CONVERGE [No Heroes]

英雄などいない
-これは落ちぶれた世の中への芸術的アンチテーゼ。
f0045842_01198.jpg
俺の世界には何もない。絶望なまでの空虚感。そして怒り。コンヴァージの描く世界はモノクロームで内面的で怒りに満ち溢れた世界だ。

コンヴァージがボストンで結成されたのが1990年。以来彼らは世界中の怒りや悲しみをその過激なまでのハードコアな音楽性で提示してきた。そして現在彼らの表現方法はもはや最高到達点に達しつつある。
f0045842_06328.jpg
一貫した反体制アティチュードや、暴力的なまでのノイズ、そして「死」を連想させる一連のアートワーク(Vo.のジェイコブ・バノンが全て手掛けている)などその高い芸術性も孤高の領域だ。

f0045842_013636.jpg彼らの6作目となるこの新作「No Heroes」は、極北に辿り着いた表現者が更なる進化を遂げたアルバムです。エクストリーム・ミュージックの歴史に残る傑作4thアルバム「Jane Doe」(2001年)、そして5thアルバム「You Fail Me」(2004年)の2枚で一気にアンダーグラウンドのカリスマ的存在となったコンヴァージですが、まだまだその飽くなき進化は続きます。

前作では多少メタリックで整合感のあるサウンドで頂f0045842_0105395.jpg点を極めましたが、今回のアルバムはもっとRawな感触。猥雑で粗暴なパンクなフィーリングが充満しています。このアルバムのほとんどの曲が1テイクか2テイクで録られたものだと言う。偶発的なハウリング・ノイズなどはおそらくそのまま収録されているのだろう。シンプルさがかえってその暴力的なサウンドの本質を浮き彫りにしています。80年代初期のハードコア・バンド(Bad BrainsBlack Flagなど)を彷彿させるところもあります。あの純粋に原始的なエネルギーの爆発は何十年経とうが今の昔も表現形態としては色褪せる事無く素晴らしいものですね。

そしてジェイコブの手掛けるアートワークも毎回ながら素晴らしい。醜悪の中から美しさが拡散されていくような感覚は昔から一貫しているが、今回は「Jane Doe」のジャケットで描かれているアートワークと対を成すように微妙にリンクしています。ゾっとするほど美しいアートワークが秀逸です(ちなみに彼の歌詞には良く「彼女」という言葉が出てきますが、このアートワークの女性の事だろうか)。
f0045842_0162780.jpg
そして来年早々コンヴァージは日本にやってきます。過去2回彼らの壮絶なライヴを体験しましたが、もはやライブ・パフォーマンスも芸術の域に達しつつあります。やり場の無いエネルギーが爆発する瞬間を感じられるその怖ろしいまでのライブは必見。

IsisMastodonSunn 0)))などと共に現代のアンダーグラウンド・シーンで先鋭性と芸術性の両方を兼ね備えた彼らは一見の価値ありです。
[PR]
by Blacksmoker | 2006-12-23 00:26 | 極北
<< ちょっと休暇。 THE CAMPBELL BR... >>