーカルのブリンズレイ・フォードの歌声がボブ・マーリィにかなり似ています。

イギリス特有のトビ系の効果音に、ダブ加工されたギター、ハード&タフな歌、安定したコーラスなどf0045842_17204590.jpg演奏も完璧だ(ベースはかなり控えめ)。彼らのこの先鋭的サウンドが後世のイギリスのミュージシャンに与えた影響は相当なものだと思う。今のイギリスのロック、ダブ、ドラムン・ベースなどのダンス・ミュージックの源流には必ずアスワドが位置していると言っても過言ではない。今聴いても十分に斬新なサウンドですね。ブリティッシュ・レゲエを超えてイギリス音楽界の歴史的傑作「New Chapter」を是非聴いて下さい!数年前にリリースされた再発盤には「New Chapter」に先駆けて発売された12inch盤の音源が4曲収録されていてお得です。バビロンを容赦なく攻撃する「Finger Gun Style(Extended Version)」はパンクにも通じるストロングなレゲエで必聴。その他にも「Ways Of The Lord(Extended Version) 」とその2曲のダブ・ヴァージョンが収録されているのでこの再発盤をゲットして下さい。

そしてもう1枚紹介したいのがこれ。

ASWADA New Chapter Of Dub」(1982)
アスワドア・ニュー・チャプター・オブ・ダブ

New Chapter」の翌年にリリースされたこの「New Chapter」のダブ盤です。ハイレ・サラシエ皇帝が4匹のライオンをf0045842_17583992.jpg率いて天から降りてきている宗教画のような荘厳さを持ったジャケットも凄いが、内容も凄い。のちに天才エンジニアとして名を馳せることになる若きマイケル・キャンベルが手掛けた強力なダブ・アルバムです。マッシヴ・アタックの「No Protection」なんかより数倍強力で深遠なダブ・サウンドで容赦なく異次元にトバされます。これが本物のダブです。「New Chapter」にヤラれたらこちらもチェックです。

JAH RASTAFARI!!!
[PR]
by Blacksmoker | 2006-09-08 00:49 | レゲエ馬鹿道場(VERSION)
<< 特別対談:「Favorites... KONONO N゜1 vs 渋... >>