来日直前! マリーザ特別企画:最終回!

さて明日より始まるマリーザ・モンチ来日公演
f0045842_1151896.jpg
私は東京公演を観に行ってきます。

というわけで今回でマリーザ・モンチ特集は終了。最後にマリーザの映像作品を紹介します。

今回紹介するのは2001年のライブDVD「Memórias, Crônf0045842_1155952.jpgicas & Declarações De Amor」(右写真)。2000年にマリーザがリリースした5thアルバム「アモール・アイ・ラヴ・ユー(原題:Memórias, Crônicas & Declarações De Amor)」のリリース後のツアーを記録したライヴ映像作品です。マリーザの地元であるリオ・デ・ジャ・ネイロでの公演を収めたものになっています。私もいろんなアーティストのライブDVDを観てきましたが、このマリーザのDVDは、はっきり言ってその中でも圧倒的に群を抜いたクオリティを誇る永久保存版。映像美、カメラワーク、ステージング、照明演出など非の打ち所がない素晴らしい作品です。

完璧主義といわれるマリーザは実はレコードだけでなく、ライブでの舞台美術や演出まで全てにおいてプロデュースを行います。凝りに凝った映像や照明などもはや芸術の粋です。とにかく今まで観た事もないようなステージングに度肝を抜かれるでしょう。このライブ映像を観てもらえれば一目瞭然。その舞台演出に誰もが目を奪われるはずです。
f0045842_1195145.jpg
ステージ全体に張り巡らされた薄い半透明な布で出来たオブジェのようなものが目を引きますが、これが凄い!その薄い布で覆われたオブジェの中でマリーザ達が演奏するのですが、曲ごとに様々な幻想的な映像が周りに張り巡らされた布に映し出されます。CGで合成されているんじゃないかと錯覚するほどの美しさです。シガー・ロスとかが良くライブで使ってる大きな薄い布のスクリーンに映像を映し出し、その後ろで演奏したりしますが、マリーザの演出に比べれば子供同然です。リオの芸術家エルネスト・ネトが舞台演出を担当しているそうですが、この人は布を使った人間の体内を表現したような作品が有名で、日本でも個展やインスタレーションを行っている人だそうですね。ちなみに彼の作品がコチラ↓です。
f0045842_123095.jpg
まあその舞台演出だけでも充分鑑賞に値する作品ではありますが、マリーザのステージングもこれまた美し過ぎます。セクシーな花柄のドレスで登場し、ステージに跪いてキスする姿も美し過ぎます。これだけで一気に目が釘付けになりますね。その後一瞬で観客をコントロールしてしまうカリスマ性には圧倒。その妖艶な動きもまさしく天性のもの。
f0045842_12446.jpg
この時期のバンドはカルリーニョス・ブラウンの弟子のパーカショニストを3人引き連れており、女性コーラスも含めると総勢11人編成。リズム感の強い肉体的なサウンドを前面に出しています。彼らの様々なパーカッションの繰り出す音が面白過ぎます。

f0045842_1251945.jpgそしてマリーザの左に寄り添う寡黙なベーシスト、ダヂ。2001年当時なら、まもなく50歳になろうともいうダヂですが、まるで少年のような若々しさに驚きます。このダヂの事をカエターノ・ヴェローゾが「美しいライオン」と称したのも頷ける美貌です。引き摺るようなヘヴィな低音ではなく、軽やかなベース・ラインが非常に心地良くマリーザ・バンドの根底を支えているのが分かります。(ちなみにダヂマリーザ東京公演の2日前の5/27に東京でソロ・ライブをやるそうです。チケットは一瞬で完売したようです・・・。)

そしてマリーザの右で弾けるのはギタリストのダヴィ・モライス(下写真右)。ノーヴォス・バイアーノスのリーダーのモライス・モレイラの息子であるこのダヴィ・モライスのロックの先鋭性を含んだエッジの利いたプレイが光ります。この人はペドロ・サーと並ぶブラジル新世代ギタリストの筆頭。確かこの時期はマリーザの恋人でもあったそうですね。
f0045842_130036.jpg
そして腕の立つ確かなミュージシャン達をバックに、存分に歌うマリーザの貫禄はもう圧巻の一言です。「ブラジル音楽界の女王」という言葉には何の虚飾もありません。

選曲はアルバム「アモール・アイ・ラヴ・ユー」が中心。とにかく照明が素晴らしい。「Água Também É Mar/水だって海になる」ではマリーザが手を伸ばすとスクリーンから水滴の映像が雨のように落ちてきてそれが水面に波紋のように広がる演出照明が幻想的です。今までこんな凄い映像は観たことないです。この他にも観た事ないような映像美が満載です。個人的なはなしですが、美大出身の友人がこのDVDを観て「こんな凄い舞台演出が出来る人は今の日本にはいない」と舌を巻いていましたね。
f0045842_1313175.jpg
この他にもアルナルド・アントゥニスが登場したりと見所は満載。とにかくマリーザの映像作品といえばこのDVDをオススメ!これを観れば必ずマリーザのライブに行きたくなるでしょう。

さあいよいよ舞台は揃いました。この15年振りの来日公演、絶対に見逃すな!

 
[PR]
by Blacksmoker | 2007-05-26 00:57 | ブラジル
<< LOU BARLOW as S... マリーザ・モンチ来日記念! 特... >>