ZAP MAMA [Supermoon]


さて2007年はアフリカを代表する女性アーティf0045842_2353064.jpgスト、アンジェリーク・キジョーの新作がリリースされましたが、ここにもう一人アフリカを代表する女性アーティスト、ザップ・ママの新作がリリースされました。個人的にはこの3年振りとなるこのザップ・ママの新作「Supermoon」は、最も期待していた1枚。アフリカをルーツにし、そこから世界に向けて常に斬新な音楽を発信する、このあくなき音楽の探求者ザップ・ママ。今回のアルバムも実にポップであり、同時に実に刺激的なサウンドが満載です。

さてこのザップ・ママですが、実はザイール生まれのマリー・ドルヌという女性のソロ・プロジェクト。
f0045842_23542372.jpg
99年にワールドワイドでデビューした時はザップ・ママは5人組の女性グループだったのですが、その後リーダーのマリー・ドルヌの音楽的志向が他の4人と完全に変わってしまったため、グループは2ndアルバムをリリース後解体され、3rdアルバム「」以降はマリー・ドルヌのソロ・プロジェクトとして機能している。

実はマリー・ドルヌがソロへ転向するきっかけとなったのは、マイケル・フランティ(下写真)との出会い。
f0045842_2355486.jpg
彼との出会いによって彼女の音楽は更なる高みに到達したと言っても過言ではない。その後は様々なアーティストとの交流を経て、前作である2004年のアルバム「Ancestry In Progress」ではよりヒップホップ的アプローチを見せた(エリカ・バドゥコモンタリブ・クウェリクエストラヴなど豪華なゲストが参加)ザップ・ママですが、3年振りとなるこの新作「Supermoon」では更にアフリカ的リズムを強めながらも、サウンドは更に洗練され、マリー・ドルヌのその妖艶なヴォーカルにもますます魅力的になっています。そしてその開かれたポップ・センスは、先に出たアンジェリーク・キジョーの作品にも共通する事ですが、多くの人々の心を捉えるでしょう。
f0045842_23583137.jpg
リズムはアフリカ的ですが、メロディは欧米的なところも多く、そのブレンド加減が絶妙で彼女の孤高性を更に高めている。アンジェリーク・キジョーが、自身の音楽のスケールを大きくしてグローバル化を目指すのに対し、このザップ・ママも同じベクトルを向いてはいるが、サウンドはより実験的な方へ向かっています。

前作では様々なゲスト・ヴォーカルを迎えていましたが、今作では打って変わってほとんどゲスト・ヴォーカルf0045842_23595945.jpgは参加しておらずマリーのヴォーカルに照準を当てた作りになっています。しかしサウンドに関しては別。タダモノではないゲスト陣が参加しています。特に注目なのは1曲目1000 Waysウィル・リーの弾くベースラインに合わせ、ドラムを担当するのはトニー・アレンフェラ・クティのリズムを支えたグルーヴ・マスターによるリズムが冴えるこの曲からしてそのサウンドはプリミティヴ。その他にもミシェル・ンデゲオチェロ(新作「The World Has Made Me The Man Of My Dreams」ではかなり凄い領域まで行ってしまってます)やバシリ・ジョンソン、その他にもアフリカ人のミュージシャンが多数参加。かなりのクセモノが揃っています。

そしてもちろん盟友マイケル・フランティも参加。彼の参加したHey Brothaでは2人の早口言葉のような巻き舌のヴォーカルの掛け合いが聴けて面白いです。続くタイトル曲Supermoonでは一変してリラックスしたアコースティックなポップ・チューン。そして後半に進むにつれ徐々にスピリチュアルな方向へ。その途中に挟み込まれた明朗なアフリカン・ポップスGatiも良いアクセントになっています。アフリカン・ポップスと実験的精神が混然一体となっていく様はなかなか痛快。もはや大物の風格さえ漂う堂々たる作風です。
f0045842_003863.jpg
もちろん全曲マリーによる作曲。この新作を聴けば必ずこのマリー・ドルヌの底知れぬ才能に惚れることは間違いないでしょう。素晴らしいファッション・センスも注目です。是非この新作チェックしてみて下さい。

 
[PR]
by Blacksmoker | 2007-09-17 00:28 | アフリカ
<< サウンドトラック[The Ho... 「REGGAE X-PLOSI... >>