KIRK FRANKLIN [Hero]

まず始めに言っておくと、私は「コンテンポラリー・ゴスペル」というジャンルには全く疎いです。知ってる名前と言えばヨランダ・アダムスくらい…。

そしてこのカーク・フランクリンについても詳しくは知りませんでした。昔MTVでカーク・フランクリンU2ボノと一緒にやってたPVを観たf0045842_17394585.jpgことがあって何となく印象に残っているくらい。しかし、このカーク・フランクリンの新作「Hero」(右写真)は何とビルボードの全米ゴスペル・チャートで26週連続No.1というモンスター・ヒットを記録したという凄いアルバムです。半年間もチャートの1位に君臨したというのは、このアルバムが凄いのか?それとも他が弱いのか?とにかく非常に気になっていたアルバムなので聴いてみました。

まずこのカーク・フランクリンとはどんな人なのか?

1970年生まれの36歳。テキサス出身です。母親に捨てられ、父親f0045842_17445634.jpgも知らないまま厳格な叔母に育てられ、早熟な才能ゆえすぐに頭角を現し11歳でゴスペル聖歌隊を率いていたそうです。そして1993年にカーク・フランクリン&ザ・ファミリー名義でデビューし大ヒット、その後も97年、98年、02年とアルバムをリリースしていずれも大ヒットさせているそうだ。98年の「The Nu Nation Project」はボノメアリ・J・ブライジR.ケリーなども参加していますね。

さて、この4年振りの新作(私にとっては初めてのアルバム)、イントロから子供達の聖歌隊によるアカペラ「America The Beautiful」でスタート。続く2曲目「Looking For You」は意表を突いて70年代ディスコ・ビート。なんじゃこりゃ?そして、このアッパーなディスコ・ビートにクワイヤのコーラスが神への忠誠を歌い上げる。カーク・フランクリン自身の歌がいつ入ってくるのかを待ってても、「Come On!」とか言ってるだけで全然入ってこない。聖歌隊のバックで煽ってるだけなんですね。しかもスクラッチもビシビシ入ってくるし、何か想像したイメージと全然違いましたね。結構アーバンで洗練された感じです。

2曲目「Hero」は美しいピアノに先導されコーラス隊が歌い上げまくる。ここでもカーク・フランクリンは再び煽り役。この曲はドリンダ・クラーク・コールというゴスペル・シンガーを迎えて荘厳でパワフルなゴスペルを聴かせてくれる。歌詞も「辛い時もあなたがいたから救われた。あなたは私のヒーローだ」という幸福&降服度100%なスピリチュアル。なかなか良いです。この曲も洗練されています。
f0045842_17461836.jpg
しかし、これがゴスペルなんですね。想像していたゴスペルとは全然違ってて驚きです。もはやR&BやHIP HOPともリンクする音楽性です。カーク・フランクリンを聴いた人たちは、次にメアリー・J・ブライジJAY-Zは聴くかもしれないが、Blind Boys Of Mississippiやら50年代ゴスペルには絶対に行かないでしょう。それほどにアーバンな感じなんです。

Let It Go」でやっとカーク自身の声が聴ける。でもこれは神への懺悔の曲でカークは自分の半生を語っているだけですね。ティアーズ・フォー・フィアーズの大ヒット曲「Shout」のサビをまんま使い。懐かし~。「母親は4歳で俺を見捨てた。体は傷つけはしなかったが俺の魂を殺した」「父親は今強姦罪で捕まって刑務所にいる」「妹もクラックに手を出して13年ムショ暮らしだった」「17歳の頃女を孕ましてしまった」とか、かなりシリアスなナンバーです。最後には「神よ、俺の息子はまっとうな人間にしてくれ」と懇願しています。

全曲紹介すると長くなるので割愛しますが、美しく印象的なピアノのアルペジオに導かれる「Imagine Me」はこのアルバムのハイライトと言っていい素晴らしいスピリチュアル・ソング。この他にもアース、ウィンド&ファイヤーばりのナンバーや、ジョージ・クリントン的なPファンク・ナンバーもあるし、アコースティック・ギターとバイオリンをバックに歌われるゴスペルもある。全曲いろいろ趣向が違ってて実にバラエティーに富んだアルバムですね。最終曲ではカニエ・ウェストばりのソウル・ネタの早回しサンプリング使いです。
f0045842_17503441.jpg
ゲスト陣も豪華でスティーヴィ・ワンダー御大を迎えた強力ナンバーや、ヨランダ・アダムスを迎えてアカペラ・ナンバーもある。最初はかなり意表を突いて戸惑ったけど、聴く度にどんどんハマるアルバムですね。結構好きになりましたよ。カーク・フランクリンの歌声もソウルフルで良かったです。

最後に日本盤はボーナス・ディスク付きで、カーク・フランクリンと日本のゴスペラーズがコラボレーションした曲が聴けます。これはカークの前々作に収録されている「Lean On Me」という曲をゴスペラーズが新たにレコーディングしたナンバーにカークの煽りで参加していて、これが意外に素晴らしいので驚き。ゴスペラーズって初めてまともに聴いたんですが良いですね。是非日本盤でチェックして下さい。

ソウルやR&B好きな人は是非とも聴いておくべきアルバムです。オフィシャル・サイトも凝ったつくりで良いカンジです。「Imagine Me」が視聴出来ますよ。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-09-21 00:03 | GOSPEL
<< DMXの言い訳・・・。 ASYLUM STREET S... >>